大島優子はおいしいところを持って行き過ぎて批判を受ける?

大島優子は明るいキャラクターと誰にも負けない存在感で、AKBの顔になるまでにアイドルとして成功を収めました。

人気のある大島優子ですが、それがゆえに、番組のおいしいところを持って行き過ぎて、番組側から批判を受けてしまうことがあったようです。
まずは紅白歌合戦でAKBの卒業宣言をしたことに、各界から批判を受けています。
また、出演した特別ドラマの「ブラックジャック」でも手塚治虫の長女から批判を受けています。
いったいどういうことなのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

大島優子はおいしいところを持って行き過ぎて批判を受ける?

大島優子はずっとAKB48として活動をしてきて、前田敦子とセンターポジション争いが出来るほどまでに人気を集めるようになってきました。
大島はいつも2番目の役割で、一番になることに執着心を持っていたようです。
そのため、センターへの想いを他のメンバーとはまた違ったものがあったようです。
前田敦子は最初からセンターに選ばれるような天性の不思議な魅力がありましたが、大島優子は他の人よりも努力をしなければ1番にはなれないという経験をこれまでに沢山してきました。
そのため、誰よりも前へ出て自分の個性を出していくようなことが習慣としてあったのかもしれません。
そのような大島のAKBにいたことによるクセのようなものが、AKBから一歩出てみると、反感をかってしまうようなことがしばしばあったようです。
大島優子が番組のおいしいところを持って行き過ぎて反感をかってしまったエピソードで有名なのが、紅白歌合戦でのAKB48卒業宣言でした。
紅白歌合戦といえば、大晦日には家族みんなで見る歌番組として有名です。
紅白歌合戦に出場するということは、歌手にとってとても名誉なことでもあります。
そんな国民的番組のステージで私的な発言をしたということでネット上で問題になりました。
NHKサイドは事前にそのような発表をすることを聞いていなかったらしく、困惑していたそうです。
それもそのはずです。
その回の紅白歌合戦は、いつも白組の大トリを務めていたサブちゃんこと北島三郎が最後の出演だったのです。
そのため、NHKサイドは北島三郎をメインとした紅白歌合戦にしたかったようです。
これまで紅白歌合戦を盛り上げ続けてきてもらった大御所の北島三郎に敬意を表したかったようです。
しかし、大島優子が紅白の場で卒業宣言をいきなりしたことで、その印象の方が大きく残ってしまい、北島三郎の存在が薄れてしまったのです。
実際に次の日の新聞の一面には、北島三郎ではなく、「大島優子AKB48卒業」の文字が踊ったのです。
大島が紅白で卒業宣言したのには理由があったようです。
AKB48にとって紅白に出場するというのは一つの夢でした。
それが今では当然のように叶っているのですが、最初に紅白に出場できた時は、世の中に認められたという嬉しい気持ちに満ち溢れたと言います。
そんなAKBにとって大きな存在である紅白歌合戦の場で大島は卒業宣言をしたかったようです。
しかし、ここまで周りに大きな影響を与え、それにより批判されるとは思いもしなかったのでしょうか。
それだけ大島優子という存在は世間から注目を浴びているという証でもあります。
ですが、今回のことで、大島は北島サイド、NHKサイドを敵に回してしまったようです。
また、もうひとつの大島のおいしいところを持って行き過ぎてしまうエピソードがありました。
それは、先日出演した「神様のベレー帽~手塚治虫のブラックジャック創作秘話~」でのことでした。
このドラマで手塚治虫役に草彅剛が出演し、大島はその新米編集者の役を演じました。
主人公の手塚治虫と彼の新作「ブラックジャック」を掲載するマンガ雑誌・週刊少年チャンピョンの編集部とのエピソードを描いたドラマでした。
現代の編集部に勤める新米編集部役の大島優子が手塚治虫をほとんど知らないことから不思議な力によってタイムスリップしてしまい、手塚治虫の担当になるという話でした。
なかなか原稿を仕上げない手塚治虫に振り回されながらも、やがて真の手塚治虫を理解していくというものなのですが、このストーリーに関して、手塚治虫の長女である手塚るみ子が物申したのです。
「大島優子をfeatすればするほど手塚治虫も編集長もインパクトが無くなり存在感がボケるなぁ…」
大島優子の劇中の存在感が大きすぎるため、本来、手塚るみ子が思い描いていたようなドラマに仕上がっていなかったようです。
手塚治虫を中心としたストーリーにしてほしかったものの、どうしても大島優子の方が目立ってしまったため、不満を抱いたようです。
これは、大島優子の高い演技力と、何より彼女の人気をそうさせてしまったのでしょう。
主役をも食ってしまうとは、さすが天下のAKB大島優子です。
大島優子がおいしいところを持って行き過ぎて批判を受けているのは事実だったようです。
これは、ただの嫉妬やねたみだという問題で片づけてはいけないような気がします。
彼女は今後ソロでやっていくわけですから、周囲との調和を考えるというのは、これからのソロでの成功に必要不可欠な要素となります。
AKBでは前へ前へ出て自分のカラーを見せていかなければならなかった大島も、今後はそのやり方は通用しないようです。
これからの成功のためにも、空気を読み、自分の役割を的確に判断し、調和のとれた仕事が出来るようになってくれることをいちファンとして節に願います。
今後の大島優子を応援しましょう。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。