川栄李奈は第5回、第6回選抜総選挙で大飛躍を遂げる?

川栄李奈は第3回、第4回選抜総選挙ともに、「圏外」という結果に終わりました。
本人はそこまで悔しいという気持ちはなかったようですが、周りの期待はとても感じていたようです。
研究生時代もだれよりも注目され、雑誌のインタビューでもメインに置かれるなど、次世代エースになるだろうとだれもが期待していました。
しかし、そんな期待をされつつも、選抜総選挙はやはり厳しいイベントのようで、2回連続で圏外となりなかなか一歩抜け出すことが出来ず、足踏み状態でした。
そんな川栄でしたが、第4回選抜総選挙が終わると、自分のキャラクターを活かし、メディアに出演する機会が増え、たくさんのチャンスを自分のものにすることができました。
それと同時に、総選挙での結果も飛躍することとなったのです。
川栄李奈の「圏外」から現在に至るまでのサクセスストーリーに迫ってみました。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

川栄李奈は第5回、第6回選抜総選挙で大飛躍を遂げる?

川栄李奈は第4回でまたしても2回目の「圏外」となり、総選挙ではなかなか実力を発揮することが出来ずにいました。
しかし、川栄は正規メンバーとなってから、活躍の場を広げることとなりました。
ジャニーズとAKBの共演で話題となった「私立バカレア高校」の劇場版に、川栄は出演しました。
確実に次世代エース候補としての運営側の推しがあり、期待のホープとしてスタートしました。
次に、当時人気急上昇中でAKBの中でも最も旬とされていた指原莉乃のソロシングルに「アンリレ」として川栄も参加することとなりました。
しかも、川栄はMVや音楽番組でも歌を披露する時に指原を置いて、センターで踊るという大役を務めました。
このことからも、川栄は期待されていたことが分かります。
当初、指原は自分のソロシングルにも関わらず、川栄がセンターを務めることとなることに、不満を漏らしていましたが、これもAKBらしい「ネタ」ということで最後は納得したようです。
明くる2013年の4月、川栄はその存在をお茶の間に広めることとなります。
そのきっかけとなったのは人気お笑い番組「めちゃイケ」の出演でした。
抜き打ち学力テストが放送され、他のAKBメンバーも出演していたのですが、そこでのヒロインは確実に川栄李奈でした。
川栄はダントツの最下位を獲得し、「センターバカ」となりましたが、それよりも、川栄のおもしろい珍回答に注目されました。
この放送をきっかけに川栄のファンになったというAKBファンも多かったようで、川栄にとってこのめちゃイケ出演は大きな転機となったようです。
それからAKBの中でも「おバカキャラ」として浸透していった川栄はソロでバラエティ番組などに出演することも多くなっていき、一躍人気メンバーの仲間入りを果たしました。
そんな活躍が目覚ましい中、川栄の第5回選抜総選挙が始まりました。
それに対する意気込みをこのように語っています。
「たくさんのメディアに出させてもらっているので、頑張ります。目標は16位以内です。選抜入り目指します!」
元気いっぱいに意気込みを述べていました。
そして、川栄の第5回選抜総選挙の結果は第25位となり、見事アンダーガールズ入りを果たしました。
目標の16位以内とはならなかったものの、去年の圏外からは大きな飛躍を遂げました。
川栄も「25位!本当にありがとうございます。これからも先輩たちに追いつくように頑張ります!」とコメントしました。
メディアで活躍することの大切さを身をもって川栄は感じたのではないでしょうか。
しかし、みんながチャンスを手にして、自分のものに出来るわけではありません。
川栄はそんな中、チャンスを確実にものにして、結果に繋げました。
川栄は次回となる第6回選抜総選挙も順位を伸ばすだろうと期待されました。
それから初のドラマ出演を決め、自身の夢である「女優」という仕事に携わることができました。
また、バラエティでの活躍も相変わらずで、2014年に入ると、「笑っていいとも」が番組終了したことをきっかけに後番組である「バイキング」が始まり、その水曜レギュラーメンバーに川栄はAKBから選ばれたのです。
AKBグループからは川栄とNMBの山本彩が抜擢され、新しいファン層を増やす大きなきっかけとなる起用となりました。
そんな中迎えた第6回選抜総選挙での川栄の順位は第16位となり、見事悲願の選抜メンバー入りを果たしました。
川栄はこの結果を受けて、このようにスピーチしました。
「速報が45位で、正直その日から毎日くよくよして毎晩泣いていて、この1年自分は何をやってきたんだろうと思っていました。私のピンチをみなさんがチャンスに変えてくれました。
ファンやメンバーがいる限り、負けません。本当に1年間楽しくて、やりたいこともやらせていただいたからこそ、総選挙が怖くて。でももう何も怖くないです。
今回選抜に入れたのは期待を込めて入れてくださった票だと思うので、来年は何事もなく選抜メンバーに入りたいと思います。」
川栄は速報のまさかの45位という順位に唖然としたようですが、ファンはしっかり川栄に期待の票を入れてくれたようです。

次回の総選挙も次世代メンバーが中心となり開催されることでしょう。
やはりそこで注目されるのが次世代エース候補の川栄李奈です。
川栄は次回も大きく順位を伸ばしてくるのでしょうか、注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。