板野友美はファッションリーダー?

板野友美はAKBの中でもギャル路線を単独で走り、人気を集めました。
板野は、特に同世代の女性からの支持を多く集めていたようです。
その理由に、板野のファッションがありました。
デビュー当時は全員黒髪でおかっぱに統一されていたAKBですが、しばらくして板野は茶髪に変えました。
板野は唯一秋元康から茶髪にすることを許されたメンバーでした。
そうして板野は自分らしさを前面に出すことで、どんどん人気を獲得していったのです。
そして、板野は現在でも私服のセンスがあるとして、同世代のファッションリーダー的な存在だとされています。
その一方で、板野の私服はダサいという人もいます。
それは、板野が自身のブログで衝動買いをした洋服を写真でアップしたことが原因でした。
板野は私服のセンスが良いのか、ダサいのか、どちらが真実なのでしょうか。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

板野友美はファッションリーダー?

AKBのメンバーの私服はさまざまです。
ダサいと有名なのは、高橋みなみや柏木由紀です。
独特の個性を持っていたりすると、人によってはダサいと判断されてしまうようです。
その一方で、私服のセンスがあると言われるメンバーも多々います。
不動のセンターを務めていた前田敦子の私服は特に注目されました。
前田はモノトーンカラーを基調としたロックテイストの洋服を着ることが多く、マネがしやすいとして、人気を集めていました。
その一方で、篠田麻里子の私服がセンスがいいけれども、マネがしにくいとされていました。
その原因の一つに、篠田は背が高く、足も長く、顔も小さい、つまりスタイルが良いため、篠田麻里子だから似合う洋服も多々あったようで、彼女が着ているものが万人に似合うとは限らなかったためです。
また、小嶋陽菜は「マネしたい!」とされる私服を着用していました。
小嶋はガーリーで男受けする洋服を得意としていました。
篠田麻里子も小嶋陽菜もファッション雑誌の専属モデルを務めているため、洋服も元々好きで、この二人の私服は世の女性の参考にされていました。
そして、もう一人、ファッションのプロから「私服のセンスが良い」と褒められるメンバーがいました。
それが「板野友美」でした。
彼女は身長も低く、体系は日本人の平均的なサイズをしているため、日本人女性がマネしやすいファッションの着こなしをしていることでも知られています。
その評価は世論だけではありませんでした。
日本のファッション業界を開拓してきた宝島社が、カジュアルファッションの更なる発展のために創設した日本ファッションリーダーアワードという名誉ある賞があります。
それに板野友美は2012年表彰されています。
過去には、広末涼子や黒木メイサなど、女性が憧れる女性に贈られている賞です。
板野は、その同世代からの人気を買われ、表彰されました。
また、板野は「サマンサタバサ」のCMに起用されています。
サマンサタバサは、国外のハリウッド女優に人気を集めているアパレルブランドで、バックや小物、最近ではファッションやジュエリーなどの業界にも幅を広げています。
この人気ブランドのCMに板野が起用されるということは、とても名誉なことでした。
しかし、サマンサ側からしたら、女性の憧れるブランドのCMに女性の憧れるタレントを起用するのは当たり前のことだったのかもしれません。
板野は業界からもそのファッションセンスや人気を認められたことになりました。
そして、あるバラエティ番組で、AKBのメンバーに出題されたシチュエーションに合わせて私服を自分で選んで着るというコーナーがありました。
このコーナー内で「モテファッション」と「おブスファッション」をプロのスタイリストが決めるというものがありました。
ここで、板野は、センスのある私服を披露し、見事にモテファッションに選ばれました。
板野の私服のスタイルは、海外セレブのようなスタイルで、ロスにいる女の子といった感じです。
その様子から、スタイリストはこのように分析しました。
「ファッションが好きで、海外セレブ雑誌を見て、ファッションの勉強をしているというのがとても伝わる。トレンドもしっかりおさえていて、芯のおしゃれさん」
プロのスタイリストもうならせるほど板野の私服はセンスが良いということが証明されました。
しかし、その一方で、板野の私服がダサいという人もいました。
それは、板野が過去にブログで載せた衝動買いをした「コート」の写真が原因でした。
板野が可愛くて思わず買ってしまったというコートはヒョウ柄で毛皮のコートでした。
このコートはとても高額で、○十万もするものなのだそうです。
このブログを見た人は、「この値段でこれは買わない」「コートがダサい」と物議をかもしだしていました。
しかしここでポイントなのは、板野が着ているところの写真ではないということです。
確かにコートだけを見ると、着る人を選びそうなデザインや柄をしています。
しかし、板野が着たところを想像すると、似合うと思われます。
板野は自分のスタイルをよくわかっていて、何が自分に似合うのか、似合わないのかということを熟知しているようです。
そういったところからも、板野は本当のファッションリーダーだということが分かりました。

板野は、同世代からのファッションリーダーとしてAKBを卒業した今も尚、憧れられているようです。
今後も板野のファッションに注目していきたいところです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。