大島優子はデビュー当時屈辱を味わっていた?

大島優子は、現在「AKB48の顔」と言っていいほど、誰もが認める一流のアイドルとなりました。

大島がセンターにいることは誰もが違和感なく見ています。
しかし、そんなセンターを務める大島優子はデビュー当時から出来上がっていたわけではありませんでした。
大島は、子役時代から芸能界にいたことで、ある意味大きなハンデが他のメンバーよりも背負っていたのです。
それがゆえに、大島は苦い経験も沢山していたようです。
いったいどういうことなのでしょうか?
大島優子のデビュー当時のエピソードを交えて検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

大島優子はデビュー当時屈辱を味わっていた?

大島優子は、今は誰もが認めるAKBのエースにまで登りつめました。
しかし、大島優子のデビュー当時は今の姿とは違ったものがあったようです。
大島優子は第2期AKB48のオーディションに参加し、見事合格をしてデビューします。
しかし、大島が合格した第2期生の代表に選ばれたのは、秋元才加と宮澤佐江の2人でした。
当時の大島は印象にない子で、それに勝り、秋元と宮澤の印象が強かったようです。
大島は、第2期のオーディションに合格するものの、最初から注目を浴びてエースとして選ばれていたわけではなかったようです。
第2期のメンバーは「体育会系」としてデビューすることとなります。
このコンセプトも、秋元のサバサバした雰囲気や宮澤のボーイッシュな印象からインスピレーションを受けたものだったのです。
また、大島は、当時の第2期生で結成されたチームKを引っ張っていたマネージャーに嫌われていたそうです。
いきなりマネージャーに「お前か、芸能界でやってたやつは?どうせ甘く見てんだろ?」と言われてしまいます。
大島は、子役時代から芸能界で活動をしていたため、周りからは「出来て当たり前」と思われてしまっていたそうです。
また、AKB48は素人の子がアイドルへと成長していく過程を見せるのがコンセプトとしてあったため、大島のように経験のある人物はもともとAKBのコンセプトにはそぐわなかったのです。
そして、大島は芸歴が長いため、あまり人を信用することが出来なくなっていました。
表ではみんなと仲良くしようという態度を見せていても、心の中では「どこかで足を引っ張られるんじゃないか」という不安が常にあったそうです。
大島が本当にメンバーを信用できるようになったのは、デビューから1年半を過ぎてからのことだったそうです。
大島にとって、メンバーを信用するのに、それだけの時間がかかりました。
「足を引っ張られる…」と思ってしまうのにも理由がありました。
大島はチームKのセンターを任せられていたのです。
大島は他のメンバーよりも経験があったため、歌も踊りも他のメンバーに比べて、もともと優れていました。
しかし、スタッフからこんな心ない言葉を言われてしまうのです。
「芸能活動が長いから、もう伸びないだろう。だから他の子に注目していこう」
大島はすでにすべてにおいて優れたパフォーマンスを見せていたため、伸びしろがないと思われていました。
その言葉には、大島は相当悔しい思いをしたそうです。
実力で任されていたと思っていたチームKのセンターでしたが、経験があるからとりあえず立たせておこうということだったのです。
また、当時AKBの振付を担当していた夏まゆみからは、こんな言葉をもらっていました。
「いつか本物になってください。」
当時はなんのことを言っているのかよくわからなかったそうですが、時が経つにつれて、大島はその言葉の意味が分かりました。
「今は偽りのセンターだけど、いつか本物になってください」
当時の大島は経験があったがゆえに、色眼鏡で周りから見られてしまい、努力しても認められないという苦しみを抱えていたようです。
しかし、そんな周りの態度にもめげずに、努力をし続けた大島はきちんとファンやメンバーそして周りのスタッフは見ていました。
次第に、大島の努力が報われるようになっていきます。
のちに誰もが認めるチームKのセンターへと成長していき、ライバルチームとしても見られていたチームAのセンターを務めていた前田敦子の唯一のライバルとなっていくのです。
大島は、そうしてAKB選抜総選挙などで上位を獲得し続け、その名を全国に知られることとなりますが、その裏にはデビュー当時の苦悩、そして努力がありました。
大島は最初から出来が良かったからこそ、さらなる努力が要求されましたが、それを乗り越え、アイドルとして大きな成長を遂げていきました。
現在の万能な天性のエンターテイナーである大島優子は、最初から出来上がっていたものではありませんでした。
その裏に大きな大島優子ならではの努力がありました。
大島優子はどんな時も困難を乗り越える力を身につけてきました。
そんな大島の今後もどんどん困難を乗り越え、私たちを楽しませてくれることでしょう。
これからの大島におおいに期待しましょう。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。