板野友美がイトーヨーカ堂CMでブレイク?サマンサCMで公開処刑?

板野友美は現在AKBを卒業し、ソロとして活動をしています。
しかし、板野友美はAKB在籍時からソロ活動をしていて、その活躍は幅広いものがありました。
ソロとしてCDをリリースしたり、演技にも挑戦することもありました。
その中でも特に活躍が目立ったのは、CMでした。
板野は、イトーヨーカ堂やサマンサのCMに出演していました。
板野はイトーヨーカ堂のCMで全国にその名前と顔を広めることとなったのではないでしょうか。
また、サマンサのCMでは、「公開処刑だ」とネット上で噂になっています。
いったいどういうことなのでしょうか。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

板野友美がイトーヨーカ堂CMでブレイク?

板野友美は、第2回AKB選抜総選挙で大躍進を見せました。
なんと、第4位となり、人気の高さを証明しました。
板野は、その人気から、CMに起用されることとなりました。
最初の板野CMのインパクトが高いのは、イトーヨーカ堂のCMではないでしょうか。
板野は、最初に「恋水着」篇のCMに登場しています。
おもむろにワンピースを脱ぎ、水着姿になるという、思わずドキドキしてしまうようなCMにインパクトを覚えた人も多いはずです。
その大人っぽいけれど、可愛い顔立ちとは裏腹に、体系が幼児体型だという指摘もされてしまうきっかけとなったCMでもありました。
大胆に体系を見せることで、板野は人気もブレイクさせたようです。
そして、板野は「恋ゆかた」篇のCMにも出演しています。
夏祭りを思わせる風車をバックに、浴衣姿の板野は、水着の時とは一転して、大人っぽい雰囲気を見せました。
振り向きざまに「大好き」と不器用にも伝えてしまう板野の姿に、色っぽさを感じた人も多かったはずです。
ソロで活動することに慣れていなかった板野は、最初緊張をしていたそうです。
しかも、「大好き」というセリフ付きのCM撮影に、恥ずかしさもあったようですが、新曲でそのCMソングであった「ポニーテールとシュシュ」が流れると、板野は笑顔を見せて、リラックスした状態でCM撮影に臨むことが出来たようです。
板野は、あまり飾らない性格で、クールな印象ですが、そんな板野の「大好き」というセリフはどこか現実的で、思わずキュンとしてしまうシチュエーションでした。。
板野友美と言えば、「夏!」というイメージが付きましたが、冬アイテムのCMにも出演していました。
イトーヨーカ堂の「ボディヒーター」のCMに板野は、自身に似て作られたパペットと一緒に出演しています。
そして、そこで板野は、生まれ故郷の大阪弁を披露しています。
パペットとの1人2役をこなしながら、「あったかくて肌触りがいいの」「うわぁ!めっちゃつるつるやん!」などとパペットと掛け合いを演じていました。
板野は、この自分に似たパペットをとても気に入ったようで、「可愛い!持って帰りたい!」とスタッフに懇願するほどだったそうです。
板野は、少しシャイなところがあり、特に演技となると不慣れな部分が沢山あるため、うまく自分を表現することが難しいのですが、このパペットがいてくれたおかげで、楽しく撮影に臨むことが出来たようです。
イトーヨーカ堂のCMで板野は、全国に板野旋風を巻き起こしたようです。

サマンサCMで公開処刑?

板野は、サマンサのCMに出演しています。
サマンサとは、バッグや小物、ジュエリーのブランドで、女性なら絶対に好むと思われる女性らしいフェミニンなデザインが特徴です。
レースにピンク、キラキラなどを多く取り入れている、女性向けブランドです。
そのCMに板野は出演しているのですが、そのCM内で板野が「公開処刑」に合っているという噂が流れました。
一体どういうことなのでしょうか。
板野が、CM内で外国人モデルのテイラー・モムセンと共演しています。
板野は当時21歳で、テイラーは19歳だったので、板野の方が年上になるのですが、明らかにテイラーの方が大人っぽい、それだけでなく、次元が違うオーラがあると言われています。
撮影はニューヨークで行われ、板野とテイラーが街中ですれ違うというシーンですが、板野は背も小さいため、トップモデルと並ぶと頭1個分は裕に違いました。
それをカバーするためか、板野は厚底で、さらにヒールの靴を履いて撮影に臨みましたが、まったく意味がなかったようです。
テイラー・セムモンは世界的なトップモデルでありながら、ミュージシャンでもあり、そしてテレビシリーズ「ゴシップガール」にも出演しているため、とても人気の高い人物です。
そのため、テイラーと共演出来た板野がうらやましい!という意見や、大人っぽいテイラーと並んだことにより、板野のかわいらしさが目立ったのか、「ともちんかわいい!」という意見も飛び交いました。
しかし、その一方で、二人の知名度や、ルックスのあまりの違いに、「板野は公開処刑された」とも噂になりました。
ですが、CMの目的とは、その商品やブランドをより多くの人に知ってもらうことです。
そのため、板野は違った意味で話題を作ったことになりますが、しかし、CM本来の目的は果たしたことになるのではないでしょうか。

板野は、CMでさまざまな活躍を見せてきたことは事実のようです。
時に酷評を受けることはあったようですが、それは板野が注目をされている証拠です。
板野は今後も世間の注目を浴びるような活躍を見せていって欲しいものです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。