柏木由紀と渡辺麻友は仲が良い?

AKB48のメンバーであるゆきりんこと柏木由紀は1991年7月15日生まれのB型です。鹿児島県出身で2006年12月に行われた「第3期AKB48追加メンバーオーディション」に合格してメンバー入りしています。彼女は現在グループ活動だけでなく、ソロでコンサートを行ったりドラマ出演、雑誌のグラビアなど単独での活動も多いですね。そして先日行われた大組閣でAKB48チームBとNMB48チームNとの兼任が発表され、ますます忙しく活動しています。彼女は同期でメンバー入りしている渡辺麻友ととても仲が良いようです。2人がなぜここまで仲が良いのか、探ってみました。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

柏木由紀と渡辺麻友は仲が良い?

この2人の組み合わせ「まゆゆきりん」はファンを中心に仲が良すぎると話題になっています。柏木由紀も渡辺麻友も言わずと知れたAKB48内の主要メンバーで選抜総選挙では常に彼女達の順位は拮抗しています。ライバル関係になりそうな「まゆゆきりん」が、ツアーや公演、テレビ収録時にも、2人でじゃれ合うシーンがよく見られ、見ているファンまで癒されてしまう程仲が良いようです。それにはいくつか理由があるようです。

まず2人は同期同士であることです。2005年の活動開始から、ある程度の歳月を重ねることでAKB48にも歴史やメンバーの変遷がありました。メンバーの追加(オーディション)がある度に加入の期別が発生し、組織の中では自ずと何期生というくくりができてしまいます。その中において同期加入メンバーというのは、同じタイミングでアイドルとなり、同じ時間をレッスン等で過ごし、同じ時間をAKB48のメンバーとして過ごしてきていることは、やはり別格な想いがあるのでしょう。柏木由紀と渡辺麻友は3期生の同期ですのでたくさんの同じ時間を過ごしてきていることになります。

そして加入の経緯も他のメンバーにはあまり見られない、類似した経緯があります。今の彼女達の存在感からは想像できませんが2人とも一度AKB48のメンバー募集オーディションに落ちています。正確には柏木由紀は最終オーディションを自ら(父親に反対されやむなく)キャンセルしているのですが、柏木由紀は第1回オーディションで、渡辺麻友は第2回オーディションで落選しています。同じ志を持ち、同じように挫折を味わい、そして同じタイミングでAKB48メンバー入という想いを果たしているので、2人は他の同期加入メンバーよりも気持ちを分かり合えることでしょう。

2人は同じチームBに所属していました。AKB48の正規メンバーについては、チームA、チームK、チームBなどどこかのチームに所属することになっています。そしてAKB48劇場公演は、原則チーム単位で行われています。2012年11月のチーム再編成まで2人は同じチームBに所属し、AKB48というグループより、さらに小さいコミュニティで多くの時間を共有していました。
そもそも旧チームBについては「まゆゆきりん」らの3期メンバーが中心の構成であったので、当然同じチームでの活動となるのですが、「まゆゆきりん」についてはチームB設立のメンバーであり、チーム間の競争や切磋琢磨も求められている状況にあり、まさに戦友といった感じで絆も深まることとなったでしょう。

そして2人はお互いの性格が類似しているそうです。柏木由紀は人見知りでマイペース、相当な人見知りをするのでリラックスできるのは自宅だけで自宅が大好きだそうです。しかしかなりの努力家で、アイドルとしてのプロ意識が高いことも知られています。一方、渡辺麻友は負けず嫌いな性格でその分努力も惜しまないようです。さらに完璧主義でもあるため「アイドル」としてこうあるべきというかたい信念のもと、そうあるために常に完璧でいようと意識しているようです。2人は「努力家」であることと「アイドルとしてのプロ意識の高さ」は共通しており同じものを目指す仲間として気が合うのかもしれません。

また渡辺麻友は小学生の頃は引きこもりに近く、インターネットやアニメに没頭し二次元にのめりこんでいたという過去を自身で話しています。柏木由紀についても、小学校低学年の頃からモーニング娘。を中心としたアイドルに夢中になり、1日中パソコンの前でアイドルの情報を収集することに没頭しており、今でも一人遊びが好きであると自身で話しています。
お互いに人見知りが激しく、二次元の世界とアイドルという違いはあれど「オタク」的な気質を持っている性格については、お互いが親近感を持ち、仲良くなる要素の一つとなったのでしょう。

そんな2人はファンの間でしばしば親子のようであると言われます。渡辺麻友も柏木由紀のことを「保護者」「お母さん」と呼ぶことがありますし、柏木由紀も渡辺麻友のことを「娘」と呼ぶ光景が見られます。
しかしそのような呼称だけに止まらず、ブログ等で垣間見える2人の関係性は本当に母娘のようです。柏木由紀は常に渡辺麻友のことについて気を遣い、総選挙時や渡辺麻友のソロデビュー時についても、正に心配する母親のような発言が見られました。逆に渡辺麻友についても、いつも気に掛けてくれる柏木由紀のことについて、事あるごとに感謝の言葉を述べています。そして母親のようであると付け加えているのです。このような関係性が2人の仲の良さを際立たせているのです。

AKB48という国民的なアイドルグループの中心的メンバーとなる2人が、同じ挫折を経験した上で同期メンバーとして加入し、類似した性格を持ちながらも、共に心地よく親子のような関係性を築いていったことで、ファンまでもが癒されるくらい仲が良くなったのでしょう。これからも仲の良い2人で共にアイドルとして輝き続けていってほしいですね。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。