松井玲奈の乃木坂46移籍に反対署名?

松井玲奈はSKEが発足した当時から第1期生としてSKEを盛り上げてきました。

その人気は徐々にうなぎのぼりに増え、今では松井珠理奈と肩を並べるほどの人気を得るくらいになってきました。
そんな松井玲奈が先日の大組閣で公式ライバルグループである乃木坂46に移籍することが決定しました。
この決定には当然賛否両論あったようです。
中でも松井玲奈が乃木坂46へ移籍することに、乃木坂の一部ファンは反対しているようです。
また、その反対署名を集めているというのです。
いったいどういうことでしょうか。
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

松井玲奈の乃木坂46移籍に反対署名?

SKE48の松井玲奈と乃木坂46の生駒里奈が、それぞれのグループを兼任するという人事が発表されました。
これには、SKEのファンにも、乃木坂46のファンにも衝撃が走りました。
これまでに、AKB48グループは何度も大組閣を行ってきました。
しかしそれは、AKBグループ内での人事異動であったり、チーム移動にとどまっていたため、それでも動揺するファンがいたものの、グループの活性化に繋げてきました。
ですが、今回の「AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど僕らは前しか向かねえ!~」では、グループを超えた組閣が話題を呼びました。
松井玲奈と生駒里奈は「交換留学生」という形で、移籍を命じられました。
乃木坂46はAKBグループの公式ライバルという存在で知られていました。
お互いのグループから松井と生駒というエース級のメンバーを出し合い、兼任させることで、お互いのグループの活性化につなげようということでした。
これに、松井玲奈は、このようにコメントしています。
「これまで乃木坂46がみなさんと作り上げてきた歴史や思いがあるから、そこに私が急によろしくお願いしますと言って入っていっても、メンバーのみなさんも、応援をするみなさんも戸惑うと思います。」
いきなりの発表に、玲奈は動揺を隠せない気持ちを明かしました。
一方、生駒は、
「びっくりさせちゃってごめんなさい。約束します。私はずっと私だし。乃木坂46はずっと乃木坂46。みなさんに見ていて、応援してて楽しいって言ってもらえるように頑張ります。」
とコメントし、動揺しつつも、これまでと変わらず、頑張り続けることをファンに誓っていました。
当人同士は、前を向いてやっていくしかないという気持ちのようですが、他のメンバーは動揺を隠せずにいるようです。
乃木坂の白石麻衣は自身のブログで、
「昨日のAKB48さんの組閣について、乃木坂も関わっていると知った時はびっくりしたし、理解できませんでした。
2年間皆で頑張ってきた今までの私たちの努力は無駄なのかな…乃木坂の力だけじゃやっていけないのかなぁ…でも、私がどうこう言ったところで、何も変わらない」
と、複雑な気持ちが述べていました。
そして、そんな複雑な気持ちは、メンバーだけでなく、やはりファンも同じだったようです。
「あーもうめちゃくちゃだよ」「意味わからん」「なんで乃木坂まで巻き込まれるのか」「完全に迷走しはじめた」
などの苦言が噴出しました。
どうやら、AKBのファンよりも乃木坂のファンの方が納得がいっていないようです。
AKBのファンは、「AKB大組閣」というイベントがあるため、移籍については免疫があるようですが、乃木坂は完全にAKBに巻き込まれたと思っているようです。
そして、そんな納得のいかない乃木坂のファンは兼任反対の署名運動を始めたそうです。
署名運動は、AKBの総合プロデューサーの秋元康や、乃木坂運営委員会代表の今野らに宛てられ、内容はこのようなものです。
「私たちは乃木坂46のAKB48グループとの移籍・兼任に反対し、公式ライバルとして従来の活動を存続することを望みます。」
兼任は反対する一方で、公式のライバル関係は存続したいという内容のようです。
しかし、このような署名運動はあるものの、お互いの兼任への動きは止まることなく、順調に準備は進んでいきました。
このような波紋を呼ぶことは運営側も大概予想はしていたのでしょう。
後ろ向きなファンとは違い、松井玲奈は前を向いているようです。
自身のブログでこのようにコメントしています。
「最近の変化はめまぐるしいです。正直私たちも戸惑いが大きいです。
でもその起きていることを放棄することはできないし、だったら新しい可能性を信じて進むことが最善なのではと私は思います。」
そして、玲奈を受け入れられないという乃木坂ファンに対しても、このようにコメントしています。
「受け入れられない方がいることも分かっています。それを不安に感じたりもします。私はどうしても中立な立場です。それはファンのみなさんの気持ちもわかるし、スタッフさんの気持ちも分かるから」
ファンの気持ちも、スタッフの気持ちも痛いほど理解できてしまう玲奈は、ただただ前を向いて、兼任を受け入れるしかないといった様子でした。
そんな玲奈は、きっと今は反対している乃木坂ファンも、玲奈ファンに変えてくれるほどの頑張りを見せてくれるでしょう。
それだけの力があるからこそ、松井玲奈が兼任に抜擢されたのだと信じたいものです。
松井玲奈の乃木坂移籍に乃木坂ファンは異論を唱えているのは事実のようです。
しかし、松井玲奈はそれをも跳ね返して、SKEと乃木坂の発展のために頑張ってくれることでしょう。
今後の松井玲奈の頑張りを応援していきたいものです。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。