小嶋陽菜の握手会対応が「テキトー」?

AKB48の恒例イベントの一つとなっている握手会ですが、そこでのアイドルの対応はファンにとってとても注目を集めるところです。
対応が良いと「神対応」と呼ばれ、対応が悪いと「塩対応」と評価されます。
AKBにはさまざまな個性を持ったアイドルが沢山いるため、アイドルによって対応が異なるところも魅力の一つとなっています。
必ずしも神対応が良い!というわけでもないようです。
「塩対応」であることが、特徴とされているアイドルのファンは、そのアイドルの塩対応が見たくて握手に参加することもあるようです。
そんな握手会での小嶋陽菜の対応が「塩対応」と言うよりは、「テキトー」なのだそうです。
いったいどんな対応を見せているのでしょうか。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

小嶋陽菜の握手会対応が「テキトー」?

AKB48グループは「会いに行けるアイドル」をコンセプトにしていて、その中でも握手会は、ファンにとってとても大切なイベントのひとつとなっているようです。
AKBの発足当時から握手会は開催されていて、現在では国民的アイドルとなったのですが、それでも握手会は続行されています。
どんなに忙しい人気のメンバーでも握手会には何か重要なことがない限り、参加します。
そんなファンが楽しみにしている握手会での、AKBメンバーの対応がやはり注目されます。
まず、握手会での対応が良く、ファンを楽しませてくれるとして、「握手会の女王」の名を欲しいままにしたのが、「柏木由紀」でした。
柏木は、現在ではAKB総選挙で必ず5本指には入るほどの人気を博していますが、握手会を通して着実にその人気を獲得していったと言われています。
AKBのメンバーにとって握手会は直接人気にも反映されるイベントなため、重要視されているようです。
柏木は「神対応」として有名となりましたが、一方で「塩対応」で有名になったメンバーもいます。
その代表として上がられるのが「島崎遥香」でしょう。
彼女は笑顔もあまり見せず、対応は適当なため「塩対応」と言われています。
しかし、島崎はじゃんけん大会で優勝しセンターを務めたり、最近では次世代エース候補として選抜入りをしていたりと、活躍が目立ちます。
そのため、島崎の塩対応は名物化し、バラエティ番組などでも特集を組まれるまでになりました。
それと比例し、島崎は握手会での対応が塩対応であるにも関わらず、AKB総選挙での順位がぐんと上がり、前回の第4回選抜総選挙では選抜入りを獲得しました。
握手会で、ファンが望んでいるアイドルの対応は必ずしも「神対応」ではないようです。
そのメンバーの個性が出ていると、ファンは喜ぶといった傾向にあるようです。
そこで、小嶋の握手会での対応を見てみましょう。
小嶋の握手会対応は、そちらかというと「塩対応」寄りのようです。
奇抜なコスプレをして小嶋の握手会に臨んだファンは、小嶋にこんなことを言われたようです。
「うわっきもーい!なんだよそれー!マジキモいんだけど!ありえないー、お前ーもう来んなー(笑)」
笑顔で笑いながらでありながらも、ファンに「お前」と言ってしまう小嶋にはびっくりです。
また、一つの握手会の中でも熱烈なファンは、何回も同じ列に並び直し、何回も握手をしに行くそうです。
それをAKBの間では「ループ」と呼ばれていますが、あるファンは3回ループしたようで、一回目は初めて来たようで、こんな会話をしています。
ファンが「初めてきました!」と言うと、小嶋は笑顔で「はじめまして!ありがと~」と言います。
そして、小嶋は昔ハロプロのアイドルが好きだったのですが、ファンが「ハロプロ以外で好きなアイドルはいますか?」と聞くと、小嶋は「うーん、今はいなーい」と応え、ファンが「じゃ、また後で来ます!」と言い、小嶋にバイバイとされ、去ります。
またファンは並び直し、2回目の時に、「さっきぶりです!」と言うと、小嶋はまた笑顔で「ありがとー」と答えます。
ファンの来ているジャージを見て、「それ、たかみなのダサいジャージ(笑)」と言うと、ファンが「ダサイの?」と聞き、小嶋が「うん、超ダサーい!(笑)」と答えます。
ファンはまた来ると言って去ります。
三回目、ファンが「さっきぶりです!」と話しかけ、小嶋が「ありがとー」と笑顔で応えると、ファンが「ハート型ウイルスのセリフ、言ってください!」と言うと、小嶋は「時間ある時にねー(笑)じゃあねー」と言って流します。
この三回の対応を見ての直接的な感想は、小嶋がファンに媚びていないということです。
小嶋はAKBのメンバーの中でもマイペースで知られていますが、握手会でもそのマイペースなところが出ているように思います。
つまり、小嶋はファンに対しても自然体なのかもしれません。
しかし、小嶋の神対応を期待して行ったファンからは「塩対応」と評価されてしまうこともあるようです。
あるファンは、このようにコメントしています。
「小嶋陽菜の塩対応にかなりむかつきました!昨日初めて握手会で小嶋陽菜に会ったのですが、その塩対応っぷりときたらもう…目は合わさない、にこりともしない、仏頂面、まともに話をしようとする気すらない…9枚チケットあったのですが、7枚は破り捨てました。」
このファンが行ったタイミングは悪かったのかもしれません。
しかし、ここまでファンを怒らせてしまうというのは、アイドルとして、握手会の場に立ったのであれば、もう少しアイドルのプロ根性を見せてほしいものです。

小嶋陽菜の対応は「テキトー」だというのは事実のようです。
小嶋は普段から天然キャラでマイペースなところがあるため、握手会では小嶋の素の姿が見れるようです。
「神対応」を期待して小嶋のレーンに並ぶと少し痛い目に会うかもしれません。
しかし、そんなところも小嶋の魅力となっているようなので、そのようなテキトーな対応も楽しんでみてはいかがでしょうか。
小嶋は近々卒業するとも噂されているため、小嶋が今後握手会に参加するのも数少ないかもしれません。
是非行ってみてはいかがでしょうか?
あの笑顔に癒されることは間違いないようです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。