AKB指原莉乃の誕生秘話?

指原莉乃は、AKBの入る前はハロプロの大ファンで、オタク界では有名な女オタだったそうです。
そんなアイドルオタクであった指原が、実際に追いかけていた対象であるアイドルになりました。
これはとても異例なことですが、もともとアイドルのオタクで、アイドルが好きでAKBのメンバーになったというメンバーは他にもいるのです。
それは、AKBのコンセプトだからこそ実現したことと言えるでしょう。
指原莉乃は、あれよあれよと言う間にAKBのオーディションに合格し、地元である大分から上京します。
しかし、AKBに入る前は両親に反対をされていたそうです。
指原はあることをきっかけにAKBのステージに立ちたいと強く思うようになり、本気になります。
そのことが両親のYESをもらえるきっかけとなったのではないでしょうか。
AKB指原莉乃の誕生秘話に迫ってみたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

AKB指原莉乃の誕生秘話?

指原は2007年、夏の終わりに、これからどうするか、という進路を決める時期に入っていました。
さまざまないじめに合っていた指原は人と関わることが苦手だったため、高校に行くかどうか迷ったと言います。
しかし、指原は数ある科目の中でも英語は得意でした。
そのため、オーストラリアへ留学したいと思っていたそうです。
しかし、そんな中、運命の出会いをします。
ハロプロの女オタとして知られていた指原は、自分がアイドルになりたいと思い始めていたところ、「AKBメンバーオーディション」の告知を目にします。
その時のことを指原はこう語っています。
「受かったら東京の高校に行けばいいから、最初で最後のチャンスだと決めて、応募したんです。
そしたら1次に受かったんです。2次は東京だから、お母さんにメールしたんです。お父さんは『まあ絶対落ちるから、思い出作りに観光してきな』と言ってくれました。」
いじめにあっていた指原は地元の高校に行く気はそもそもなかったようです。
その中で見つけたAKBのオーディションに運命のようなものを感じたのでしょうか。
指原は、それから軽い気持ちで東京に向かうこととなります。
父親も、『絶対に落ちる』と確信したのは、従来のアイドルのイメージを強く持っていたからではないでしょうか。
キラキラして、見た目もとびきり可愛くなければ受からないと思っていたのかもしれません。
しかし、AKBのオーディションは父親の想像するものと全く異なっていました。
AKBは指原のようなまさに『普通の女の子』を求めていたのです。
そして、指原はオーディションを受けるため状況し、秋葉原のAKB48劇場に訪れます。
もしかしたら自分が立つかもしれないというステージをひと目見ておきたかったのでしょう。
そこで、指原は「こんなところに立てるなら、絶対に受かりたい」と思ったそうです。
なかば観光気分でオーディションを受けに来た指原はここで本気になったのです。
すると、その指原の本気具合が伝わったのか、2次審査も合格したのですが、父親とは、2次に受かっても受からなくても、最終審査は受けないという約束をしていた指原は父親に頼み込みました。
「一生のお願い」として、最終審査を受けさせて欲しいと、何度も頭を下げ、なんとか父親の了承を得ることが出来たそうです。
そして、最終審査を受けに再び東京に来た指原はダンスと歌の審査を受けました。
しかし、ダンスも歌も当然習ったことがなかった指原は全くダメだったそうです。
緊張で声が裏返ってしまい、全く聞けるような状態ではなかったため、絶対に落ちたと思ったところ、結果は奇跡的に合格だったのです。
意外な結果に喜びもつかの間、父親の顔がよぎりました。
父親はアイドルになることを許してくれるだろうか、という思いが指原を襲ったのです。
「どうしようか迷いました。帰りの飛行機でお母さんと話し合いになりました。反対されました。
『多分ダメって言うけど、お父さんの言う通りにしなさい』と言われました。」
しかし、実際に父親に相談すると、父親は「いいんじゃない?」と言ってくれて、アイドルになることを賛成してくれたそうです。
父親はもし最終審査で受かれば、応援してあげようと決めていたのではないでしょうか。
最初は反対していた両親も、第4回選抜総選挙では地元の大分の大勢の仲間を引き連れて、指原の応援をしていました。
その姿は中継で総選挙中TVで放送されていました。
指原の両親は本当に指原のことを暖かく応援しているのだと心あたたまった視聴者も多かったことでしょう。
指原はこうして、両親の応援のもと、AKBのアイドルとしての道を歩み始めることとなったのです。

指原莉乃は、暖かい両親の応援があり、ここまでアイドルとして人気が出たのかもしれません。
これからも、優しい両親のもと、指原は活躍し続けることでしょう。
今後の指原の活躍にも期待したいものです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。