大島優子がドラマの劇中に歌と踊りを鍛えられる?大島と有吉のMCタッグ?

大島優子はAKB48のエースとしてアイドルの活動をしてきました。

AKBのメンバーの中でも、「THE エンターテイナー」と呼ばれるほどのステージパフォーマンスとポテンシャルの高さで一目置かれています。
そんな大島の才能は、アイドルとしての活動だけに留まりませんでした。
大島優子は、女優としてドラマに出演したり、バラエティにMCとして起用されるようになりました。
アイドルとしてはトップクラスのパフォーマンスを見せてくれる大島ですが、他の分野ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

大島優子がドラマの劇中に歌と踊りを鍛えられる?

大島優子は現在ではアイドルとして知られていますが、実は幼少期から子役として女優活動をしていました。
そんな大島はAKBに在籍しながら、ドラマに出演し、女優業をこなしていました。
その中でも、フジテレビ系のドラマ「カエルの王女さま」は話題を呼びました。
子役時代に女優の仕事をしていたと言っても、大島が起用されていたのは、再現ドラマや、主役の幼少期の役など、あまり目立たない役が多かったのです。
しかし、今回の「カエルの王女さま」では主要キャストの中のひとりに選ばれ、非常に重要な役をもらうことができました。
大島の演じた役は内向的な大学生の野々村まひるという女性でした。
この野々村まひるが大きなステージに立って歌って踊れるようになる成長を見事に演じています。
本来の大島は活発で元気なキャラクターなので、それとは正反対の役柄だったのですが、さすが、プロの女優魂を大島は見せてくれました。
大島は、このドラマにかける想いをこのように語っています。
「歌のレッスンなどが、すごく勉強になっている中で、ビシバシ鍛えてもらい、とびぬけた歌のうまさになりたいと思います。
そして、チームワークっていいなと感じています。」
普段からAKBとして活動しているため、歌とダンスのレッスンは常にしている大島ですが、それでも、ドラマづくりの上で重要な歌のレッスンは特に一生懸命に取り組んでいるようです。
すでに優れたレベルを持っている大島ですが、それでも努力を欠かさないのは大島ならではの良いところではないでしょうか。
また、このドラマに関わることで学んだ技術やチームワークなどをAKBに生かしたいと思っているようです。
このドラマの主役は天海祐希で、他に片瀬那奈、福原美穂、石田ゆり子など、そうそうたるメンバーが揃いました。
その中でも、宝塚のトップスターだった天海祐希の歌や踊りは大島にとってかなりの刺激になったようで、宝塚ファンで知られる渡辺麻友とのエピソードを語っていました。
「メンバーの渡辺麻友ちゃんが宝塚大好きで、『天海さんが目の前で歌って踊っているんだよ、いいでしょう』と自慢したら、天海さんってどんな人なの?と食いついてきました。
私たちも歌って踊って、元気や勇気をお届けできればと思います。
自分たちもパフォーマンスをしながらパワーが増していけるように思います。」
渡辺麻友は大島をうらやましく思ったようです。
また、大島はAKBを一歩外に出て、ドラマという分野で仕事をすることで、たくさんの刺激を受け、それがAKBにとってプラスの作用に働くようです。
大島は常にどこにいてもAKBをホームだと思っているので、AKBに役立つことを盗んでやろうという思いを抱いているようです。
そのような闘争心にも似た学びの心があるからこそ、メンバーからも信頼されるのでしょう。
このドラマは大好評のうちに終わり、大島はまたひとつ女優としての引き出しを増やしたようです。

大島と有吉のMCタッグ?

2014年に入り、AKBの卒業が決まっている大島優子が、日本テレビ系のドキュメントバラエティー番組「ウーマン・オン・ザ・プラネット」で新MCを務めることが決まりました。
この番組のMCを一緒に務めるのは、大島の事務所の先輩でもあるお笑いタレントの有吉弘行です。
有吉は冠番組やレギュラー番組をいくつも抱える売れっ子芸人なだけに、一緒にMCを務める大島優子とのタッグがどうなるのか注目を集めました。
これまでに有吉の相方MCとして務めてきた森三中の大島美幸と、山本美月について3人目の女性MCとなりました。
MCに起用された大島はこのように語っています。
「グループを離れて、1人でMCをやることは初めてに近かったので、結構緊張していたのですが、有吉さんがリラックスできる雰囲気を作ってくれたので、収録が始まってすぐに緊張が解けました!」
大島はこれまでにバラエティー番組には数々出演していますが、AKBの大島優子として出演していたため、今回の起用はまた違った心構えで臨んでいるようです。
また、有吉との相性も良いようで、ますますの番組の人気に一役かいそうです。
大島は最初有吉の印象は、コワイ人というイメージで毒を吐かれるのではないか、と心配していたそうですが、実際に共演してみると、まったくトゲがなく、優しい印象を抱いたそうです。
一方、有吉は大島のMCっぷりに太鼓判を押していました。
「大島さんはAKBで場数をこなしているだけあって、MCがとてもうまいです!」
有吉が毒をつく隙を与えない大島のMCっぷりには脱帽です。
大島は握手会などでもアドリブの効いた対応を数々見せてきています。
そういった経験が今回のMCで生きているのかもしれません。
大島はAKB時代につちかわれた経験が他分野でも発揮され、活躍を見せているようです。
これからはソロになる大島ですが、大島のポテンシャルの高さであれば、どんな仕事も見事にこなして見せてくれることでしょう。
今後の大島の活躍に期待です。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。