前田敦子がニューヨークで素顔を見せる?

前田敦子のイメージは、根暗で人見知り、前に出るのが苦手で不器用な子といった感じではないでしょうか。

実際に、そのようなキャラクターで「応援したい!」というファンの欲求を満たすため、AKBのセンターとして抜擢されたという経緯もあります。
そんな前田敦子が、AKBを卒業してからニューヨークに短期留学をしていました。
ニューヨークで前田敦子は大きな人生の転機を迎えたようです。
前田敦子はニューヨークの前では素顔を見せています。
前田敦子の本当の姿とは一体どんな感じなのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

前田敦子がニューヨークで素顔を見せる?

前田敦子は、先日「アナザースカイ」という番組に出演しました。
「アナザースカイ」とは、バラエティ、紀行番組で、その人物の日本ではないもう一つの故郷を訪れ、深くその人物に迫ろうという番組です。
前田敦子は、自身のアナザースカイの場所に「ニューヨーク」を選びました。
前田敦子はAKBを卒業した後、一か月という短い間ではありましたが、ニューヨークに留学していました。
そこでは語学学校に通いながら、一人暮らしをしていたそうです。
日本では「前田敦子」という存在は大きすぎて、自由に生活をすることができませんでした。
しかし、ニューヨークでは、自分を知る人物は少ないため、自由に自分らしい生活が出来ていたようです。
この番組の企画で、ニューヨークに渡り、当時の思い出の場所を周ったり、してみたかったことに挑戦しています。
その中で、前田敦子がどれだけニューヨークで充実した毎日を過ごしていたかが、前田の笑顔から察知することが出来ます。
ニューヨークでの前田は常に笑顔でキラキラしていて本当にやることなすことを楽しんでいるという印象を受けます。
それはTVからは伝わらない前田敦子の素顔の部分ではないのでしょうか。
ニューヨークに渡った前田がまず訪れたのは、「ハンバーガーショップ」でした。
このハンバーガーショップは連日大行列が出来る人気店だそうで、前田もそこにちゃっかり並んでいました。
そして、英語の注文にたどたどしく応える中、前田がニコニコして持ってきたのが、スタッフ10人分のチーズバーガーとポテトフライでした。
前田は野菜などはサンドせず、肉とチーズ、そしてバンズだけというシンプルなものを注文していました。
そのハンバーガーは前田の顔ほどの大きさがあるもので、とても大きなものでしたが、ペロッと食べきってしまいました。
「あっとゆー間に食べきっちゃうんですよね。うわー最高、天気良いし!最高じゃないですか!」
「もうすごいチャリこぎたい!行きたーい!」
と、テンション高めの普段見れない前田敦子が見られました。
前田敦子は自転車がもともと好きらしく、ニューヨークでは現在自転車ブームということもあり、ニューヨークで自転車に乗ってみたいという夢があったようです。
そして、クレジットカードさえあればだれでも借りられる公共のレンタル自転車に乗って、前田はニューヨークの街を疾走しました。
ブルックリンブリッジを「あー!あー!あー!」と大声を上げながら自転車で渡る前田敦子は自由を満喫しているようでキラキラした笑顔を見せていました。
日本では絶対にできない事に、前田は満喫していました。
ロケが終わった後のインタビューで前田はこんな事を言っています。
「悪い子じゃなかったですか?私。(笑)私、好きって言ってもらえるか、苦手かどっちかだと思います私。周りでもそうだと思います。
友達になれるとすごい友達になれるんですよ。でも、私の事きっとこの人苦手だなっていう人はすぐわかります。そのままを好きになってもらえればいいなって思います。」
前田は、自分を飾らない、好かれようとしない、ありのままの自分を出して、好きになってもらうか、そうでないかは相手にゆだねているようです。
そういったいさぎよさが前田の魅力の一つなのかもしれません。
そして、前田敦子は、ニューヨークでどうしても行きたい場所があったそうです。
そこが「ハリー・ウィンストン」でした。
前田は女優として、身に着けるとオスカーが取れるというジンクスを持つハリーウィンストンにあこがれを抱いていたようです。
店内に入るなり、「誰か買って~」とおねだりする一面を見せました。
そんな前田にサプライズが待っていました。
VIPしか入れないという執務室に案内された前田敦子は、オスカー女優が身につけた宝石を試着させてもらいました。
まず、ナタリーポートマンが身につけた、イヤリング、そして、グウィネスバルトローが身に着けたネックレス、さらに、ジェシカチヤスティンが身につけていたブレスレットを装着しました。
総額2億5000万のアクセサリーを身に着けた前田のテンションは最高潮に達し、「これ欲しい~!お願いします!」「テレビ見てて誰かくれないかなー。」と本音を漏らしていました。
前田は意外にも甘えん坊な一面も持ち合わせているようです。
前田は、ニューヨークでは、とてもテンションが高く、TVでは絶対に見られない前田の表情が沢山ありました。
前田敦子が最も前田敦子らしくいられる場所は、「ニューヨーク」だったようです。
この「アナザースカイ」で前田敦子の印象が変わった視聴者も多かったのではないでしょうか。
前田敦子は今後どんどんまだ見せていない魅力を出していって、沢山のファンを獲得して行ってほしいものです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。