松井珠理奈の第2回選抜総選挙の順位は?

AKB48グループの恒例行事となったものの一つに、選抜総選挙があります。
選抜総選挙はこれまでにさまざまなドラマを生んできました。
ファンやメンバーの色々な思いが爆発する行事の一つでもあります。
今では国民的アイドルとなったAKBの選抜総選挙は国民的行事となりました。
その中で、松井珠理奈は常に上位をキープする人気を確立してきました。
今では不動の人気を得る彼女の第2回選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか?
第2回選抜総選挙で松井珠理奈は大きな大躍進を見せます。
その裏にはあるエピソードがありました。
いったいどのような思いで松井珠理奈は第2回総選挙の順位を獲得したのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

松井珠理奈の第2回選抜総選挙の順位は?

松井珠理奈は第1回選抜総選挙で第19位という順位を獲得し、見事SKE48で唯一選抜メンバー入りを果たしました。
しかし、松井珠理奈はこの19位という順位に満足をいっておらず、楽屋に帰ると泣き崩れたそうです。
その悔しい思いをこの第2回選抜総選挙でぶつけて、もっと上の順位に入りたいと思っていました。
そして、次の年も、第2回選抜総選挙が開催されました。
この時の目標は、10位以内に入りたいと、珠理奈は宣言していました。
「本当に本気です。世代交代は近いぜ」と意気込みを見せています。
しかし、この発言に対してAKBのファンからは、「まだ早いのでは?」「なぜSKEなのにAKBのシングル曲の選抜メンバーに選ばれているのか?」という厳しい声もありました。
これに対して、秋元康はこのように考えていました。
「監督とファンとの見解に相違みたいなものがあるでしょう。監督としてはチームの2年後、3年後を目指していて、現時点からその選手を大舞台に乗せなければと思っている。
しかし、ファンからすれば、今現在見た時に、まだそこまで行っていないだろうと思うかもしれない。そういうギャップはある。」
このコメントから、秋元康が、近い将来、松井珠理奈をAKBのセンターにしたいと思っていることが見受けられました。
しかしAKBのファンや前田敦子ファンからすれば、それが、秋元のヒイキなのでは?と思ってしまうところもあったようです。
前田敦子は、トップでいるプレッシャーとの戦いであるならば、松井珠理奈は期待されるプレッシャーと常に戦ってきたのかもしれません。
そんな中、第2回総選挙の投票が始まり、速報順位が発表され、珠理奈は唖然としました。
なんと、自分の順位は18位で、一緒にツートップで頑張ってきたSKEの松井玲奈が8位という順位を獲得していたのです。
松井珠理奈の最大のライバルが出現した瞬間でもありました。
その二人の順位の差が10位もあり、正直珠理奈は焦ったそうです。
それから、中間発表がされるまでの間、二人の中で異様な空気が流れていたそうです。
そして、中間発表がされて、珠理奈は15位にランクアップし、玲奈は10位と2ランクダウンしました。
それでもまだ玲奈の方が上をいく順位に珠理奈の焦りは消えることはなかったようです。
やはりSKEのセンターを務めている以上、SKEの中では確実に1位を獲らなければならないという責任感はあったのでしょうか。
しかし、この珠理奈の順位の出遅れには、ある噂がありました。
秋元康のあまりの珠理奈推しに、もともと珠理奈ファンだった人たちも冷めてしまい、珠理奈からファンが離れてしまったのではないか?という噂でした。
もともと珠理奈ファンだった人たちが玲奈に票を入れているのではないかという噂もありました。
そんな不安を抱えながら迎えた開票日。
注目の松井珠理奈の順位は第10位となりました。
この時のスピーチで珠理奈はこのように話しています。
「正直、今回も選抜総選挙があると聞いて不安でした。今回こうやって素晴らしい順位をいただいたので、ここでいろんなことを学ばせていただき、次はこの結果よりももっと上を目指します。」
珠理奈の最初の目標であった10位以内に見事「意地」とも言える力で入って見せました。
気になる松井玲奈の順位は11位となり、珠理奈のすぐ後ろにつけました。
松井玲奈は初めての選抜メンバー入りを果たし、この第2回選抜総選挙でSKEから改めてツートップとなるW松井が誕生しました。
珠理奈は総選挙が終わってみると、ホッとした気持ちが強かったそうです。
それは、速報で玲奈に差をつけられてしまったこと、そして、中間でも玲奈よりも順位を落としてしまっていたことがやはり珠理奈のプレッシャーとなっていたようです。
しかし、最後の最後で順位を逆転することができて、SKEのセンターの立場としてはホッとしたようです。
次回、もし総選挙があるなら、何位をとりたいですか?という質問には、
「1位!と言いたいところなんですが、まだそれが宣言できるほど自分は達していないと思うので、1桁の順位目指したいです。
3位くらいに入れたらいいな…というか入れるように頑張ります!」
と、ファンの期待に答えるように力強く答えていました。
この第2回選抜総選挙で一番話題となったことは、やはり不動のエース前田敦子から大島優子が1位を奪ったことでした。
このことから、「選抜総選挙は何が起こるか分からない」という想いがメンバーやファンを包みました。
それと同時に、他のメンバーは頑張れば1位を取って、センターになれるんだ!という大きな希望持つことのできる総選挙でもありました。
その希望は松井珠理奈の中にも芽生えていたことでしょう。
第1回目は19位、第2回目は10位、と順位を大きく伸ばした珠理奈に期待をするファンも大勢いたようです。
松井珠理奈の第2回選抜総選挙は波乱と不安の中で戦い、見事10位に入り、去年とは違い、自分でも納得のいく順位をとることが出来ました。
順位をさらに上げると誓った珠理奈は、さらに活躍の場を広げるきっかけとなった選抜総選挙となりました。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。