前田敦子の性格は悪い?

前田敦子はAKBで高い人気を誇っていましたが、その一方で「アンチ前田」も多くいたそうです。

その理由の一つに「前田は性格が悪いのになぜセンターになのか?」というものがありました。
キャラクターとして大島優子が明るいキャラクターでスタッフにも気を使えると評判でしたが、その一方で前田は暗くてスタッフからの評判も悪いというのです。
前田は、本当に性格が悪いのでしょうか。
前田の性格について分析してみたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

前田敦子の性格は悪い?

前田敦子の性格は、一般的に評判が悪いようです。
なぜ評判が悪いのでしょうか、検証してみましょう。
まず、前田は仕事に対して厳しいという一面があるようです。
前田に密着取材をした際に、「カメラが気になって台本に集中できない」と言い、カメラを避けるそぶりを見せたそうです。
この様子に、アンチ前田は「性格が悪い」と評価したようです。
しかし、よく考えると、プロ意識が強いのかもしれません。
自分に来た仕事はしっかりやりたい、また女優としてやっていきたいと強い意志があった前田にとって、台本を覚えるという作業はとっても大切なものだったはずです。
そして、前田は「不器用」と言うことでも知られています。
そのため、前田はカメラがあっても台本に集中できるほどの器用さがなかったためにそのような態度に出てしまったのではないでしょうか。
プロ意識の強さと性格が悪いという判断は紙一重のようです。
また、そんな前田のことを大島優子はこのように評価しています。
「ストイックです。自分に対して、ものすごく厳しいんですよ。こうと決めたら曲げないというか、芯がしっかりしていますね。」
他人にだけではなく、自分にも厳しい前田は、どうしても態度が冷たい、生意気と取られてしまうのかもしれません。
また、前田の酷評はダンスの出来にまで及んでいます。
前田は、コンパクトなダンスの動きをするため、「省エネダンス」と言われています。
そのため、「やる気が感じられない」と印象を受けるファンも多いようです。
しかし、この省エネダンスには前田なりの考えがあってのことだったようです。
通常、グループのセンターに立つアイドルは誰よりも目立つようなダンスをしますが、前田はそうではありません。
大島優子や他のメンバーは激しいダンスで知られていますが、グループ全体で見た時に、自分がコンパクトに踊ることで、お互いがお互いに引き立てあうことが出来ると考えたのではないかと言われています。
そのため、前田は全部しっかりとダンスを覚えた後で、コンパクトに自分なりに修正して踊っているようです。
前田のダンスは「手足が長いから動きがきれい」「腰使いがうまい」「表現力がすごい」と、プロからも絶賛されています。
また、アイドルというのは、カメラ映りの時にあまり激しいダンスをすると顔がはっきり映らないため、ニュアンスでダンスしたほうがいいと言われています。
前田がそのことを意識して省エネダンスをしていたかはわかりませんが、前田のダンスこそ、アイドルのお手本と呼べるダンスと言えるのです。
こういったところからも、前田の天才的なセンス、そしてプロ意識が高い様子が見て取れます。
また、前田の性格が悪いと評価される原因に、仲間に対する言動がありました。
後輩には「太っているから痩せなさい」と言ってみたり、同期で親友の高橋みなみには「髪型がヘン」と言ってみたりと、ズバリ忠告するため、性格が悪いと言われてしまいます。
しかし、本当に性格が悪いのは、忠告をする人、しない人、どちらでしょうか。
その人の事を本当に良くしたいと思っているのなら、はっきりと忠告してあげることが愛情ではないでしょうか。
前田は不器用なため、時には相手を傷つけるような言い方になってしまうこともあるようですが、言っている内容は間違っていないため、最終的には相手のためになっています。
そのため、この言動を「性格が悪い」と評価するのはおかしいと思われます。
また、仕事に対する態度が悪いとスタッフから酷評を受けることもあるようです。
AKBのみんなで円陣を組んでいる時にひとり携帯をいじっていたり、カメラ撮影の際に「これ、何に使うの?」と睨みをきかせて来たりするそうです。
しかし、こういった傲慢な態度になってしまったのには、周りのスタッフの前田への扱いも問題視されています。
AKBのメンバーは誰も休めないレッスンに、前田だけは遅刻しても休んでもOKだったり、秋元康との食事会には、前田の行きたいところに連れてってもらうそうです。
そういった特別扱いはAKBに入った当初からだったようで、まだ当時14歳だった前田はその周りの扱いに慣れてしまったのではないでしょうか。
前田はAKBをここまでに成長させた立役者ですが、やはり、生意気な態度にさせてしまうスタッフの扱いにも問題があるように思えます。
もちろん、同じ扱いをされたところで、みんながみんな生意気な態度になるというわけではないため、どちらが悪いとも言えません。
しかし、前田の性格が悪いという酷評は、少し前田一人に責任を押し付けすぎのような気もします。
前田が性格が悪いと言われているのは事実でした。
しかし、本当に前田が性格が悪いのかは疑問視されます。
前田は、ただ、プロ意識が強く、グループ全体の事を考える仲間思いな子で、そして、飾らない、ありのままの自分を貫く人物なのかもしれません。
評価というのは他人がつけるものです。
あなたは前田敦子の性格、悪いと思いますか?良いと思いますか?


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。