高橋みなみのめちゃイケ伝説?気になる彼へのアタックがヘタ?

高橋みなみはAKB48の中でも破天荒で、明るいキャラクターで知られています。
そんな高橋みなみはアイドルとしての活動だけでなく、バラエティなどでも引っ張りだこです。
バラエティではどんな活躍を見せているのでしょうか?
また、恋愛禁止のAKB48に所属する高橋みなみは長年リアルな恋愛をしてきていないためか、恋愛の仕方がヘタになってしまったようです。
それは、「気になる彼へのアタックメール」を作成した高橋のメールから発覚しました。
いったいどんな内容のメールを作成したのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

高橋みなみのめちゃイケ伝説?

高橋みなみ率いるAKB48はたびたびめちゃイケに出演をしています。
その中で高橋はさまざまな伝説を残しています。
まず、めちゃイケの中のコーナーでAKB48抜き打ち体育祭で、徒競走の順位を決める際には、意外に脚が遅いことが判明しました。
AKBの後輩のドラマ出演の宣伝を応援する立場として、若手メンバーと一緒にフジテレビに来客していた高橋はいきなり、50メートル走を走るように余儀なくされます。
若手メンバーたちは、全然遅いです!と言っていたので、自信満々に走った高橋ですが、若手メンバーたちはさすが現役の学生なだけあり、瞬足を見せました。
自分の脚の遅さと、後輩たちの意外な速さに「裏切られた」という思いをあらわにした表情が笑いを誘いました。
結果、AKB48のメンバー全体では、12位となり、最後から4番目という痛い結果となりました。
そして、番組で一番脚が遅い下位の7人のメンバーを「神セブン」になぞらえて、「クソセブン」と名付けられました。
その「クソセブン」のセンターになったのはSKE48の松井玲奈でした。
続いて、柏木由紀、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜、入山杏奈、島崎遥香となりました。
つまり、高橋は「神セブン」と「クソセブン」どちらにも入ったことになります。
さすがツキをもってる大物アイドルは違うな、と思わせる伝説を残した高橋みなみなのでした。
そして、次の伝説は、高橋みなみの絵がうますぎるということでした。
それは、めちゃイケの中のコーナーでセンターバカを決める、AKB48期末テストの中でのことでした。
解答用紙に、幼虫から、どんな進化を遂げるか絵を描く問題で、素晴らしい絵の才能を見せ、周りを圧巻とさせました。
カブトムシの絵、蝶の絵、そして、カエルの絵、すべて、本物そっくり、模様やつのなど、細部にわたるまで正確に表現されていました。
しかし、期末テストの成績自体は下位だったため、高橋みなみはサヴァン症候群なのではないか?という噂が流れました。
サヴァン症候群とは、知的障害のある者のち、ごく特定の分野に限って、優れた能力を発揮する症状のことです。
その例として、並外れた暗算が出来たり、記憶力がに長けていたり、ランダムな年月日の曜日を言えるなど…
そして、その中に航空写真を少し見ただけで、細分にわたるまで書き起こすことが出来るという、映像記憶が優れている人もいるということで、それに高橋が当てはまるのではないかということでした。
しかし、ある特定のものにたいして才能を発揮するのであれば、高橋は当てはまらないように思われます。
高橋は歌、ダンス、MCなどの分野にわたっても才能を発揮しているわけですから、絵が上手というもの、一つの才能であり、病気ではないと思われます。
しかし、それほどの噂がたつほどの絵の仕上がりであったことは確かでありました。
めちゃイケで、意外な特技を披露することになった高橋は話題を呼んでいました。
めちゃイケでAKBが出演する時は高橋は必要不可欠なキャラクターになっていたので、以前、堂本兄弟と収録がかぶってしまい、出演できなかった時は、視聴者から、なぜ高橋はいないのか?と、ネット上で話題になりました。
それほど、めちゃイケには必要となった高橋の活躍は目を見張るものがあります。

 

気になる彼へのアタックがヘタ?

とあるバラエティ番組で、高橋みなみと、指原莉乃が「気になる彼へのメール」の作成で、下手さが話題になりました。
気になる男子にあけおめメールを送る企画で高橋が作成したメールは
「あけましておめでとぅ♪今年も良ぃ1年になるといぃネ♪去年もたのしかったんだケド、今年はもっと○○君と喋れるといぃなと思うんだ♪
学校で会ぇるの楽しみにしてまス★」
というものでした。
このメールはAKBのメンバーの中で最下位が獲得してしまいます。
その理由に、いろんな人に一斉送信するようなメールの内容だ!や、うざったい感じがする、パソコンからの勧誘メールみたいなど厳しい意見も。
語尾がカタカナで古臭い、自分はまだ高校生だと思っている若作りメールだという意見もあり、まだまだ若い高橋のプライドがズタズタにされていました。
学生時代からAKBに所属する高橋は恋愛禁止だったため、恋の仕方が分からないまま大人になってしまったのでしょうか。
この不器用さが可愛いと思ってもらえるうちはいいのですが、そのまま恋のチャンスを逃してしまい、一生独身の元アイドルとならないことを願いたいところであります。
高橋みなみは、バラエティの出演の際にも全力で取り組んでいるところが、好感を呼ぶようです。
今後もバラエティで活躍する高橋を多く見られることでしょう。
これからの高橋のますますの活躍に期待します。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。