山本彩は第4回選抜総選挙で波乱の中、大躍進?

山本彩は第3回選抜総選挙でNMBのメンバーの中で唯一ランクインを収め、第28位で終えました。
第3回の時はNMBもまだまだ駆け出しだったため、それでも第28位という高い順位を獲得したことを山本は誇りに思っていました。
そして、第4回選抜総選挙ではもっと高い順位を獲得し、そして他のNMBのメンバーも多くランクインすることを誰もが予想しました。
その期待に応えるような第4回目の総選挙でも順位をたたき出すことになりますが、山本はそれまでに沢山の困難を乗り越えて来たようです。
それは、NMBのメンバーの不祥事でした。
山本はチームNのキャプテンとして責任を感じつつも、しっかり総選挙で結果を出し、責任を果たしたようです。
一体なにがあったのか、検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

山本彩は第4回選抜総選挙で波乱の中、大躍進?

山本彩は第3回選抜総選挙で自分だけがNMBでランクインしたことを受けて、このようにコメントしています。
「これは、私への票と言うより、NMB48への期待票なんやな、と思いました。
速報の時は、みるきーも34位に入っていたんで、一緒にと思ってたんですけど…。私だけ残ったっていう事は、関西のお客さんが、NMB48全体を応援する意味でチームNキャプテンの私に投票してくれたんやと思いました。」
そうして、沢山のNMBファンからの期待を胸に、自分自身もAKBの選抜に選ばれた際も、自分の殻を破って活躍したいと意気込んでいました。
そんな中、山本彩の過去のプリクラ画像が流出します。
ダブルカップルで、おそらく山本と思われる女の子含む男女4人のカップルがプリクラに映っていました。
そのプリクラの中には「お泊り」という文字も書かれていて、ファンの心を大きく揺るがしました。
しかし、そのプリクラが撮影されたのは山本がNMBに入る前のことだったため、処分は免れました。
そして、多くのファンから問い合わせを受けた劇場支配人の戸賀崎はこのようにコメントしました。
「AKB48プロジェクトメンバーの過去のブログや画像がネットを通じて拡散し、その件について沢山の方からご質問をいただきます。
僕たち運営もこの件については、慎重に正しい選択をしなければならないと思っておりますが、僕からお願いがあります。これは、僕個人の意見ではありますが、僕はメンバーがAKB48グループに入る前の「過去」については、犯罪行為を除いて不問にしたいと思います。」
そうして、山本の処分が下されないということがはっきり明らかになりました。
加入前まではさすがに処分は出来ないでしょう。
AKBグループは恋愛禁止ですが、それはAKBグループに入って活動してからの話なので、運営側もNMBの顔である山本をわざわざ過去にさかのぼって処分するということはしなかったようです。
しかし、そのプリクラ流出により、ファンの心が傷ついたことは確かだったようです。
そしてまた、NMBの主要メンバーが処分されるという事態が起きました。
それは、吉田と松田の無期限謹慎と、近藤里奈、渡辺美優紀の選抜落ちでした。
しばらくこの4人がどんなことをして処分されたのかははっきりされませんでしたが、のちに分かることとなります。
この処分の原因は、東京で泊まっていたホテルの部屋に、仲の良いオタを呼んで遊んでたというという説が流れました。
これが本当だったら前代未聞の不祥事でした。
ホテルで会えるアイドルというのは清潔なイメージのアイドルとはかけ離れており、大問題でした。
AKBグループは握手会や劇場公演などを通じて、ファンとの距離が近いため、アイドルとファンが仲良くなる機会は確かに今までのアイドルよりも多いのです。
しかし、そのファンとアイドルの壁や一線を越えてしまうようなことがあっては絶対になりません。
そのため4人は処分されたのではないかと言われています。
しかし、この4人はNMBでも中心メンバーとして人気を博していたメンバーだったため、NMBグループの大きなイメージダウン、そして痛手を負うこととなりました。
この事件を受けて、山本も大きな責任を感じていたようです。
地方グループのNMBでの活動にいつも参加できるわけではなかった山本は、どこか離れていても大丈夫だとメンバーに甘えていた部分があったと語っています。
そして、チームNのキャプテンとして、嫌われ役を買うことの覚悟が出来ておらず、チームをまとめることが出来ていなかったと反省していました。
そんな中、第4回選抜総選挙が行われました。
そこでの山本彩の順位は第18位となりました。
山本はこのようにコメントしています。
「私は18位という素晴らしい順位をいただきました。昨年の28位からは、想像もできないですし、本当にうれしく思います。
でも、今日は素直にならせてください。正直、悔しいです…。去年の総選挙以降のこの約1年間、光栄な事にAKB48さんのシングルに選抜メンバーとして参加させていただくようになりました。
先輩たちに混じってお仕事させていただいても、自分を出せなくて、結果が残せなくて、情けないなと思う事が多くなりました。だから、自分の目標は選抜されてるからには16位という順位でした。
プレッシャーも感じていましたが、でも、今回は選抜に入れませんでしたが、AKBで経験したことは無駄にはしません。今日以降も全力最強最高MAXガールで行きたいと思います。よろしくお願いします。」
山本は非常に責任感が強く、選抜入りをさせていただいているからには、選抜総選挙でも16位以内に入らなくてはいけないというプレッシャーを感じていたようです。
それでも第18位という順位はとても素晴らしい順位で、特にこの総選挙に至るまでにNMBには不祥事問題があったため、それでも順位を大幅に上げたということは、NMB山本彩の責任を果たしたということになるのではないでしょうか。
山本彩は第4回選抜総選挙で実力を見せる結果となりました。

山本彩のファンはNMBにどんな不祥事があったとしても、山本を見離したりはしませんでした。
山本はこのことを自分の自信に変え、さらに飛躍していくきっかけとなった総選挙となりました。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。