性格は「熱中する人」?秋元康から見た山本彩とは?

山本彩は元気で真面目で優等生なキャラクターとして知られているアイドルです。
ダンス、歌はもちろん、見た目も可愛い、アイドルとして欲しいものはすべて持ち合わせていると言われています。
そんな山本彩の性格とはどんな性格なのでしょうか?
フジテレビのバラエティ番組である「ごきげんよう」に出演した際に、山本は「熱中する人」という性格診断を受けました。
それはどんな特徴のある性格なのでしょうか。
また、AKBの総合プロデューサーである秋元康から見た山本彩とはどんな人物なのでしょうか。
山本彩という人間性について検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

山本彩の性格は「熱中する人」?

山本彩はどんな性格をしているのでしょうか。
山本はNMBを代表してよくソロでバラエティ番組に出演する機会を増えました。
それは、2013年の総選挙で初の選抜入りを果たしてからだと言われています。
しかし、その大きなチャンスをなかなかモノにすることが出来ず、山本はTVで活躍を見せることが出来ずにいると言われています。
山本のことをよく知るファンは「本当はもっとおもしろい子なのに…」と思っているファンもいるようです。
山本のファンからしたら、少し歯がゆい思いをしているのかもしれません。
TVではなかなか素の山本彩は見られずにいますが、実は、「ごきげんよう」に出演した際に、性格診断をされています。
第6回選抜総選挙の前に3日連続で、山本彩、松井珠理奈、生駒里奈がAKBを代表して出演しました。
次世代エース候補と言われている山本彩と松井珠理奈、そして、乃木坂から一人交換留学生としてAKBグループに移籍してきた生駒里奈の順位は誰もが注目をしていました。
そして、この3人の中で、誰が一番負けず嫌いなのか?ということを明らかにするため、それぞれの性格診断がされたのです。
3人の中で一番負けず嫌い度が低いのが生駒里奈でした。
これは予想通りと言ってもいいかもしれません。
生駒は「信頼を求める人」で、あえて自分からは目立とうとは思わないけれども、周囲の期待や責任を背負うと、必死に頑張るタイプなのだと言います。
自分本位というよりは、他人から求められることに応えたいと思うタイプのようです。
そして、次に負けず嫌いと判断されたのが山本彩でした。
山本彩は「熱中する人」で、自分を満足させてくれる事にどん欲に突き進み譲らない性格。
ただし、成功したことで責任が重くなったり縛られて自由がなくなるのは嫌。欲しいものを邪魔する相手にきつくあたりがちになるタイプなのだそうです。
自分の好きなものにはなりふり構わず向かっていくタイプのようです。
山本はとても真面目で責任感が強い優等生タイプと言われてきたため、この性格診断は当たっているのかもしれません。
そして、この3人の中で一番負けず嫌いだと判断されたのは松井珠理奈でした。
松井珠理奈は「達成する人」で、自分のベストを追及し、勝つための努力を惜しまない。日本一、世界一を目指したりこれまでの記録を打ち破る人もこのタイプに多い。
頑張りすぎて、燃え尽きないように注意が必要なのだそうです。
松井珠理奈は第6回選抜総選挙でも4位となり、1位を狙っていただけに悔しい思いあらわにし、号泣していました。
やはり、松井珠理奈の負けず嫌いなところは健在のようです。
山本彩も責任感が強いため、何に対しても全力で頑張るタイプと言われていたため、負けず嫌いは1番かと思われていましたが、上には上がいたようです。
少し、山本の素顔が見られたような気がします。

秋元康から見た山本彩とは?

総合プロデューサーである秋元康から、NMB48のセンター山本彩はどのように映っているのでしょうか。
以前、秋元康がNMBを発足する前、大阪出身の伸介や桂文枝にアイドルを大阪で作ることを反対されたということを明かしました。
その理由に、「大阪では絶対にアイドルが育たない」というものがありました。
「大阪の子はかわいくても、何か余計なことを言いたくなる」という伝統芸のようなものが大阪の子にはあるようです。
その言葉をいい意味でか、悪い意味でか分かりませんが裏切らなかったのは山本彩でした。
秋元康は山本のことをこのように言っています。
「確かに楽屋でも真っ先にボケたりコケたりする。前田敦子にそういうのはなかった」
これは秋元なりに山本彩を評価しているととらえていいのでしょうか。
大阪の魅力については「ユーモアと人間性」だと秋元康は語っています。
そのユーモアと人間性が山本彩にはあると言いたかったようです。
「アメいる?って聞いてくるおばちゃんも同じでそこには大阪人のサービス精神が生きている」と力説していました。
山本には、そのサービス精神がアイドルとして生かされているようです。
そのため、握手会などでは、ファンからの評判も良いですし、コンサートや公演でも、NMB全体が山本の影響を受けて、独特のパフォーマンスを披露しているように思えます。
そのグループを引っ張る力も山本の魅力の一つなのではないでしょうか。
秋元康はAKBグループのセンターに起用する子は「不完全な子」です。
AKBの前田敦子、SKEの松井珠理奈も同じことが言えるでしょう。
前田敦子は「不器用」と言われ、誰もが応援したくなるアイドルでした。
そして、松井珠理奈は若干11歳という若い年齢でセンターを任され、ファンは珠理奈の成長を沢山見てきました。
そんな中で、NMBのセンターに山本彩を起用したのは、大阪のグループだからと言ってもいいのではないでしょうか。
山本彩はアイドルとしてオール5の成績を持っていると言ってもいいほど、劣る要素がないと言われています。
本来であれば、そういった「大島優子」的な存在は秋元であればセンターに起用しません。
しかし、山本彩をセンターに持っていったということは、山本の高いリーダーシップ性、天性の才能、責任感、グループを任せられるという信頼感からだったのではないでしょうか。
山本彩は秋元からとても信頼されていることが分かります。

山本彩はとても責任感が強く、何事にも全力で取り組む、真面目な人間であることが分かりました。
そして、関西人特有のユーモアとサービス精神を持ち合わせているという、とてもバランスの取れた人間と言っても過言ではないようです。
山本彩は今後さらにAKBグループの飛躍と共に成長していってくれることでしょう。
これからの山本彩に注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。