渡辺美優紀、初となる第3回選抜総選挙の順位は?

渡辺美優紀はNMB48のツートップと言われるほどの人気を誇っているメンバーです。

そんな彼女は最初からその人気を誇っているワケではありませんでした。
渡辺美優紀の初となる第3回選抜総選挙では現在からは考えられない結果を残していたのです。
渡辺美優紀の第3回選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか。
幼少期からデビュー当時のエピソードも交えて検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

渡辺美優紀、初となる第3回選抜総選挙の順位は?

渡辺美優紀は現在NMBのエースとして高い人気を誇っていますが、その人気は幼少期からだったようで、幼少期に男の子に囲まれてどっかに連れて行かれそうになったほど可愛らしい女の子だったそうです。
あの天然の透明感のある可愛さは小さいころから変わっていないようです。
また、小学校の頃はモーニング娘に憧れていて、そのころから「アイドルになりたい」という思いを募らせていたそうです。
そして、母親に「ダンススクールに通いたい」と言うと、あっさり反対されてしまったそうです。
しかし、小学校の高学年になるとやっとわがままを聞いてもらえて、ダンススクールに通うようになったそうです。
それから高校2年生になるまでダンスに没頭していたそうです。
そんなアイドルに夢見る少女だった渡辺がNMBのオーディションと出会ったきっかけは、担任の先生やクラスの友達に教えてもらったことからだったそうです。
これまでモーニング娘に憧れたことをきっかけに始めたダンスをNMB48で生かしたいと思ったのがオーディションを受けようと思った理由なのだそうです。
NMBのオーディションの風景はテレビ番組「スター姫さがし太郎」で密着取材されていて、カメラの台数も多かったそうです。
NMBが発足した当初はもうすでにAKBがブレイクしていて、その姉妹グループの第1期生誕生として、メディアは注目したのです。
しかし、まだまだ素人だった渡辺はカメラに慣れていなくて、取材を避けるようにしていたそうです。
審査発表は審査がされたその日に発表だったのですが、見事渡辺はオーディションに合格することが出来ました。
それから2010年10月にAKBのライブでNMB48の一期生26人がファンの前にお披露目となり、そこからアイドル渡辺美優紀の活動が本格スタートしました。
渡辺のアイドルとしての才能は最初から見込まれていて、劇場公演デビューする際のメンバーを発表する時、山本に次いで2番目に渡辺は名前を呼ばれました。
また、チームNを結成するための16名が選抜されたのですが、その時は渡辺が一番最初に名前を呼ばれました。
スタッフは渡辺の才能をこのように評価しています。
「ダンス・表現力・歌、すべてにおいてメンバーの中では秀でている」
それから渡辺は山本彩と共にAKBの「Everydayカチューシャ」で選抜メンバーに入り、そこでNMBのツートップとして名をあげました。
そして、渡辺はバラエティ番組や握手会、雑誌の水着グラビアなどに挑戦し、その活躍は目覚ましいものがありました。
しばらくすると、自身初の総選挙となる第3回選抜総選挙が開催されました。
そこでの渡辺の目標は「NMBで一番になりたい!」と意気込んでいました。
山本彩とツートップと言われたものの、やはり山本には負けたくないという気持ちが生まれたのではないでしょうか。
そして、速報結果が出ると、山本彩と共にランクインします。
「速報では34位という順位でしたけど、最終結果では40位以内に入っているかどうか分からないですね…。当日名前が呼ばれるかどうか楽しみというよりは、不安のほうが大きいかな。それでも、一人でも投票してくださった方がいるとうことはすごくありがたく思っていますし、次の総選挙に繋がるような結果になればいいなって考えています。」
総選挙の速報結果とは、本当に順位の目安に過ぎず、そこから順位が大きく変わることが多いのです。
大きく順位を上げるもの、そして大きく順位を下げるものも多くいます。
そして最終結果、渡辺は後者の方になってしまいました。
最終発表で渡辺は名前を呼ばれることなく、初の総選挙の幕を降ろすこととなります。
この結果を受けて、渡辺は舞台裏のインタビューで泣きながらこのようにコメントしています。
「ちょっとだけ、名前を呼んでもらえるかなって思ってたんですけど、でも無理やって。投票して下さったファンの方に本当に申し訳なくて…」
渡辺の初の総選挙は苦い思い出となりました。
渡辺は速報でランクインしていたため、期待していたものの、圏外という結果にショックを隠し切れなかったようです。
しかし、渡辺は次の総選挙で必ずステージに立つことを応援してくれたファンに約束しました。
渡辺の現在のポテンシャルの高さはこの苦い経験があったからこそではないでしょうか。
次のステップに進むための大事な第3回選抜総選挙となったようです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。