北原里英、第3回選抜総選挙で自信取り戻す?

北原里英は第1回選抜総選挙で13位、そして第2回目では16位となり、3ランク順位は下がってしまいました。
しかし、獲得票数を見ると、第1回目から第2回目にかけて何倍にも伸びていて、北原はその票数の数にうれしさを感じていました。
それと共にAKB48というアイドルグループの世間からの認知度が上がったのだなと感じることが出来ました。
そのため、なおさら北原は上の順位を目指したいところでした。
北原は第3回選抜総選挙で順位を伸ばすことが出来るのでしょうか。
北原は第3回総選挙で自信を取り戻すこととなります。
いったい北原の順位はどうだったのでしょうか。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

北原里英、第3回選抜総選挙で自信取り戻す?

北原には悩みがありました。
それは、AKBにとって、自分の存在価値とはなんなのか、という事でした。
チームBに移動してから北原は優等生と言われ、何でもそこそこ出来るけれども、逆に言えば、他の誰よりも優れている点や強烈な個性といったものはなかったのです。
新チームBでは個性の強いメンバーが多いため、北原はこのように思っていました。
「ホントは居ても居なくてもどっちでもいい存在」
チームBの中での存在感の薄さに悩んでいました。
しかし、そんな時、佐藤亜美菜と近藤莉菜は、「居なきゃいけない存在、まだまだこれから!」と北原を励ましたそうです。
北原は見た目からはあまり想像できないのですが、ネガティブなところがあり、ブログなどでもネガティブ発言をすることが多く、ファンからも心配されることが多いようです。
北原自身、AKBに入って、早い昇格と8作連続の選抜入りで誰が見ても順風満帆の出世街道を上っているように見えましたが、北原本人は悩んでいました。
「悩んでいます。というかどうしたらいいのかなって。選抜に入れて頂けているのは本当にうれしいんです。でも色々と壁を感じることもあって…。私の目標は毎回選抜に入るわけじゃないけど、たまに入ると、その中で存在感があると思われること。大切なのは選抜入り出来るかできないかではなくて、存在感を出せるかどうか。」
北原は選抜に入れているからこそ、自分の存在感のなさに悩んでいたようです。
しかし、自分に存在感がないと思うのは、もしかしたら本人だけなのかもしれません。
北原はいまだに自信を持てていなかったようです。
そんな中、北原はかねてからの夢であった声優の仕事を受けます。
「学校のコワイうわさ・新・花子さんがきた!!」というアニメで声優に初挑戦し、活躍を見せました。
そして、北原はバラエティ番組でも活躍を見せるようになっていて、「踊る!さんま御殿」に出演した際には、AKBの格差社会について語りました。
「格差社会なんで、番組出ても後列。紹介は“次世代エース”とか言われてますけど、“端くれ”ですからね」
このように発言し、またネガティブ北原が出ていました。
そして共演していたピースの綾部はこの発言に「AKBのアイドルがこんなネガティブだと思わなかったですよ。もっと明るいのかと。」と言うと、司会のさんまが「俺も。今ノリにのっているAKBのメンバーやからなぁ…」と同調しました。
しかし、この人気絶頂のAKBアイドルがネガティブ発言をすることは番組的に受けて、北原は「AKBの端くれ」発言で踊るヒット賞!に選ばれました。
今や、北原のネガティブキャラは一つの個性となっていました。
そして、2011年に入り、新ユニット「Notyet」が誕生したことが発表されました。
この発表を受けて、北原はこのようにコメントしています。
「最初は自分がユニット活動をするとは思っていなかったので、不安やとまどいでいっぱいでしたが、今はみんなを元気にできるようなユニットを目指して4人で仲良くやっていければいいなと思っています。」
北原は前向きにユニット活動をしていくことを決意しました。
そんな中、第3回選抜総選挙が開催されました。
北原里英の最終結果は第13位となり、前回より3ランク上がってのランクインとなりました。
この結果を受けて、北原はこのようにコメントしています。
「今でも信じられないくらいうれしいです!順位ももちろん嬉しいのですが…何よりも嬉しいのは去年の倍以上の獲得票数。こんなにも沢山の方が私を応援してくださっている。私を支えてくださってる。優子ちゃんがステージの上で『票数は愛』と言っていました。こんなにも沢山の愛をいただけて、私はすごく幸せです。私は今回初めて総選挙って幸せなイベントだなって気づきました。これからも応援よろしくお願いします。」
北原は第3回選抜総選挙で失いかけた自信を取り戻したようです。
また、総選挙というイベントへのとらえ方が変わり、“感謝”という気持ちが生まれたようです。
北原にとってこれからのアイドル人生にとって大事な第3回選抜総選挙となったようです。
ネガティブキャラだった北原里英は第3回選抜総選挙で自信を取り戻すことが出来たようです。
北原は毎回、順位もそうですが、獲得票数を気にして見ています。
第3回選抜総選挙では大きく票数も伸ばすこととなりましたが、北原は今後も票数を伸ばし続けることが出来るのでしょうか、注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。