柏木由紀がNMB48へ移籍?

柏木由紀は第3期生オーディションの時に合格し、AKBのメンバーとなります。

柏木はAKBに入ってから、これまでずっと第3期生で結成されたAKBのチームBのメンバーとして活動をしてきました。
チームBと言えば、渡辺麻友、柏木由紀が有名ですが、渡辺麻友は途中でチームAに移籍するなど行ったり来たりをしました。
そのため、チームBを貫き通した柏木はチームBを誇りにさえ思うようになっていました。
しかし、先日の「AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~」で、NMB48のチームNとの兼任が発表されました。
その時の柏木の反応はどうだったのでしょうか?
また、周囲のメンバーはこの兼任についてどう思っているのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

柏木由紀がNMB48へ移籍?

柏木由紀はAKBの妹分チームとしてのチームBでデビューしてからずっと活動してきました。
そのため、柏木はチームBの顔となっていました。
これまでにAKBグループはさまざまな大組閣祭りを開催してきました。
宮澤佐江の上海グループへの移籍や、高城亜樹のジャカルタグループへの移籍は大きな驚きとドラマを生みました。
そんなさまざまなドラマを生んできた大組閣祭りが先日も行われました。
「AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~」での組閣発表で一番の目玉となったのは、公式ライバルの乃木坂とSKE48の交換留学でした。
ニュースでも大きく取り上げられたのは、松井玲奈と生駒里奈の交換留学でしたが、柏木由紀のファンはそれと同じくらい、動揺をしていたようです。
これまでチームBで貫いてきた柏木がついに兼任を任されたのです。
しかも、地方グループであるNMB48との兼任でした。
鹿児島県生まれで、鹿児島育ちの柏木が大阪のグループ、NMB48にいるのはなんだか違和感を感じるといった意見もありました。
また、NMB48のファンの中には、柏木の移籍に対して、「柏木由紀のカラーはNMB48に合わない」と思っている人もいるようです。
このファンが言う「柏木由紀カラー」とは可愛らしくて、まさにアイドルらしいカラーといった意味合いだったようです。
NMB48にはあまり柏木のようなTHEアイドルと言ったメンバーがいないため、合わないと思ったようです。
しかし、柏木の兼任先であるチームNのキャプテンを務めるNMBのセンターである山本彩はこのようにコメントしています。
「NMB48内での入れ替わりもあって、面白そうというのが正直な感想。いいカラーが出たらいいな。
NMBはかわいさが足りないので、そういうところを柏木さんから盗んでいきたい」
ファンの意見とは裏腹に、山本彩は大歓迎をしていました。
NMBには可愛らしさがない分、柏木を投入し、足りない部分を補てんしようという運営側の狙いがあったのでしょうか。
また、兼任が発表されると、柏木は驚きを隠せない表情を浮かべ、このように発言しました。
「私、最年長…?頑張ります!」と肩をすぼめながら、意気込んでいました。
NMBはまだまだ平均年齢が若い、若手のチームなため、柏木は現在若干22歳ですが、最年長となりました。
これまで妹分チームのチームBとして、先輩メンバーの背中を追いかけるような形で頑張ってきた柏木にとって、グループで最年長になるというのは新しい環境でした。
柏木はこれからのAKBのためにも、引っ張っていく存在になっていかなくてはなりません。
柏木の中に眠っていたリーダーシップ性を引き出すという目的も、この組閣にはあったのではないでしょうか。
また、組閣の後、ネット上で、柏木はこんなコメントを残しています。
「NMB48の兼任、とても驚きました。
NMB48が作り上げてきたもの。コンサートなどで見ていて、実はうらやましいな、すごいな、と思っていました。
そんなグループの中にいれていただけること、不安も感じていますが、とても光栄なことだと思っています。
“兼任してよかったね”と言ってもらえるように努力していきます!」
そんな柏木が、組閣発表から月日経ち、NMB48としてさいたまアリーナで初公演を迎えました。
そこで、柏木はこのようなコメントを残しています。
「新チームN、最年長。おばちゃんって言わないでください(笑)柏木由紀です。」
このように自己紹介し、曲の途中で衣装を脱ぐ過激さがウリの「ジッパー」という曲で、ビキニ姿へ生着替えをし、会場は大歓声でした。
大阪のファンのハートを柏木はがっちり早くもつかんだようです。
一番年齢が年上ということで、恐縮しつつも、大人のセクシーさをしっかりと見せてくるとは、さすが総選挙で第3位を獲得する実力の持ち主です。
そして、NMB48として参加した握手会でファンから、「NMBのメンバーをよろしく」と頼まれたそうで、「私のファンだと思ったらNMBのファンでした」とコメントし、観客を笑わせるポテンシャルの高さも見せました。
柏木由紀は時々、自虐ネタを持ち味として披露しますが、この時もこのようにコメントしています。
「雨女、料理できない、行動が遅い、ゆきりんって呼んでほしい。
あと、何を言われても怒らないから、いっぱい言ってください」
NMB48へ兼任となった柏木は早く大阪のファンとの距離を縮めたいと思っている様子がこのコメントから伺うことが出来ました。
柏木由紀は初めての兼任を任され、不安もあったようですが、生き生きと新しいグループに入って活動していくことを楽しんでいるようにも見えました。
そんなポテンシャルの高さを見せる柏木はNMBへの兼任によってアイドルとしてたくさんの成長を見せてくれることでしょう。
これからの柏木に注目です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。