指原莉乃の「元彼」にバッシング?

AKBは言わずと知れた恋愛禁止アイドルグループです。
AKBが国民的アイドルになっていく一方で、メンバーの恋愛事情には多くの監視が付きまとうようになりました。
そして、その犠牲者となったメンバーが多かったのです。
その中でも一番印象に残ったと言ってもいいメンバーが「指原莉乃」ではないでしょうか。
指原莉乃は元彼からの心ないリークで研究生時代に彼氏を作っていたことが発覚しました。
しかし、この元彼がのちにファンからバッシングを受けることとなるのです。
指原の恋愛発覚は他のメンバーの恋愛発覚とは、世間の受け取り方に違いがありました。
その「違い」とはなんだったのでしょうか。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

指原莉乃の「元彼」にバッシング?

AKBは恋愛禁止のアイドルグループであるため、恋愛が公に発覚したメンバーにはさまざまな処分が下されることで知られています。
その餌食となるのは、やはりAKBの顔とも言える中心メンバーです。
しかし、その中でもおとがめなしというメンバーもいます。
前田敦子はAKB在籍時から佐藤健とドラマで共演したことをきっかけに熱愛の噂が流れましたが、おとがめなしでした。
そして、大島優子はウエンツ瑛士と熱愛報道が公にされましたが、これもおとがめなしでした。
この二人は、AKBの人気を二分する重要な存在で、運営側もこの二人にいなくなられては困るという理由から見て見ぬふりをしたと言われています。
しかし、しっかり処分を受けるメンバーもいました。
解雇される者、降格されるもの、移籍させられる者などさまざまな処分が下されました。
降格されたメンバーとして記憶に新しいのが、峯岸みなみです。
峯岸は第1期生としてバラエティ担当で活躍を見せてきましたが、ある日突然自己判断で坊主になり、謝罪動画が流出しました。
それがきっかけとなり、研究生への降格となったことが記憶に新しいです。
しかし、一番印象に残っているものとして、「指原莉乃のHKT移籍」が上げられるのではないでしょうか。
指原莉乃は、研究生時代に彼氏がいたということで問題が起こりました。
研究生とはいえ、AKBの看板をしょった時点で恋愛禁止は正規メンバーと変わりありません。
しかも、それが発覚したのが、元カレによるリークだったことも話題にあがりました。
指原はこの元彼に振られる形で別れたそうですが、それにも関わらず、元カレの方から3年も経ってからリークされてしまったのです。
この事態に、ファンの怒りの矛先は指原に裏切られたというよりも、元カレの方にいきました。
「なぜ自分から振っておいて、マスコミにリークするようなことが出来るのか」「小銭欲しさにやったとは最低だ」などの意見が飛び交いました。
元カレは指原のファンから多くのバッシングがされることとなりました。
しかし、総選挙で第4位という快挙を見せ、人気急上昇中の注目のメンバーとされていた指原のここにきてのスキャンダルはとても話題になってしまったのです。
そのため、週刊誌に載ってしまった以上、総合プロデューサーである秋元康も見過ごすことはできなかったのです。
一時は指原も元彼の裏切りと、まさかの事態にアイドルを辞めようとまで思ったそうです。
しかし、秋元康と相談したうえで、結果、双方にとってベストな決断をしました。
それが「指原莉乃HKT移籍」だったのです。
この事態に、ファンのみならず、一般の人からも指原は「可哀想」と言われ、同情されるようになりました。
どうして、3年も前のことを振られた元カレに暴露され、指原が辛い目に合わなければならないのかと言われるようになりました。
これが、他の恋愛発覚したメンバーとの世間の受け取りかたの違いでした。
他のメンバーが恋愛発覚した場合は「自己責任」「分かっていながらしてしまったことは自分のせい」と世間から冷たい目で見られてしまうことが多いのです。
しかし、指原の場合は、「可哀想」「元カレ最低」「飛んでもない事故に巻き込まれた」と世間はとらえました。
これが、指原のスキャンダルから成功への道を切り開いたベースとなるものだったのではないでしょうか。
ですが、指原がHKTでしっかり頑張らなければ、ここまで人気は出なかったことでしょう。
しかし、HKTに移籍した指原は今まで以上に、HKT48を盛り上げようと、自分の移籍した役割、意味を理解し、活動してきました。
その結果、世間から、「ひどい目にあっても一生けん命頑張っている指原はすごい」と映ったようです。
まさに、指原莉乃のシンデレラストーリーでした。
指原のピンチをチャンスに変える力は天性のものがあり、誰でもマネできるものではないため、後輩からも指原は慕われているそうです。

指原は一時、最低な元カレと付き合ったことを後悔したこともあったでしょう。
しかし、その彼氏がいなければ、今の不動の人気を誇る指原はいなかったかもしれません。
彼氏は最低ですが、指原はこれを次に生かして、どんなピンチもチャンスに変えて行ってほしいものです。
怖いものなしとなった指原は今後ますますの活躍を見せてくれることでしょう。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。