柏木由紀は楽器演奏が得意?

AKB48のメンバーであるゆきりんこと柏木由紀は1991年7月15日生まれのB型です。鹿児島県出身で2006年12月に行われた「第3期AKB48追加メンバーオーディション」に合格してメンバー入りしています。彼女は現在グループ活動だけでなく、ソロでコンサートを行ったりドラマ出演、雑誌のグラビアなど単独での活動も多いですね。そして先日行われた大組閣でAKB48チームBとNMB48チームNとの兼任が発表され、ますます忙しく活動しています。彼女のプロフィールを見ると楽器演奏が得意なようです。一体どんな楽器が得意なのでしょうか。彼女の経歴をみていきながら検証していきましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

音楽専門の幼稚園に通っていた?

柏木由紀は鹿児島の音楽専門の幼稚園、鹿児島育鳳学館 アカデミー音楽幼稚園というところに通っていました。現在園は存在しませんが、鹿児島育鳳学館 唐湊幼稚園のホームページには柏木由紀が鹿児島育鳳学館の卒園生として紹介されています。ちなみに彼女の他に長渕剛や辛島美登里など、日本や世界で活躍する音楽家も多数卒園しているようです。彼女がその幼稚園に入るきっかけとなったのは「あのかわいいバスに乗れなきゃ生きてゆけない」とダダをこねたため、両親は彼女をその幼稚園に入れたそうです。幼稚園の教育方針として「才能の開発と音感」「和音感を基調とする絶対音感教育」など音楽以外にも「絵画・習字・科学・その他・才能教育」「鍛錬による体力づくり」と様々なことに力を入れているそうです。そのためピアノ、太鼓、英語などを行う、かなり教育熱心な環境であったそうですが、その中でも柏木由紀は優秀な子だったそうです。幼稚園時代は人気者で、マーチングバンドでは指揮者を任されたそうです。その時のことが今も歌やダンスに役立っていると話していました。

小中学校では吹奏楽部でトロンボーンを担当?

柏木由紀は小学校3年生から中学1年生まで吹奏楽部に所属し、トロンボーンを担当していたそうです。本当はフルートをやりたかったそうですが、先生から身長が高いから(腕が長いから)という理由でトロンボーンにされてしまったようです。そのため今でも特技を聞かれるとトロンボーンと答えています。
しかし中学に入ってからは大好きなモーニング娘。のコンサートに行くためにずる休みをしていたそうです。その後はヲタ活動に支障が出ると思い、半年足らずで退部してしまったそうです。
ちなみにAKB48のメンバーの中で指原莉乃もトロンボーンを、渡辺麻友がユーフォニウムをやっていたなど、吹奏楽部だったメンバーは多いようです。

AKB48ではドラムを担当?ピアノも披露?

AKB48が2012年2月15日に発売した「GIVE ME FIVE!」ではバンド演奏に挑戦しています。選抜メンバー計18人のほとんどが未経験の楽器を手にした中、柏木由紀はドラムを担当しています。事前に「キーボード、トロンボーンはできます」と伝えてあったそうですが実際練習に行ってみたら「ドラムです」と言われたそうで、話が違うと思い「無理です」と言ったそうです。秋元康が彼女をドラムに選んだ理由を聞くと「ドラムは真面目な人」ということのようです。秋元康は割と早い段階から「イメージ的にドラムは柏木」と言っていたようです。「バンドはドラムとベースが肝」と言うことでベースは経験者の大島優子になりましたが、ドラムは真面目な柏木由紀に担当させたかったようです。「柏木がダメならこのバンドはダメ」と言われ、彼女はプレッシャーだったそうですが、見事素晴らしい演奏をしています。
プレッシャーを受けながらもドラムの練習開始時にはこんな場面があったそうです。基本リズムを練習開始から2時間でマスターし、キングレコードのチーフディレクター湯浅順司に「この短い時間内にあそこまでたたけるようになった柏木はたぶんかなりセンスがある」と評価されています。そこまで秋元康は見抜いていたか定かではありませんが、見事秋元康の期待に応えています。

その後2012年7月に行われた1stソロライブ「〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜」では「世界の涙」でピアノ生演奏を披露しています。幼稚園時代はピアノを弾いていましたが6歳から今までピアノの練習をしていなかったので、ライブのために1ヶ月間猛特訓したそうです。
また2013年2月に行われた2ndソロライブ「寝ても覚めてもゆきりんワールド〜夢中にさせちゃうぞっ〜」では「GIVE ME FIVE!」をドラムを叩きながら歌っています。

柏木由紀が得意だと言っているトロンボーンを実はAKB48に入ってから披露している場がありました。AKB48チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演の「アイドルの夜明け」という楽曲です。曲の中でメンバーが楽器を演奏するそうで、そこで柏木由紀はトロンボーンを吹いていたそうです。

柏木由紀のプロフィールでは特技はリコーダー、トロンボーンと楽器が得意と書かれている通り、彼女はピアノやドラムも演奏することができ、楽器が得意なのだということが分かりました。そして実際にファンの前で披露していますので、嘘ではなく本当にできるのだということが見ているファンにも伝わっています。彼女の楽器が得意であるという部分は生まれもったものかもしれませんし、かわいいバスに乗りたいという理由で入った幼稚園での熱心な音楽教育のおかげなのかも知れません。ドラムを短時間でマスターした彼女なのでもしかしたら他の楽器も難なくこなせてしまいそうですね。是非他の楽器にも挑戦し、ファンを楽しませてほしいものです。

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。