高橋みなみの苦労とは?激太りと激痩せ?

高橋みなみは第1期生としてAKBに入り、その高い人気とリーダー性が芽を出し始めました。

高橋みなみは総監督として、現在、AKB48グループを引っ張っていく存在となっていますが、色々と苦労もあるようです。
総監督だからこそ、抱えなければいけない苦労とはなんなのでしょうか?
また、その心労からなのか、高橋みなみの体系に変化が見られるそうです。
体重の増減が激しいのではないかという噂がネット上で流れました。
高橋のファンは大変心配しているようですが、一体どういうことなのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

高橋みなみの苦労とは?

高橋みなみはAKB48がデビューした当時から第1期生として活躍をしてきました。
デビュー当時の苦労話を高橋は語っています。
当時、AKB48は注目を集めていました。
その理由は秋元康がおニャン子以来のプロデュースということでした。
おニャン子は当時全国で大ブレイクを果たし、沢山のファンが惜しむ中、短い活動期間で解散をしています。
元おニャン子で今も活躍しているメンバーには、工藤静香、国生さゆり、渡辺満里奈などそうそうたるメンバーがいます。
そのことから秋元康のプロデュースするアイドルグループがデビューするということで、正式なデビュー前のお披露目の時は沢山の報道陣が来て、沢山のフラッシュを浴びました。
しかし、本当のデビュー初日はお客さんが7人しか来なかったそうです。
現実を見た高橋は相当なショックを受けたそうです。
アンコールの掛け声もマネージャーがかけるなど、今のAKB48からは想像もつかないような散々な初日だったそうです。
しかし、そこから、チラシを配ったり、自身たちでお客さんを集めるために試行錯誤し、活動していたのが実を結び、徐々にお客さんが増えていきます。
そんな中、ファンレターが届いた時は嬉しかったそうです。
そのファンレターは当時AKBで活躍していた大島麻衣と高橋宛てに送られてきて、それをメンバー全員で顔を寄せて見ては、よかったね!と励ましあったそうで、その時のうれしさといったら表現できないと語っています。
そんな苦労もあった中、今は総監督としてグループをまとめる役を担っているわけですが、「総監督」の育成を試みていることも明かしました。
次世代エースは次々と出てくるけれども、総監督の候補はいない。
高橋自身、総監督の育成をしていく中で思ったことは、「総監督は自分でやめにしよう」ということでした。
その理由はアイドルとして人気を獲得していく中で総監督という肩書きは必要ないということでした。
やはり、高橋のような人材を育成するのはなかなか難しいようで、そんな中で高橋は色々と苦労してきたようです。
また、AKBグループでなにかトラブルがあると、総監督である高橋が標的になってしまうのだと言います。
AKBになにか問題が起こると、だいたい秋元康か、高橋が標的になりますが、ファンはやはり握手会で直接会って話せる高橋にクレームを言ってくるそうです。
「あの件はどうなってるんだ!」
そんな声に、本当に辛くなってしまうそうです。
でも、そんなクレームを受けながらも、高橋は、そのクレームもAKB48のことを愛してくれているからこそ、言ってきてくれるのだと感謝の気持ちを言葉にしています。
クレームさえも受け入れられるだけの器を持っている高橋だからこそ、総監督が務まるのでしょう。
高橋はデビューしてから現在までAKB48として華々しい活躍をしている裏でさまざまな苦労もあったのでしょう。
そんな高橋がいれば、今後のAKBも大きく飛躍すること間違いないと思われます。

激太りと激痩せ?

アイドルたるもの、体系を維持するのは大事な仕事のひとつだと言えます。
しかし、多大なるストレスを背負うことも多い彼女たちは体系を維持することは容易ではないようです。
モーニング娘の吉沢ひとみや、安倍なつみ、辻希美、加護亜依は太ったことで知られていますし、現在も活躍している道重さゆみは激やせしたことで心配の声が上がっています。
そして、高橋みなみも体系の維持に苦労をしているようです。
過去に、高橋は太ったことで、森三中の黒沢に似ていると言われたことがあります。
そして、その話題は自虐ネタとしてしばらく浸透していましたが、現在では逆に激やせしたことで、話題になっています。
総監督として責任を担ってきた高橋が心労から、うつ病になり、激ヤセしたのではないかという噂が立っています。
たしかに、ブログなのでアップされている写真を見ると、高橋の脚は細く痩せていて、頬もこけているように見えます。
ネット上では骸骨みたいだという書き込みもされるほどです。
国民的アイドルで、しかも高橋は中心となって活動をしてきていますから、食事をまともに摂る時間がない日が続いてしまったとか、睡眠時間があまりない日が続いたなどの要因も考えられますが、実際はどうなのでしょうか。
TVの中で見る限りはいつもの元気な高橋と変わりないように見えますが、ファンは心配しているようです。
太っていても、痩せていても、どちらにせよ、生き生きとした高橋の姿がこれからも見られることを願います。
AKBの総監督である高橋は多大なる苦労をこれまでに何度も経験してきているようです。
しかし、その苦労や経験を今いる沢山の後輩たちに教えていき、教育していくことで、AKBはさらに成長することができることでしょう。
今後の高橋みなみとAKBの飛躍に期待します。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。