北原里英は第4回選抜総選挙で人気を不動のものに?第5回選抜総選挙でランクダウン?

北原里英は第2回選抜総選挙で13位から16位にランクダウンし、少し自信を失いかけていました。
自分の存在価値がないのではないか、AKBの中で存在感が薄いのではないか、と悩んでいました。
しかし、そんな中でも北原はファンやメンバーから励まされながら頑張ってきた結果、第3回選抜総選挙では3ランク上げて13位でランクインをして、自信を取り戻しました。
改めて、ファンの愛を感じ、自分がアイドルとして活動出来ていることに感謝したようです。
そうして北原は第4回選抜総選挙を迎えることとなりますが、そこで、北原人気を不動のものにします。
北原の順位はどうだったのでしょうか。
そして、第5回選抜総選挙で、北原は大きくランクダウンしてしまうこととなります。
何があったのでしょうか、検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

北原里英は第4回選抜総選挙で人気を不動のものに?

北原里英は第3回総選挙で目標の13位を獲得できたことに対して、このようにコメントしています。
「私にとって最初の総選挙でもらった13位っていう数字は大きかったので。あの時は自分の順位なんか考えた事なかったので、すごく嬉しかったです。今回は前回よりもすごい数の方に投票していただき、とても感謝しています。総選挙が終わってから、ガチで幸せな日々が続いています(笑)」
そして、AKBの名前は有名になったものの、「北原里英」という名前をもっともっと世間に認知してもらいたいとして、ソロ活動や派生ユニットであるNotyetの活動を充実させたい旨を明かしました。
それから、北原は日本テレビで放送されたドラマ「ろくでなしBLUES」にヒロインの親友、今井和美役で出演しました。
北原は女優志望だったため、この仕事にはいつも以上に気合いが入っていたようです。
「演技のお仕事に憧れていて、演技の勉強もしたかったので、不安もありますが、一つ一つ学んでいきます。ヤンキーマンガを読むのは、初めてでしたが、男の子が憧れる気持ちがすごく分かりました。プレッシャーもありますが、全力でぶつかっていこうと思います。楽しみにしていてください」
北原は「女優」という夢にまた一歩近づいたようです。
それからNotyetの冠番組である『ヨンパラ』が放送開始されました。
北原が以前言っていた、ソロ活動と、Notyetとしての活動を増やしたいという意向がひとつひとつ叶えられていました。
そんな中行われた第4回選抜総選挙で北原は去年と同じ第13位という素晴らしい順位を手にすることになりました。
この順位を受けて、北原はこのようにスピーチしています。
「あまり自分に自信のない私ですが、こんなにたくさんの方に沢山の愛に支えてもらっているという事実は…自身に繋がります。こんな私のことを応援してくださり、ほんとうにありがとうございます。
一応12位を目標順位に設定してましたが、今回は!今回も!本当に感謝の気持ちでいっぱいですので!謝らないでくださいね!しかし高い壁ですなー12位って!今年こそは胸を張ってこの結果を越えられるように、この1年は絶対ステップアップしたいと思います!もどかしい1年にはしたくないです。そして毎年言いますが私の1番の願い。ファンのみなさんに北原推しでよかった!と思っていただけるような今後にしていきたいです!
毎年改めて気が引き締まる。実は総選挙、嫌いじゃないかもしれません。」
北原は第4回選抜総選挙でも13位を獲得し、AKB内で不動の人気を証明することとなりました。
北原里英の次回の総選挙も期待される結果となったようです。

第5回選抜総選挙でランクダウン?

第4回選抜総選挙が終わってから間もなく、同じユニットNotyetのメンバーである指原莉乃が男性スキャンダルでHKTへ移籍することが発表されました。
これを受けて、北原はこのようにコメントしています。
「りのちゃんと話しました。本当はよくわかってない部分がいっぱいあります。そして、しーちゃんも言ってたけどもっと頼ったり相談してほしかった。でも今後もこれまでと変わらない関係でいたいって思いました。間違っていたのなら直せばいい。どこにいても地方組は地方組。そしてどこにいても私たちは頑張るしかないのです。」
北原は同じユニットメンバーが地方へ移籍してしまうことにショックを隠せない様子でしたが、しかし、何か力になってあげたいという気持ちは常に持っていたようです。
そんな中、北原自信は映画「グラッフリーター刀牙」で初ヒロイン役を務め、仕事は順風満帆でした。
北原はかねてから女優志望で芸能界入りを目指していたため、この映画でのヒロイン役を務めることはとても大きな一歩でした。
「映画のヒロイン役ということで、すごく緊張しますが、めちゃくちゃうれしいです。すてきな撮影に参加できそうな予感でわくわくしています。」と目を輝かせてコメントしていました。
そんな中、北原にとって大きな転機となる仕事が舞い込みます。
それが、フジテレビの人気番組である「テラスハウス」出演オファーでした。
この番組は男女6人が一つの家に住む恋愛バラエティーであり、「あいのり」のシェアハウス版みたいなものでした。
つまり、恋愛禁止のAKBアイドル北原里英がこの番組に参加するということで、番組の話題作りに一役貢献するといった意味合いがあったのではないでしょうか。
北原はオファーを受けるか迷った結果、出演を決めました。
「初めて出会った男女が一つ屋根の下で共同生活を送るというのは、もちろん恋愛が生まれるかもしれないし…。正直、この仕事を受けることによってファンの方に複雑な思いをさせるのじゃないか」
北原はファンの反応を気にしている部分がありました。
握手会などでも女性ファンからは「シェアハウス見てます!頑張ってください」と応援の声が聞こえてきていましたが、男性ファンの反応が気になるところでした。
それもそのはず、AKBのファンの大半は男性ファンのため、男性ファンから受け入れられないと、AKBのアイドルとしての人気を大きく揺るがすことになるからです。
北原の心配は的中してしまったのでしょうか、第5回選抜総選挙で北原里英は第21位となり、去年から8ランク大幅にダウンしてしまいました。
「実は毎年、あまり印象に残るスピーチを残してないので、今年こそボケようかと思っていたんですけど、結局なにも考えられず(笑)。私はこの1年でいっぱい仲間が増えて、これからも仲間たちと笑顔で頑張っていきたいと思います!」
この仲間とはテラスハウスのメンバーのことだったのでしょうか。
北原はこの結果を真摯に受け止め、ファンを責めることもなく、前向きにとらえたようです。
北原の「テラスハウス」への出演を決めた決断は間違いだったのでしょうか。
しかし、次の年の第6回選抜総選挙では第19位となり、2ランク上がっての当選をしています。
やはり北原人気は劣っていませんでした。
第7回選抜総選挙ではどんな順位を手にするのか、楽しみです。
北原里英は総選挙での順位だけ見ると、紆余曲折あったものの、着実にアイドルとして、タレントとして、女優としての実力をつけて成長しているようです。
そんな北原の今後のアイドルとしてだけでなく、芸能人としての人気も注目していきたいところです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。