前田敦子が女優として黒沢監督から絶賛される?

前田敦子はデビューしてからAKBのセンターとしてひたむきに活動を続けてきました。
アイドルとして成功を収めた前田には夢がありました。
それが「女優」という仕事でした。
前田は、AKBに在籍時から女優としての活動をしてきましたが、女優業に専念するため、AKBを卒業していきました。
それだけ前田は女優という仕事を大切に取り組んでいたようです。
そして、AKBを卒業した後、前田はさまざまな映画に出演しています。
そこで、前田は黒沢監督に絶賛されました。
いったいどういうことなのでしょうか。
また、前田は女優としてどんな映画に出演してきたのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

前田敦子が女優として黒沢監督から絶賛される?

前田敦子は「女優になりたい」という夢を幼少期から持っていたようです。
しかし、引っ込み事案だった前田はそのことを親に言うことも出来ずにいたのです。
そして、AKBのオーディションのポスターをたまたま母親と一緒にいた時に見つけ、意を決してオーディションを受け、合格し、この芸能界入りを果たします。
前田はもともと女優になりたくて、その第一歩としてAKBに入ったようです。
見事、AKBのセンターとしての素質を秋元康に見抜かれ、AKBのセンターとして大抜擢されます。
前田はAKBの顔となり、アイドルとして一時代を築きました。
そんな前田はかねてからの夢であった女優業に専念すべく、AKBを卒業しました。
前田人気は卒業後も健在で、ドラマや、特に映画のオファーが相次ぎました。
前田は最近ではエイトレンジャーのヒロイン役に抜擢されています。
エイトレンジャーは2012年に関ジャニ∞主演で映画公開されました。
その第2弾となる作品に前田が出演しています。
前田敦子は週刊誌記者の西郷純訳として登場するらしく、エイトシティという街で多発する失踪事件とエイトレンジャーとの関連を追う記者なのだそうです。
前田はこのようにコメントしています。
「前作を拝見させていただいて、堤監督には過去にフライングゲットのミュージックビデオの撮影でお世話になったので、映画でご一緒することは初めてなので、楽しみです。
今回演じる女性週刊誌記者、西郷純という役は最初台本をいただいた段階で真面目な役だったのですが、台本の改定が来るたびにキャラクターがどんどん濃くなっているので、ユニークな関ジャニのみなさんと前作よりもコメディ要素が強い、楽しい部分をお届け出来るように頑張ります。」
前田が記者役に抜擢されたことから、どんどん台本が改定されていったらしく、監督の前田への期待がうかがえます。
しかし、一部の見解によると、これまでさまざまな映画に出演してきた前田ですが、本格的に女優としてやっていくにはまだ力不足なところがあるらしく、今回関ジャニ主演の映画に出演させることで、アイドル的な売り出し方にシフトチェンジしたのではないかと言われています。
もしそれが本当だとして、監督やプロデューサーの前田への期待は大きいらしく、前田は実力を発揮してくれるだろうと思われます。
そして、前田は「セブンスコード」という曲を発表しました。
それは、「Seventh Code」という前田主演の映画の主題歌となった曲でした。
この映画の監督である黒沢監督は前田を女優として絶賛したと言われています。
この作品はロシア・ウラジオストクを舞台に、前田演じる主人公の秋子がひとり男を追い求めるというミステリアスな物語が展開されていきます。
そして、前田のことを黒沢監督はこのように評価しました。
「前田敦子は、周囲の何ものにも頼らず、たったひとりでその場所に堂々と存在することのできる、日本ではめずらしいタイプの俳優です。」
思えば、前田はAKB時代もそうだったのかもしれません。
前田一人がそこにいるだけで存在感があり、ぱっと華が生まれる、そんな存在だったように思えます。
その前田独特のオーラがスクリーンの中でも際立っていたようです。
前田のそんな特別な存在感が作品全体を押し上げたようで、前田がいなければこの映画は成り立たなかったと語っています。
「映画なくして彼女は生まれず、彼女なくして日本映画もまた存在しえない、そんな時代がやってきたようです。」
黒沢監督は完全に前田敦子の魅力にとりつかれてしまったようです。
前田敦子はテレビドラマよりも映画の出演の方が多いように思います。
前田はAKBを卒業し、新しい一番自分が輝ける場所「スクリーン」という場所を見つけたのかもしれません。

前田は話題作に出演していたり、自身の曲が主題歌となった映画の主演を務めては、映画に絶賛されていたのは確かのようです。
前田の人を惹きつける魅力というのは、AKBを卒業した今も健在のようです。
以前にも増している前田の魅力を前田はスクリーンで見せてくれることでしょう。
今後がますます楽しみです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。