松井玲奈の第1回、第2回AKB選抜総選挙の順位は?

松井玲奈はSKE48に第1期生として加入し、AKB選抜総選挙でも第1回から出馬をしています。

松井玲奈の第1回目の選抜総選挙は本人にとって少し悔しい結果に終わりました。
また、第2回選抜総選挙では、第1回目の選抜総選挙での悔しい気持ちを跳ね除けるほどの大躍進を遂げました。
松井玲奈は確実に第1回から第2回にかけて、アイドルとして成長をしていました。
松井玲奈はAKBグループ全体の中でも人気を誇るメンバーの一人ですが、気になる第1回、第2回の選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

松井玲奈の第1回、第2回AKB選抜総選挙の順位は?

AKB48グループでは毎年恒例となっているイベントがあります。
それは「AKB選抜総選挙」というもので、AKBグループのアイドルにファンが投票し、その投票数の一番多かった第1位のメンバーがその次のシングルのCDのセンターを務めるというものです。
このメンバーにとって現実を突きつけられる過酷なイベントは、毎回全国民から注目されるほどの国民的行事となりました。
この選抜総選挙では、今まで数々のドラマが生まれてきました。
そんな行事に、松井玲奈は第1回目から参加しています。
今では、SKEのエースを務め、人気者の松井玲奈ですが、第1回、第2回の選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか。
初めて選抜総選挙が行われた2009年は、松井玲奈にとって飛躍の年でした。
それまでステージ上では、一番最後尾の列のしかも端っこで踊っていた松井玲奈が、この年入っての2月には、一番前のセンター付近にまでポジションが変わっていました。
本人はダンスも苦手だったこともあり、最初は不安だったようですが、センター付近のポジションに移動になった松井玲奈はだんだん頭角を現すようになります。
3月にリリースされたAKBのシングル「10年桜」で選抜入りを果たし、CDデビューします。
SKEで最前列で踊ったことや、AKBの選抜入りを果たし、顔を覚えてもらう機会が増え、そしてファンも着実に増やしていったようです。
そして、第1回選抜総選挙が開催され、そこで松井玲奈は珠理奈と共にSKEで唯一ランクインします。
この時の玲奈の順位は29位でした。
松井玲奈はこの順位を受けて、このようにコメントしています。
「この結果については正直満足していないので、次は選抜メンバー21人の中、もっと言えば、12人の中、いつかは1番が取れるように、みなさんにもっと認められるようにがんばりたいと思います。」
松井玲奈は、クールなイメージがありますが、この総選挙における意気込みは熱いものがありました。
しかし、この時、家に帰った松井玲奈は親に怒られたそうです。
「思っていても、あんなこと言っちゃダメだ」と言う親の気持ちとは裏腹に、玲奈は「でもやっぱり1位をとってみたいって思うから、つい口に出ちゃいました。」とコメントしています。
松井玲奈は、細い体からは想像できないようなエネルギッシュなところが自身の魅力だと語っています。
そして、次の年の総選挙では、もっと上の順位を獲得することを誓うのでした。
そうして、迎えた2010年、待ち玲奈は新しい扉を開けます。
「マジすか学園」でドラマデビューを果たします。
松井玲奈はかねてから女優になるのが夢だったので、ドラマにかける想いもひとしおだったようです。
去年にも増して活躍を見せた松井玲奈の第2回選抜総選挙が始まりました。
最初は「第2の松井」と言われていた玲奈ですが、今では「W松井」と呼ばれるようにまで人気を集め、珠理奈と共にSKE48のエースとして扱われるようになっていました。
そんな玲奈の順位が注目されました。
そして、第2回選抜総選挙の松井玲奈の順位は11位と大きな飛躍を見せました。
前回の29位からすると、18もランクアップしたのには、松井玲奈の半端ない努力を感じます。
この時の松井玲奈のコメントは、このようなものになりました。
「今年はSKE48のメンバーが5人も当選することが出来たので、この1年間、SKE48が頑張ってきたことが多くの方々に認めていただけたのかなと思うと、本当にうれしいですね。
ただ、個人的には、速報8位、中間発表が10位と、順位がだんだん落ちていってしまったので、正直悔いも残りました。
まだまだ私に足りない部分がある証拠なので、これからはそこをカバーしていかなければと思っています。やっぱり一桁が良かったなと…。」
去年よりも大きな飛躍を遂げたにも関わらず、まだまだ上を目指していることが分かりました。
W松井として順位が注目された玲奈と珠理奈ですが、途中まで、玲奈の方が順位が勝っていました。
しかし、最後の最後で、珠理奈に順位を抜かされてしまったことに、悔しい気持ちをあらわにしています。
「私は選抜総選挙で、ゆくゆくは1位を獲ることを目標としているので、そのためにはまず、SKE48の中で一位にならないと。だから珠理奈に負けないくらい、多くの経験を積んで、珠理奈にない部分もカバーしてやる!くらいの意気込みを持って、努力していきたいと思います。」
AKB総選挙で1位を狙っている玲奈にとって、必ず越えなければならない壁が珠理奈のようです。
いいライバルとして、二人の飛躍を期待するファンも多かったことでしょう。
松井玲奈は第1回から第2回の選抜総選挙にかけて、大きな飛躍を遂げていました。
彼女の今後のますますの飛躍が期待できる結果となりました。
現在のエースとしての貫録のある松井玲奈を作るベースとなった選抜総選挙だったようです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。