峯岸みなみにとって握手会は元気の源?

AKBにとって恒例となっている握手会ですが、その場は峯岸みなみにとって元気の源となりました。
峯岸にとって握手会がさらに大切な場所になったきっかけは、恋愛スキャンダルでした。
それにとって坊主頭にしたことはとても有名な話です。
そして、ファンと唯一触れ合えて、コミュニケーションが取れる場が握手会でした。
握手会で峯岸みなみは沢山の愛をファンからもらってどんどん元気になっていったようです。
どのように峯岸みなみは精神的に復活していったのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

峯岸みなみにとって握手会は元気の源?

峯岸みなみはもともと明るいキャラクターでAKBの中では司会を務めるなど、AKBのまとめ役として活躍しています。
そんな彼女の明るい笑顔が奪われるスキャンダルが起きました。
それが、自ら坊主頭にして謝罪をした恋愛スキャンダルでした。
その時の様子はこんな感じだったと言います。
ファンが「初めまして。いつもブログ見てます。」と言うと、峯岸が「ありがとう!」と答えます。
そして、ファンが「シャンプー何使ってますか?」と短い髪の毛の峯岸に聞くと、「今はね、期間限定で早く伸びるやつだよ」と答えました。
そして、ファンが「総選挙頑張ってください」と言うと、「うん、ばいばい」と返事しました。
この時の峯岸の様子はとても元気がなかったようです。
恋愛スキャンダルからあまり時間が経っていなかったからか、きっと一部の心ないファンに、暴言を吐かれたりもしたのかもしれません。
実際に、握手会に訪れるファンのマナーの悪さが問題になっています。
あるファンは推しているファンのライバルのところにわざわざ言って、暴言を吐き、失脚をたくらむということをする人もいます。
また、ターゲットはアイドルだけではなく、現場にいるスタッフにも及ぶそうです。
あまりのひどい暴言に、それを聞いていた河西と高城が驚いて泣いたという事件もあったそうです。
それほどまでにファンのマナーが悪くなっている中、峯岸みなみはそんな心ないファンのターゲットとなってしまっていたのかもしれません。
しかし、峯岸みなみにとって、握手会は辛いだけの場所ではありませんでした。
峯岸のファンは、峯岸を元気づけようと励ましの言葉をかける人も沢山いたのです。
そして、2013年の年末、その年最後の個別握手会を終えた峯岸はネット上でその一年を振り返り、コメントをしました。
峯岸にとっていろんなことがあった一年であったが、峯岸は本来の明るさと笑顔を取り戻しつつありました。
ファンからは「応援したくて、握手会に行き始めた」という嬉しいコメントなどが寄せられていました。
峯岸は沢山のファンの愛を受けて、このようにコメントしました。
「今年の最初の個別握手会はみなさんの悲しい顔を見た。だから、今日の握手会を笑顔で締めくくれたことが本当にうれしかった」
峯岸にとって、これほどまでに心から笑える日が無事迎えられることが嬉しいことなのか、再確認できる握手会となったようです。
ファンからは「みいちゃん、今年は色々あったね。それがあったから、支えたい、応援したいと思った」と暖かい声が寄せられました。
AKBのアイドルにとって、握手会は原点だと言う人が多いです。
柏木由紀などは今では3本指に入るほど人気を博していますが、彼女の人気が出た原点も握手会です。
握手会は唯一ファンとアイドルが触れ合える場所、その触れ合えると言う意味は、手と手が触れて触れ合えるという意味だけではなく、コミュニケーションを直接取ることで心と心が触れ合えるという意味あいがとても大きいのです。
猛烈なファンは同じアイドルのレーンに何回も並び、握手をしに来るそうです。
それほどまでに、ファンとアイドルを強く繋げるイベントなのです。
だからこそ、アイドルが元気がないと、すぐにファンに伝わりますし、逆に元気になるとファンはすぐに気づきます。
そんな家族のような関係を握手会という場所でアイドルとファンは築いているのです。
そして、峯岸みなみも例外ではありませんでした。
スキャンダルがあって、落ち込むことがあっても、ファンという名の家族が握手会という場所に来て、励ましてくれて、元気をくれたのです。
峯岸にとって、握手会は元気の源だったようです。

峯岸みなみは、「握手会」という家族の待つ家のような場所で、落ち込んだ時期を乗り越えたようです。
だからこそ、世代交代と言われる現在、第1期生にも関わらず今もなお、AKBで頑張れるのかもしれません。
峯岸みなみには納得いくまでAKBにいて頑張ってほしいものです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。