柏木由紀はAKBのメンバーの中で最も私服がダサい?

柏木由紀はAKBの中で握手会の女王としてその名を広めました。

しかし、もう一つ柏木には有名な肩書きがありました。
それは、「AKBのメンバーで最も私服がダサい」ということでした。
AKBグループはみんなお揃いのキラキラして可愛らしい衣装を身に着けているため、なかなか私服を拝見する機会はないものです。
しかし、柏木の私服がダサいと噂されたのは、ブログの写真や、とあるバラエティ番組に出演した際に発覚しました。
柏木は本当に私服がダサいのでしょうか?
また、柏木は私服がダサいということだけではなく、ある時計を身に着けていたことで話題を呼びました。
いったいどういうことなのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

柏木由紀はAKBのメンバーの中で最も私服がダサい?

私服というのはその人のセンスが最も出やすいものです。
そのため、私服がダサいと少しマイナスイメージにもなってしまいがちです。
AKBのメンバーの中で私服がダサいと認定されているメンバーは複数います。
その中で、高橋みなみは私服がダサいことで有名です。
「ダサい」と一言で定義していいのか不明ですが、とにかく奇抜なファッションで、他の人とは違うセンスをしています。
色使いがとても派手で、組み合わせも変わっています。
上下お揃いのジャージに、なぜかフェミニンなショルダーバックを身に着けたりというファッションをします。
ジャージが好きらしく、奇抜な色使いのものをいつも身に着けていることから、「ヤンキーファッション」とも言われてます。
AKBという国民的アイドルらしからぬ服装であることで、注目を集めています。
また、AKBで私服がダサいと言われているのは、高橋みなみだけではありませんでした。
最もAKBのメンバーの中で私服がダサいと言われているのが、なんと、「柏木由紀」だったのです。
ある握手会でのイベントで、「私服がダサいのは?」「雨女は?」というアンケートで、柏木はどちらも女王に輝きました。
これに対して、柏木はこのようにコメントしています。
「はいはい、出ました出ました嬉しくないパターン!!!!見事に集中攻撃…撃沈↓↓↓」
やはり、私服がダサいという事と、雨女で二冠に輝いてもうれしくなかったようです。
また、AKBのメンバーでバラエティ番組に出演した際に、柏木は「AKB48の中で、ファッションセンスがまったくない」認定されてしまいます。
しかも、そのように認定したのが、元高島屋の主任デザイナーで現ファッションデザイナーの矢島タケシでした。
ファッションのプロに「私服がダサい」と言われてしまっては成すすべがありません。
柏木は、「最近はみんなとお揃いの服を着ています。」「ファッション雑誌も一か月に三冊くらい買ってます」と反論するも、矢島は「私服センス0点」と採点しました。
私服センス0点と評価された柏木の私服は、だぼっとした白いセーターを細いベルトでウエストマークして、花柄のミニスカートとキャメルのブーツを合わせていました。
本人は「ゆるふわ系ファッション」と題しましたが、矢島はこれを、「昭和のファッションよ」「スカートの柄、カエルの卵か何か?」「セーターやスカートの丈、色の組み合わせ、とにかくなにもかもダメ」と、散々な酷評を浴びてしまいます。
ファッションのプロからは、散々な評価でしたが、男性ファンからは、「そんなことない」と言う声が上がっていました。
ダサいファッションの女性は男性から見ると、「天然系」「ちょうどいい感じに男を安心させてくれる」など、守ってあげたいという対象に映るようです。
男性は、完璧すぎる女性よりも、少し欠点があったほうが、自分が優位に立てるため、心地いいのかもしれません。
柏木由紀の女性ファンが少なく、男性ファンが多いことは、こういった要因が原因にあるのかもしれません。
柏木はファッションデザイナーの矢島にこんなアドバイスをもらっていました。
「三首見せるといい。」
この三首というのは、「首」「手首」「足首」のことらしく、この三点を露出したファッションをすることで、ファッションセンスがぐっと上がって見えるのだそうです。
そして、しばらくして、また同じバラエティ番組でAKBの私服が披露されたところ、その「三首見せる」というアドバイスをしっかり守っていた柏木はおブスファッションから卒業していました。
柏木のファッションセンスが良くなったことで、番組中ではとても褒め称えられていました。
しかし、少し残念がっていたのは、柏木の男性ファンだったようです。
「前のダサいゆきりんの方がよかった」という声が上がっていたのです。
やはり、ダサいゆきりんが男性ファンにとっては魅力的に映っていたのかもしれません。
また、ブログで、柏木の誕生日にケーキを用意され、それを見て両手で口を押え、驚いている柏木の写真がアップされていました。
その微笑ましい光景に、きらりと光っていたのは、柏木の手首に着けられていた腕時計でした。
その腕時計はシャネルのもので、推定100万はくだらないとされている代物でした。
清楚なイメージの柏木がシャネルの100万もする腕時計をしていたことに、柏木のファンは少し残念な気持ちになったようです。
また、アンチ柏木は「生意気」などと酷評していました。
柏木は、ファッションがダサいということで注目されていましたが、それがある意味魅力の一つでもあったのです。
一般的には柏木のファッションが良くなることはいいことなのですが、AKBの中にいる時はダサい私服の方が受けが良いようです。
本人的には複雑な心境だと思われますが、柏木ファンも、柏木の私服が良くなっていく成長を暖かく見守ってあげてほしいものです。
柏木の私服がダサいというのは本当でした。
ファッションのプロからダサいとお墨付きが出るくらいなので、相当なものだったようです。
しかし、本人もファッションの勉強をしたり、アドバイスを取り入れたりと、最近では改善しているようです。
年齢に応じてまたこれからもファッションが変わってくると思われます。

