須田亜香里は大島優子のイチオシ後輩?

須田亜香里はSKEで人気を急上昇させている注目のメンバーです。
須田は得意のバレエと底抜けの明るいキャラクターで人気を集めています。
「ダンスが得意」「明るいキャラクター」という共通点からAKBのトップを走り続けてきた大島優子を思い出す方も多いのではないでしょうか。
そんな須田亜香里と大島優子がある番組で対談をしました。
卒業を控えた大島優子と次世代を担う須田亜香里は何を語り合ったのでしょうか。
そこから、須田亜香里の人間性や、今後の目標などが見えてきました。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

須田亜香里は大島優子のイチオシ後輩?

須田亜香里は大島優子との絡みが何かとあるようで、大島優子とのこんなエピソードをブログにアップしています。
「あかりがこんなに大きなコンサートで何回も一曲目から歌わせていただけるなんてファンの方がいてくれたから。
一人じゃできなかったことだからこんな風に一曲目から歌うなんてもう二度とないかもしれない。
って東京ドームの本番前にピーピー泣いてたんです。
そしたら大島優子さんがね、『また選抜に入ればいいんだよ。そうだな、来年は、神セブン!』って。」
大島優子という大先輩という大きな存在からの前向きな言葉に、須田亜香里は救われたそうです。
須田亜香里は総選挙で選抜に入れるようになってから、センターを務めていた大島優子との交友も深めていったそうです。
そして、須田の元に、大きな仕事が舞い込んできました。
それは、ある局の企画で『大島優子のお説教部屋』というものに、須田がゲストで呼ばれたのです。
この企画は、高橋みなみがいつもやっているものなのですが、今回は、大島がAKBを卒業するということで、大島が代わりを務めることとなり、そして呼び出しメンバーに須田亜香里を推薦したのでした。
須田が「え、なんで私、今日いるんですか?」と、なぜ自分が呼ばれたのかということを切り出します。
すると、大島がこのように言いました。
「いや、もうね、さんざん8年間AKBをやってきて、もう対談相手も数少なくなってきてるわけですよ。たかみなだったりさ、麻友ちゃんだったりさ、なんかこう、センター候補とかさ、次世代のとかって言われてるメンバーとも色々対談してきたから」
「でもね、ここで急に、バーンと選抜入って、そして頑張り屋さんの『だーすーがいるじゃないか!』って思ってね。」
すると、須田は「…はい、ありがとうございます。」と照れながら返事しました。
大島が卒業を発表してから、いよいよAKBは次世代メンバーへ移行していく動きを見せてきました。
『次世代エースは誰だ?』というテーマは不動のエースであった前田敦子が卒業してから言われてきました。
しかし、そこには、AKBのツートップのひとりとしてがんばってきた絶対的人気を誇る大島優子がいたため、なんとなく次世代エースを決めるのは様子を見るような傾向が見えていました。
ですが、いよいよ大島が卒業するということで、運営側は大島の今までAKBを引っ張ってきたエネルギーをなんとかAKBの後輩に伝えてほしいと対談の場を設けてきたようです。
そして、次世代候補と言われるメンバーとは沢山対談してきたようですが、AKBを支えるのは何も、センターを務める一人だけではありません。
AKBを支える中心メンバーは沢山いるのです。
その中でも地道な努力でファンを獲得してきて、その努力の成果が見え始めてきた須田亜香里に大島は目を付けたようです。
そして、今回、大島のたっての希望で須田亜香里との対談が実現したという経緯だったようです。
話は、『神対応』『握手会の女王』と言われる須田亜香里の握手会での対応の話になりました。
大島は「握手会でも頑張ってるっていうのを結構前から聞いてたの!」と話を切り出します。
須田が「あ、そうなんですか?」と驚いたような反応を見せ、大島が「そう、端から端まで握手してるでしょ?」と質問すると、須田が「そうですね、机があったら」と答えます。
大島は「お迎えとお見送りをちゃんとしてるわけでしょ?」と聞くと、須田が「でもあれ、最初はすっごい怒られたんですよ!」と真相を言うと、「いや、怒られると思う!うちらもなんかそれは、おきて破りだと思ってたから」と、怒った側に賛同しました。
須田は「はい、はりきって握手を端から端までやったら、まずファンの方に『一人だけ歩いてるぞ』みたいな、すごい珍しがられて」と言うと、大島は笑っていました。
「そしたら、スタッフさんに『辞めなさい』って言われたけど、『でもここまでやっちゃったし、どうしようかなぁ』って思って。」と語ると、大島が「そっか、最初にやっちゃったから、その時に来たファンの方に『なんでやめたの?』っていう風に思われちゃうし…って?」と質問すると、須田は「はい、いつの間にかそれが定着して、最近許されました(笑)」と許可をやっと得られたことを明かしました。
「みんなも動くようになったんでスタッフさんも、「もうしょうがないか」って」
須田が一番最初の先駆者になっていたことを明かしました。
握手会での対応がいいため、他のメンバーのファンをも自分のファンにしてしまう「釣り師」と須田は言われています。
「釣り師」と言われる理由がなんとなく見えてきました。
そして、大島は握手会でファンを大事にして着実に人気を集めてきた須田に、握手会での心得を聞きました。
すると、須田は「自分に自信を持つこと」と答えました。
「なんか、グループ握手の時ももちろんあるわけじゃないですか。個別だけじゃないくて、何人かのメンバーで握手する時もあったんですけど、その時は『きっと自分には会いに来てないんだろうな、誰々ちゃんのファンなんだろうな』みたいな。
でも、『一度、全員自分のために来てくれたって思ったら、ちょっと気持ちが変わるんじゃないかな』と思って。私からも興味を持ちたいと思うし、興味を持たれたいとも思えるし。」
自分の気持ちの持ち方からまず変えていったようです。
すると、この考え方に大島も「あぁ!すごい!私も一緒!」と答えました。
そして、須田は「須田でも出来たから私でもできる」って思える後輩が増えたら嬉しいとも語りました。
最近大ブレイクを果たした須田ですが、SKEには第3期生として加入していて、AKBグループの中では古株になっていました。
そのため、先輩として後輩を育てたいという想いもあったようです。
そして、そんな須田亜香里の目標は「センターを目指すこと!」と宣言しました。
AKBのセンターを務めてきた大島優子の目の前で今後のセンターになるという目標を宣言したからには、きっと叶えてくれるはずと期待したファンも多かったのではないでしょうか。
現在ではすでにAKBを卒業した大島優子との対談は須田にとって貴重な経験となったようです。
須田亜香里と大島優子は似たような感性をもったアイドルであることがこの対談で判明しました。
ということは、須田亜香里も大島優子のようにいつかセンターに立つ日も夢ではないかもしれません。
今後の須田亜香里にも注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。