高橋みなみがドラマデビュー?高橋みなみのドラマ出演でAKBは崩壊寸前に?

高橋は、アイドルとしての活動だけではなく、今ではその明るいキャラクターやポテンシャルの高さから、バラエティ番組での活躍も目立っています。
しかし、そんな高橋ですが、なんとドラマに出演し、女優としても活動していたことがありました。
高橋はどんな演技力を見せていたのでしょうか?
また、、その裏でのAKBセカンドストーリーがあったようです。
それは、AKBが崩壊寸前にまでなったという話なのですが、いったいどういうことなのでしょうか?
崩壊寸前までいき、どのようにそれを高橋は立て直したのでしょう。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

高橋みなみがドラマデビュー?

AKB48でもともと女優志望で活動しているメンバーは多いです。
前田敦子、大島優子、北原里英などは、将来女優になるという夢を抱えてAKBで活動してきたことはファンの間で有名な話です。
実際にすでに卒業を果たした前田敦子はAKB48卒業後、女優へと転身しています。
大島優子はAKBに在籍している間にフジテレビの月9ドラマに出演するなど、多くのドラマに出演し、女優の夢をすでに叶えています。
大島は子役時代から芸能界にいて、演技をしていただけあり、その演技力には注目を集めており、AKB48卒業後も女優として活躍するであろうと予想されます。
北原里英もAKBでありながらドラマ出演を果たし、女優の夢への第一歩を踏み出しています。
そして、高橋みなみですが、高橋の夢は歌手になることで、女優という仕事にはあまり関心がなかったようです。
しかし、AKBの人気メンバーである高橋は世間からの需要があり、女優の話が舞い込みます。
そして、高橋は女優デビューします。
高橋が出演したドラマは「斎藤さん」という大人気ドラマでした。
このドラマは観月ありさが主演を務めたことでも話題になりました。
このドラマのストーリーは、東京郊外の住宅地にある幼稚園に、周りの顔色をうかがっては合わせてしまう日和見主義な主婦が転入してきます。
前の幼稚園では息子の乱暴ぶりが災いし、母親たちに孤立させられたその主婦は、新しい環境では、平和な暮らしが出来るように努力をします。
そんな時に、まっすぐで正義感が強いがゆえに、母親たちから孤立していた斎藤さんこと、観月ありさと出会います。
最初は、はっきりとしていて、強すぎる正義感を持った斎藤さんに戸惑っていた主婦も、次第に斎藤さんに影響され、自分の事なかれ主義を恥じるようになります。
そうして、主婦の成長を描いたマンガをドラマ化したものでした。
高橋の役どころは阿久津高校の「新見けい」という役で、学生役を演じています。
等身大の役にそこまで抵抗はなかったようですが、脇役だったのですが、ハーフアップにしたまさに高橋みなみ!といった存在感に圧倒された視聴者も多かったことでしょう。
このドラマは大ブレイクを果たし、その人気から、シリーズ化が決定し、「斎藤さん2」も放送されました。
高橋みなみは、そんな「斎藤さん」の人気に一躍かったようです。
高橋みなみの華々しいドラマ、女優デビューとなりました。

高橋みなみのドラマ出演でAKBは崩壊寸前に?

高橋の華々しい女優デビューの裏ではセカンドストーリーがありました。
それは、高橋のドラマ出演によって、AKB48が崩壊寸前になってしまったそうです。
高橋は当時、AKBのチームAのキャプテンも務めていました。
高橋は当然、ドラマの収録があっても、チームAのメンバーとしてAKB劇場のステージに立ってアイドルとしての活動もしていました。
そんなある日、ドラマの収録が終わって、高橋は遅れてチームAの公演に出演しました。
楽屋に入ったその時、高橋は、「なんだこれは?なんでこんなことになってるの?」と驚いたそうです。
というのも、いつも、公演前にはみんなでストレッチをするのが習慣だったそうですが、いつの間にかそのストレッチの時間になっても出てこないメンバーがいるようになってしまっていたそうです。
やっと出てきたと思っても、真面目にストレッチもせず、端っこでずっとおしゃべりをする始末。
その姿を見て真面目にやっている他のメンバーは複雑な思いでそのメンバーのことを見ていたと言います。
しかし、真面目にやっているメンバーは後輩で、おしゃべりをしているメンバーは先輩であるため、注意を出来ず、もやもやした雰囲気がチームを包んでいたそうです。
いつもはしっかりやっていたリハーサルもグダグダで、素晴らしかったチームAの姿はどこにもなく、高橋は相当なショックを受けたそうです。
それまでは、キャプテンとして何も気に掛けることなく、、キャプテンを任されていたから何気なくやっていたことも、その状況を見て、本格的にチームをしっかりまとめようと意気込みが入ったそうです。
それから、高橋はチームAのキャプテンとして、みんなをまとめようと色々試行錯誤して努力をしますが、最初はなかなかうまくいかなかったそうです。
反発するもの、いきなりリーダーっぽい振る舞いをする高橋をよく思わないもの、難題は降りかかります。
女子が集まると、特徴として、大きなグループの中でも仲良しグループが出来てしまい、それが、公演の際にもお客さんに分かるようになり、プロのアイドルとして、支障をきたすまでになってしまっていました。
これはまずいと思った高橋は、小さい塊になってしまった数々のグループを解体していこうと考えます。
それが成功したのか、チームAはまた前のような素晴らしいチームに徐々に戻っていったそうです。
高橋がドラマの収録などで抜けるとチームはまとまらなくなっていまったところから見ると、そのころから、やはりAKBには高橋が必要だったんだと思わせるエピソードでした。
高橋が、女優デビューを果たした裏側で、さまざまなAKBとしての苦労もあったようです。
しかし、それを乗り越えた今の彼女はたくましく、強く、そしてAKBに欠かせない存在へとなっています。
今のAKBは高橋らの背中を見て育ってきた次世代メンバーがほとんどの状態で構成されています。
今のAKBなら、高橋が卒業してもやっていける力を身につけていることでしょう。
これからどんどん進化していくAKBの今後に注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。