前田敦子がAKB卒業後に劣化?

前田敦子は言わずと知れたAKBの元センターです。

前田は女優になるのが夢でAKBに入ったため、だんだんと忙しくなる女優業とAKBの活動を両立していくのが難しくなってきたため、女優業に専念したいと言って卒業していきました。
そんな前田は、AKBに在籍時からソロシンガーとしても活躍を見せてきました。
前田はAKB卒業後もソロでシングルを出すなどの活躍を見せています。
そんな中、前田が卒業後に見た目が劣化したと言われています。
それは、卒業後にリリースしたシングル曲をTVで披露した際に、見た目が劣化したと言われたことからネットで噂が広がりました。
いったいどういうことなのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

前田敦子がAKB卒業後に劣化?

前田敦子はAKB卒業後、女優業として活躍を見せる一方で、シングルCDをリリースしました。
そのタイトルは「セブンスコード」と言って、楽曲は秋元康により作成されたようです。
この曲は前田主演の映画「Seventh Code」の主題歌となっています。
また、この楽曲は不二家の「カントリーマアム」のCMソングとしても起用されました。
前田敦子はこの曲のことをこのように語っています。
「今回は、ロックですね。歌詞が本当に素敵で、そのまま読んでも詩みたいで、声に出して読むだけでもすごく素敵な歌詞なんですね。
だから、歌詞が伝えられるように、坦々と歌わせていただいています。」
その言葉の通り、サビの歌詞が印象的な歌です。
「悲しみなら忘れられるけど、愛はなかなか消えやしないよ」
この曲は映画の主題歌、そしてCMの起用ということで、大ヒットするのではないかと予想されました。
しかし、この曲は思うように売れなかったそうです。
前田はAKBを卒業してから、数々のドラマや映画に出演していますが、なかなかヒット作に恵まれず、また、CDの売れ行きもなかなかうまくいかないといった事態になっているようです。
AKB時代の前田人気はどこへ行ってしまったのでしょうか。
やはりAKBの前田敦子でないと、魅力がなかなか伝わりずらいということでしょうか。
あれだけの人気を誇っていた前田敦子でもソロで成功することの大変さを身をもって証明してくれているような気がします。
そんな前田が人気の劣化だけではなく、見た目の劣化もしているという噂が流れました。
前田は「セブンスコード」の楽曲を披露するために、ミュージックステーションに出演していました。
そこでの前田が劣化したというのです。
視聴者からは「顔がむくんでる?」「ゴリラが化粧したみたいな顔」「パッツンの前髪と、真っ赤な口紅が合わない」などの意見が飛び交い、酷評を受けました。
曲調から、このようなメイクや髪型にしているのでしょうが、あまりの酷評ぶりに、前田もショックを受けるのではないでしょうか。
パッツンはAKB時代からの髪型ですし、明らかに敵視した意見のように思えます。
前田は見た目の劣化もそうですが、やはり、女優業に行き詰っていることの方が重要のように思います。
前田は卒業後に小規模な映画に沢山でています。
監督は業界で評判の高い人のようですが、もともと国民的アイドルAKBのセンターを務めていた前田からしたら地味な映画なのかもしれません。
前田は、本格的に実力派の女優として認められたいという想いがあり、目指すは満島ひかりや二階堂ふみと言われていましたが、なかなか演技力がついてこないというのが現実だったようです。
そのため、最近では「エイトレンジャー2」という映画の出演を決めました。
この映画は、関ジャニが主演を務める映画で、第1作目は話題を集めました。
その第2弾となるアイドル主演の映画に前田は出演することで、実力派女優路線から、再びアイドル路線に売り方をシフトチェンジしたのではないかと言われています。
前田がAKBを卒業してから月日が経ちましたが、前田の女優としての活動は今後どうなってしまうのでしょうか。
このままだと、AKBを卒業予定の大島優子に女優として抜かされてしまうかもしれません。
ソロになってから、大島優子に女優としての成功を成し遂げられてしまっては、今の前田敦子の面目が立たないような気もします。
前田敦子は、容姿、そして、仕事量、仕事の質にも劣化が見られたようです。
AKB卒業後の前田は地味な女の子に戻ってしまったのでしょうか。
今後、またAKBで輝いていた時のような前田敦子が見られるよう、応援したいものです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。