渡辺美優紀は「釣り師対応」で握手会人気者に?

AKBにとってファンとの重要な交流の場である握手会は、AKBアイドルにとっても勝負の場です。

というのも、たくさんのアイドルたちが一つの会場で握手会を行うため、もしかすると、自分を目当てに来てくれたファンを他のアイドルに取られてしまうかもしれない危険性があるからです。
自分を推してくれていたファンが違うアイドルのファンに変わることを“推し変”と言います。
この推し変をファンにさせて、自分のファンにしてしまうアイドルがいました。
それが、渡辺美優紀です。
渡辺美優紀は握手をしたファンを必ずトリコにしてしまうと言われていて、そのファンを釣る様子から「釣り師」と言われています。
渡辺はどんな対応でファンをトリコにしているのでしょうか。
また、渡辺は握手会で嫌な思いをしている経験を持っています。
いったいなにがあったのでしょうか、渡辺美優紀の握手会について検証してみたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

渡辺美優紀は「釣り師対応」で握手会人気者に?

まず渡辺美優紀のファンを一瞬でトリコにしてしまう「釣り師対応」について検証してみましょう。
渡辺がどんな対応を見せているのか、ご紹介しましょう。
まず、ナギイチの写メ会での対応です。
ファンが「おはよー寝坊するから寝ないできた!」と言うと、渡辺は「寝てないん?じゃねー膝枕してあげる!」といきなり攻撃をしかけます。
すると、ファンが戸惑って「え…膝枕?」と聞くと、「うっそー」と可愛らしくはぐらかします。
そして二人が写真を無事撮った後、渡辺は「ねー見せて~見せて~」とおねだりします。
するとファンが「やだ!なんか恥ずかしい!」と言うと、ほっぺを膨れさせて「むー」とごねます。
そしてファンは思わず「また次くるよ!」と言うと、渡辺は「もう!待ってる!」と言ってファンは去りました。
この会話だけを見るとなんだか恋人同士のように聞こえます。
ファンをどきっとさせるイタズラっ子なところがファンの心を掴んで離さないのではないでしょうか。
また、北川謙二個別握手会の時には、ファンが「みるきーめっちゃ可愛い!めっちゃ好き!」と言うと、渡辺は「ありがと~」と答えます。
そして、ファンが「私、なるって言うんですけど、名前呼んでもらえますか?」と聞くと、渡辺は顔をぐっと近づけて「なーるるん!好き!」と言います。
あまりの可愛さにファンは言葉を失ってしまったそうです。
このファンは女性だったのですが、そんな女性も釣られてしまうほどの破壊力を持つ可愛さだったようです。
渡辺は男女問わず人気があり、その可愛さと可愛いアドリブで、たくさんのファンを魅了していることがこの対応から分かりました。
あとは、関西弁ですね。
あの甘い鼻にかかった声で関西弁をしゃべられると、誰でもぐっと来てしまうのではないでしょうか。
そんな渡辺はファンの間で“釣り師”と言われているのですが、そのことについて本人はこのように本音を述べています。
「私、釣り師って呼ばれるじゃないですか。ま、たしかに、そういう仕草とか素振りとかをね、してしまうところがあるんですよね。認めたくないですけど。でもそれね、私ね、生きるためにしてきたんです。
ちっちゃいときからきっと釣り師だったわけですよ、たぶんね。それって環境とかそういうのが、そうさせたんですよ。」
その釣り師にさせた環境について詳しく話しています。
「せつない話になるんですけどね、一人っ子なんですけど、幼いながらに生きるために周りの大人の顔色を伺って、機嫌を取ってきたんです。
ニコニコ笑顔でいたら、大人の人は可愛いって言ってくれるし、そうしとけば生きて行けるみたいなのが体内にしみこんでて、それが抜けなくって、クセになってるような感じなんです」
渡辺は辛い時もクセで笑顔を作ってしまうらしく、本人は、本当はみんなみたいに感情のまま表情に出したいところ、辛い思いをしているそうです。
渡辺がファンを魅了する「釣り師」になったのには深い事情があったようです。
つまり、幼少期から彼女は釣り師だったということは、幼少期からアイドルとしての基盤を作ってきた、天然な天才肌と言えるのではないでしょうか。
そのため、みんながあまりの自然の笑顔と対応に魅了されるのでしょう。
そんな握手会で注目を浴びている彼女がある時の握手会でファンにひどい発言をされたらしく、ブログでこのようにコメントしています。
「そういえば今日握手会で嫌なこと言われた…。一生忘れないだろう。とかいって忘れてしまうわたし」
このように投稿し、詳しい暴言の内容については触れていませんが、これは渡辺の気を引こうとした歪んだ愛を持ったファンが引き起こした事件だったようです。
握手会でのファンのマナーが問われるなか、「またか…」と思わせてしまうこの握手会での事件は問題であります。
しかし、こういった苦い経験を経てアイドルも成長していることもまた、事実です。
渡辺には今後もこういったファンに負けず、握手会を頑張ってほしいものです。
渡辺が「釣り師対応」で握手会の人気者になっていたのは事実だったようです。
他のアイドルにとっては、渡辺は驚異の存在となりそうです。
今後、渡辺の人気がどこまで上がっていくのか、楽しみです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。