実は以前からメンバーには私服やジャージもダサいと言われていたようです。篠田麻里子から「今日の服カーテンみたいだね」、板野友美から「前髪が海苔みたい」、渡辺麻友から「ゴミ箱から拾ってきたような布きれを羽織っていました」と言われたり、他のメンバーからも「服の組み合わせができない」「同じジャージを着せても着方がダサい」など言われ放題のようです。柏木由紀自身もブログで「私は私服とジャージの地味さは、人より秀でているんです」と言っています。

そんな中、「なるほど!ハイスクール」という番組で「AKB48の中でファッションセンスが全くない」というメンバーに選ばれてしまいました。2011年5月に行われた「全国握手会イベント」で「もっとも私服がダサそうなメンバー」として全員一致で名前が挙がった経緯もあるそうです。番組の時は元高島屋の主任デザイナーで現ファッションデザイナーという矢島タケシが「AKB48の中で、ファッションセンスが全くない」というメンバーとして柏木由紀の名前を挙げました。またもやダサいと言われてしまったそうです。
そしてこの日彼女は「お気に入りのベージュのジャケットを(篠田)麻里子様に『ダサい』と言われたので着れない
と言っていましたが「最近はみんなと同じ服を着ています」「ファッション雑誌を1ヶ月に3冊ぐらい買っています」とセンスアップのために努力をしていることをアピールしていました。
ちなみに「私服センス0点」と採点されたその日の柏木由紀の格好は、ダボッとした白いニットを細いベルトでウエストマークし、花柄のミニスカートとキャメルのブーツを合わせたという、いわゆる「ゆるふわ系」のファッションでした。矢島をはじめ出演者から「これ、昭和のファッションよ」「スカートの柄、カエルの卵かなにか?」「ニットやスカートの丈、色の組み合わせ、とにかく何もかもダメ」と散々なダメだしのオンパレードでした。
モデルとして活躍する以前のメンバーだった板野友美や篠田麻里子たちと比べると、柏木由紀の私服のおしゃれ度はかなり低いと言わざるを得ません。「もう少しベルトに太さがあったらいいのに」とか「いや、この厚手のニットにそもそもベルトを合わせるのに無理がある」とか「こんな格好するならポニーテールするなど首周りをすっきりさせた方がよかった」など残念な点を上げればきりがない、という散々な結果でした。

しかし、そんな柏木由紀のファッションセンスが「あり!」という男性がけっこういるようです。彼女の清楚な顔立ちと、このダサいコーディネートが神ワザ的にマッチしていて、妙に心の奥底をくすぐられてしまうようです。板野友美や篠田麻里子のように完璧なおしゃれガールとなれば「高嶺の花」な感じですし、森ガール過ぎるとなんだか「天然系」をアピールされていそうで面倒くさいものだといいます。しかしその中にあっての柏木由紀は「ちょうどいい感じに男を安心させてくれる」万馬券的中のようなダサさのようです。負け美女評論家で「負け美女〜ルックスが仇になる」の著者・犬山紙子氏も語っているように「女性が真性でモテる」には実はこの「ダサさ」が鍵となるようです。女性がモテるためには、センスを磨くよりも「男性が『上から目線』で見ることができ、素材が柔らかくて触りたくなるものが良いので、基本的にはダサい服でOK」とのことです。この見立てによると、柏木由紀レベルのダサさは、かなりモテ度が高いことになります。確かに特に自信のない男性ほど、このダサさは安心を覚えるでしょうし、癒されもするでしょう。そして征服欲さえも満たしてくれそうですね。

私服だけでなくジャージもダサいと言われる柏木由紀ですが、中学2年生の時からずっと同じジャージを着ていたそうで篠田麻里子に「毛玉だらけ」と言われたり、前田敦子に「メンバーはジャージでもおしゃれをしたり、その日によって変えたりするが、彼女はずっと同じジャージ」と指摘されているようです。またレッスン用の靴を数年同じ物を履き続け、パカパカになっても4回も縫って修理していて、それを見兼ねた大島優子が19歳の誕生日にとプレゼントしたというエピソードもあるようです。大島優子は「靴がボロボロで、オーディション当時から履き続けている物持ちがいい?貧乏性??の人にプレゼントすることにしました」とその時に話していたそうです。しかし柏木由紀は、履きやすいから、という理由で古い方も履き、両方使い分けていたそうです。マイペースな柏木由紀らしいですね。

どうやら私服がダサいというのはメンバーだけでなく、多くの人に言われているようなので本当みたいですね。そのためファッション雑誌を読んだり、スタイリストから話を聞いたり、と彼女なりに努力していると以前のブログで書いていました。しかしそんな少々ダサいところに惹かれているファンも多いようなのでおしゃれになってしまうと少しもったいない気もします。今のままの彼女が一番いいのではないかと感じました。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。