柏木由紀の第1回AKB選抜総選挙の順位は?

柏木由紀は現在、AKBのメンバーの中でも片手で数えられるくらいの人気を博すようになっています。

しかし、デビュー当時の柏木の印象は薄いように思われます。
SKE48の松井珠理奈はデビュー前から秋元康に存在を認められ、AKBのシングルのセンターに大抜擢されるなどの華々しいデビューをしています。
一方、柏木は地道な努力でコツコツと人気を集めていったようです。
そんな柏木由紀の第1回選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか?
第1回選抜総選挙の前に柏木にとって大きな転機があったようで、それが人気急上昇するきっかけとなったようです。
いったい何があったのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

柏木由紀の第1回AKB選抜総選挙の順位は?

現在ではAKBの恒例行事となったAKB選抜総選挙ですが、第1回目の柏木の印象はありません。
ですが、柏木はしっかり参加していました。
しかし、現実、第1回選抜総選挙で注目されたのは、それまで秋元の指示でセンターを務めていた前田敦子が、ファンからの投票でも1位を獲得するのか?ということでした。
また、アイドルに順位をつけるという手法はこれまでなかったため、このような前代未聞のイベントに人々は興味を持ったのです。
そのため、誰が実際にファンから支持されているのか、という結果が残酷にもはっきり順位が付けられたのです。
柏木はAKBの加入してからというもの、すごく目立つ方ではありませんでした。
選抜には入るものの、後ろの方で踊っている印象が強かったのです。
「選抜に入れてうれしかったけど、曲の立ち位置は一番後ろの端っこ。ここから少しずつ前に行けたらいいなって思ってました。」
このように柏木は当時のことを振り返っています。
例え、目立たなくて一番後ろで踊っていたとしても、前に行きたい!という情熱は忘れていなかったのです。
そして、「10年桜」で柏木は初のメディア選抜入りを果たします。
このうれしさをこのように柏木はコメントしています。
「自分の出来ることは一生懸命頑張ってきたので、それが報われてすごく嬉しかった。」
この時期はまだ秋元が選抜メンバーを選んでいました。
秋元が選ぶ選抜メンバーの条件は、今旬で輝いているメンバーだったようで、柏木は秋元からその努力を認められて、感無量だったようです。
そして、同じ月に柏木は所属事務所をワタナベエンターテイメントに移籍することを発表しました。
これは、のちに柏木にとって大きな転機となります。
「メンバーが芸能事務所に所属するようになっていきました。私はファンの人に、どうしたの?置いて行かれたの?って言われて、少し不安もあったけど、順番が回ってきたらいいな、くらいの感じだった。
そして春から事務所に所属することになり、劇的に私の人生が変わりました。」
事務所の力というのは、芸能人にとってとても重要な鍵となるものです。
日本レコード大賞の大賞を獲得するのも、昔は事務所の力がほとんどを占めていたと言われています。
事務所に所属しないと、仕事がない、というのが厳しいようですが、現実なのです。
いくら人気が高かったアイドルだとしても、事務所を解雇された瞬間全く仕事がなくなったというケースは沢山あるのです。
柏木由紀の場合は、芸能事務所に所属したことにより、「ひるおび!」のお天気コーナーでお天気キャスターを務めることが決まりました。
初の番組レギュラーとなったことで、柏木自身、自信がついたと共に、今までAKBアイドルに興味のなかった人たちの目に触れることで、柏木は確実にファンを増やしていったのです。
そして、2009年、AKB選抜総選挙が初めて開催されることが発表されました。
AKBのメンバーたちは動揺を隠せなかったようですが、決まったことは実行するのが秋元流なため、アイドルにとっては過酷なAKB総選挙が開催されました。
ここで、柏木由紀の順位はトップ10入りの第9位にランクインしました。
この結果を受けて、柏木は号泣し、言葉を詰まらせながら、このようにスピーチしています。
「このように選抜に入れると思ってなかったので、とても嬉しいです。
私は本当にファンのみなさんに支えられてるって毎日思うし、これからもっともっと毎日一生けん命全力で頑張りたいと思います。ありがとうございます。」
柏木は今回の結果にうれしさを隠せなかったようです。
この結果にスタッフも、「最初は目立つような子ではありませんでした。でもステージに立てて嬉しいという気持ちが伝わるパフォーマンスと、楽しいリアクションで人気が大幅にアップ。
親しみやすく、ファン思いのアイドルです。」と語っています。
柏木は、コツコツとファンを増やしていったことが分かります。
そうして、柏木は第1回選抜総選挙を第9位という素晴らしい順位で終えることが出来ました。
柏木由紀の選抜総選挙の結果は第9位という高い順位でした。
そのきっかけとなったのが、芸能事務所への移籍があったようです。
やはり、仕事が増えることにより、人の目に多く触れる機会をもらえ、そのチャンスをしっかり柏木は自分のものにしたようです。
伸びしろのある第9位という順位に柏木の今後を期待するファンも多かったようです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。