須田亜香里の第4回選抜総選挙の結果は?

須田亜香里は第3回選抜総選挙で初のランクインとなり、大きな飛躍を遂げました。
須田亜香里の日々のコツコツとした努力が報われる結果となったようです。
そして、その第3回選抜総選挙でのランクインがまぐれではないことを、第4回選抜総選挙で証明してくれました。
須田亜香里の第4回選抜総選挙の結果はどうだったのでしょうか。
須田亜香里はさらなる飛躍を遂げることとなりました。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

須田亜香里の第4回選抜総選挙の結果は?

須田亜香里は第3回選抜総選挙で初のランクインをして、それから総選挙に対する意識が変わったようです。
総選挙後のインタビューで須田亜香里はこのようにコメントしています。
「去年の総選挙の時はSKEに入って半年も経っていないくらいだったので、どこかで、『私には関係ないかな?』って思ってしまっていた部分があったんですけど、そういう心持ちで会場に座っていたら段々恥ずかしくなってしまったんです。
半年しかSKEにいなかったとしても、もっと胸を張って『私はこれをやってきました!』って言えることあったんじゃないかって。だから自分が胸を張って頑張れることをやろうっていう決意を胸に一年間やってきて、もちろん正しいのか分からなかったですし、不安はあったんですけど、アンダー入りによってファンのみなさんが『あかりはそれで大丈夫だよ』ってことを証明してくださった気がします。」
それまで須田にとって、他人事だった総選挙が、第4回目の総選挙では、しっかりと自分も参加しているんだという意識を持てたようです。
そんな須田の成長は運営側も認めていたようです。
総選挙が終わったすぐ後にリリースされたSKEの新曲であった『パレオはエメラルド』でも選抜入りを果たします。
それから、須田は初のレギュラー番組を決めたり、『ダスノート』の存在で一気に有名になります。
『ダスノート』とは自分宛てに届いたファンレターの内容を記したノートで、いつも持ち歩いているというものでした。
一通も欠かさず読み、それをまめにノートに書き記すという行動は誰にでも出来ることではない、ファンを最も大切にしているとして、須田は『ファンを最も裏切らないアイドル』として有名になりました。
そんな須田を湯浅洋はこのように評価しています。
「ポジティブだし、他人になにを言われようが、自分の道を進もうとする姿勢は尊敬します。アイドルとしての自分を確立しているし、思っていることをちゃんと実行している。握手会でのファンへの対応も本当にすばらしい」
そんな須田は第4回選抜総選挙に向けて、「選抜入りを目指す」という目標を掲げていました。
「1%でも可能性があるなら、目指す価値はある」として、須田は本気で選抜総選挙に臨むことを公言していました。
そして、第4回選抜総選挙の須田亜香里の最終結果は第29位にランクインし、去年よりも7ランクも挙げての当選となりました。
この結果を受けて、須田はこのようにコメントしています。
「29位をいただきました!アンダーガールズです!今日胸を張ってみなさんの前に立つことが出来たのは、あかりを支えてくださるおひとりおひとりの方からこの数日間でいただいた言葉や笑顔に自信があったからです。
でもこれでハッピーエンドじゃなくて、あかりの中ではまた始まっています!みなさんには本当のことを言いたいから言わせていただきます!本当は今回の結果で悔しかった気持ちもあります。でもまたみなさんの喜ぶ顔がみたい!笑顔にさせてくださいな!
これからも自分に出来ることを一日に一ミリでも身に付けていきたいし、自分に必要なものをしっかりと理解していきたい。あなたに勇気を届けられる須田亜香里に。」
須田亜香里は選抜入りを目指していたため、去年から7ランク上がっての当選とはなりましたが、変わらずアンダーガールズどまりの結果に悔しい思いを抱えていたようです。
須田が選抜入りを目指す理由は、SKEとして選抜入りをするのではなく、AKBとして選抜入りしたいという思いがあったからだと言います。
やはり、SKEは地方グループでいわばセカンドグループのようなものです。
しかしAKBは東京のグループでAKBグループにとっては花形のグループなのです。
そこで選抜に入れるということは、全国的に自分の存在が認めてもらえたということを形に出来る瞬間のようです。
そのため、須田はトップアイドルを目指していたため、AKB48の選抜入りをきちんとファンから支持されて入りたかったという思いがあったようです。
しかし、須田亜香里の快進撃は、ここからでした。
須田亜香里は選抜入りをすることをあきらめてはいませんでした。
今後の躍進が期待できる第4回選抜総選挙となったようです。
須田亜香里は第4回選抜総選挙で、ランクインが奇跡ではなかったことを証明しました。
それどころか、7ランクもランクを上げての当選となり、次回の総選挙が楽しみになる総選挙にしたのです。
須田亜香里に期待するファンは多かったようで、須田は次回の総選挙でその期待に応えることとなるのです。
どこまで須田の快進撃が続くのか、今後の須田にも注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。