柏木由紀の第4回、第5回選抜総選挙の順位で人気の安定を証明?

柏木由紀は第3回選抜総選挙で第3位という快挙を叩き出し、高い人気があることを世の中に証明しました。

柏木はそれまで自分ごときがAKBのことを考えるのはおこがましいと思っていたそうです。
しかし、第3位という順位をもらった柏木は自分もAKBのこれからのことを考えなければいけないのだということを思ったそうです。
柏木は自分に自信が持てるようになっていました。
AKB選抜総選挙とはアイドルにとっては残酷なイベントなのかもしれません。
しかし、柏木のように、自分の頑張りを認めてもらえたということを、順位という形になって証明されることによって自身になることもあるのです。
そんな柏木の第4回、第5回選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか?
第3回目でたたき出した第3位という順位はまぐれで終わってしまうのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

柏木由紀の第4回、第5回選抜総選挙の順位で人気の安定を証明?

柏木由紀は第3回選抜総選挙で第3位という快挙を成し遂げ、今まで自信がなかった自分に対して、少し自信が持てるようになったようです。
そんな柏木は第4回選抜総選挙で1位を獲得し、センターを取りたいと宣言しました。
「ファンの人が望んでくださるのなら、去年よりも上位を狙いたい。」
この発言には、今まで不動のセンターを務めてきた前田敦子の卒業がありました。
前田敦子が卒業することを宣言したことにより、前田は第4回選抜総選挙を辞退することを発表したのです。
AKB選抜総選挙と言えば、前田敦子と大島優子のセンター争いがいつも注目されていました。
しかし、今回前田が辞退するということで、大島の繰り上がり1位も怪しいと言われていたのです。
それは、今まで前田に投票していたファンの「前田票」がどこに流れるのかということでした。
今まで獲得していた前田の票が平等に散らばれば大島優子が1位を獲ると思われますが、そうではなくどこか1点集中でどこかのメンバーに流れた場合はいきなりそのメンバーが1位になることも考えられたのです。
そのため、今回の選抜総選挙は今までとは違う緊張感がありました。
「どうなるか分からない」という思いはどのメンバーも同じだったようです。
しかし、今まで前田敦子という大きな壁があったものが、今回はなくなったことで、他のメンバーにもチャンスが巡ってきたことにもなるのです。
そのため、柏木由紀も、「ファンの方が望むなら」と前置きしながらも、事実上、センターを狙うことを宣言したのです。
そんな中、第4回選抜総選挙が開催されました。
気になる柏木の順位は第3位となりました。
前回は大きく順位で差をつけて渡辺麻友より上位に立ちましたが、今回は渡辺麻友が2位となり、意地を見せました。
そして、大方の予想通り第1位は大島優子となりました。
やはり、大島優子の壁は厚かったようです。
柏木はこの順位を受けて、このようにスピーチしています。
「順位はひとつでも上げたいなと思っていたけど、去年と同じ、私にとってとても大事な3位という数字で嬉しいです。
こんなに応援してくれるファンがいることは、アイドル人生において誇れることだと思っています。
小さい頃からアイドルが好きでした。AKB48に入って、アイドルになれてよかったと思っています。」
声を振り絞り、応援してくれたファンに対して感謝を述べました。
柏木は速報で2位だったため、もしかしたら1位を獲得できるかもしれないと言われていたため、悔しい気持ちもあったようです。
この第4回選抜総選挙で注目されたのは、「指原莉乃」の存在でした。
指原はバラエティ番組などで活躍を見せ、ヘタレと呼ばれながらも懸命に頑張る姿がファンの心をとらえ、第4位という快挙を見せていました。
この彼女が次の総選挙でシンデレラガールになるとは誰も予想していませんでした。

そして、2013年の第5回選抜総選挙が開催されることとなりました。
柏木は前回の総選挙後にソロデビューを飾るなどして、今までにない柏木由紀の魅力を見せてきました。
そんな彼女の順位が気にされました。
第5回選抜総選挙の柏木由紀の順位は第4位となりました。
第1位、指原莉乃、第2位、大島優子、第3位、渡辺麻友に続く、4位でした。
柏木はこの順位を受けて、このようにスピーチしてます。
「ファンのみなさんに、“恩返しのつもりで票を入れています”と声をかけていただき、私のほうがみなさんに支えられているなと改めて実感しました。
私ごとではありますが、みなさんにお子さんができた時に、“昔、柏木由紀という人がいてね”と言ってもらいたいという夢があります。
恵まれている環境を日々実感しながら、みなさんの思い以上に頑張っていきたいと思います。」
柏木は今回の結果に悔しい気持ちを抱えながらも、自分の道をしっかり歩んでいくことを宣言しました。
そして、この第5回選抜総選挙で話題をさらったのは他でもない「指原莉乃」でした。
あの大島優子を破って第1位を獲得したのです。
また2014年に入り、第6回選抜総選挙が予定されています。
柏木由紀は果たして何位に入ってくるのでしょか?
楽しみです。
柏木由紀は、第4回、第5回選抜総選挙で第3位、第4位という順位を獲得し、柏木人気は不動のものだということを証明しました。
第3回選抜総選挙で見せた第3位という快挙はまぐれではなかったのです。
今後、柏木はどこまで順位を伸ばせるのか、注目されています。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。