指原莉乃と秋元康は強い信頼関係で結ばれている?

指原莉乃はAKB48としてグループに入りました。
しかし、元彼によるスキャンダルがあり、それから彼女は現在HKT48に移籍して頑張っています。
HKT48の中で指原莉乃は21歳ですが最年長になります。
年下の後輩ばかりのグループの中で指原はグループを引っ張っていく才能を開花させました。
そして、その才能は総合プロデューサーである秋元も信頼するほどになっているようです。
そこで噂されたのは、秋元康の後継者に指原莉乃を考えているのではないかという噂でした。
その噂は本当なのでしょうか。
また、秋元は指原と親密な関係であることをある番組で暴露しています。
指原莉乃と秋元康が信頼関係で結ばれているというのは本当なのでしょうか。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

指原莉乃と秋元康は強い信頼関係で結ばれている?

秋元康はあるラジオ番組で指原莉乃とのエピソードについて語りました。
「今年1番腹が立ったこと」と言って、激怒した話として、その相手が指原莉乃であることが暴露されました。
まず、指原が秋元に「今日何やってるんですか?ご飯食べませんか?」とメールしたそうです。
何か相談事か何かあるのか?と思った秋元はわざわざ六本木の個室日本料理店を予約し、そこに向かったそうです。
しかし、指定した時間になっても指原はまだ来なかったそうで、しばらくして20時30分に来たそうです。
何かグループをおびやかす重大なことを言われるのではないかとビクビクしていた秋元は、リリーフランキーを呼び出したそうです。
そして、リリーフランキーが来るまで二人で食事をしていたら指原が突然「21時になったら私出ますから」と言ってきたそうです。
まだ30分しか経ってないし、会話もそこそこなのに、どうしてだろうと思い、「どうしたの?」と聞くと、「明日映画の撮影なんで、台本覚えなきゃいけないんですよ」と言ってきたそうです。
秋元は、指原から誘ってきたのになんだそれは?と思い、本当に21時に帰ろうとする指原に「リリーさん来るからちょっと待ちなさいよ」と引き留めたそうです。
そして、リリーフランキーが21時15分に来店すると、店員に指原は「21時30分にタクシーお願いします」と言ったそうです。
しゃれな冗談を言うやつだなーくらいに思っていた秋元でしたが、本当に21時30分に指原は秋元とリリーフランキーを残して帰っていったそうです。
それが、秋元の「今年1番腹が立ったこと」なのだそうです。
しかし、その出来事を語る時の秋元の声色はとてもはずんでいて、まるでわがままな彼女の話を自慢げにしているように聞こえてきます。
指原は映画の現場では、「俳優さんにアイドルが迷惑をかけてはいけない」という意識があるらしく、台本はきっちり覚えてくるそうです。
そういった真面目なところがこの時も出てしまったのでしょう。
しかし、これは指原も秋元に対して素の自分を見せられる証拠ではないでしょうか。
二人の関係性がこの出来事から見て、とても信頼関係で出来ているのだなということがうかがえます。
秋元は指原莉乃のことをAKBのメンバーの中でも特に推していると言われています。
そのため指原はここまでメディアでの露出も多くなりトップの人気を得ることになったのだろうという人もいます。
しかし、逆に指原の方も秋元のことをとても信頼しているそうです。
指原が主演を務めた映画でのインタビューでは、「秋元さんのいうことならなんでも挑戦する」と発言し、どんな役にでも今後挑戦する覚悟があることを明かしました。
相当秋元のことを信頼しているのだなということが伺えます。
また、秋元の方は、指原の「プロデュース力」に目をつけていると言われています。
指原の選曲センスが良いこと、そして、ファンの気持ちを汲み取れるため、さまざまな企画を発案出来ることに注目しているようです。
指原莉乃はもともと自身がアイドルオタクでした。
九州で、可愛い女オタがいると有名になったのが指原莉乃でした。
自分がアイドルのおっかけをやっていたため、オタクの気持ちが十分理解できるのです。
そのため、「こういうことをしたらファンは喜んでくれる」ということを誰よりも分かっていたのです。
そして、指原はHKT48に移籍したことをきっかけにその才能を開花させました。
よって、そのHKT48のプロデュース力を買われ、結果、指原自身の人気も急上昇したのです。
秋元いわく、プロデュースとはファンの気持ちを理解できるだけではダメなのだそうで、今の指原にはファンが「やられた~」と思う意外性が足りないと言います。
そういったところを今後鍛えていきたいと秋元は意気込んでいました。
そういった発言からも、秋元は指原をプロデューサーとして自分の後継者に育てているのではないかと噂されています。
もしこれが事実であったら、とても面白いことになります。
実際に自分が所属していたアイドルグループをOBがプロデュースする。
これこそ、秋元が考える次のサプライズなのではないでしょうか。

指原莉乃と秋元康は家族以上の信頼関係がAKBというグループを通じて築かれていったようです。
今後の指原の活躍の裏に、秋元の存在は欠かせないのかもしれません。
二人が今後も日本のアイドル界を引っ張っていってくれることを祈ります。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。