松井珠理奈の第1回選抜総選挙の順位は?

松井珠理奈はまだまだ若い年齢で若手メンバーの一人と言われています。
しかし、松井珠理奈がSKEに入ったのは小学生と若かったため、AKBアイドル歴から見るとベテランの中に入ります。
そんな彼女は第1回選抜総選挙から、参加しています。
今では選抜総選挙の上位常連となり、選抜入りを余裕でクリアしている松井珠理奈ですが、第1回目の選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか?
そこにはさまざまな珠理奈の想いがあったようです。
現在、上位に当然のように君臨する珠理奈がそれは、努力によって手にした順位なのだと気づかされます。
いったいどういうことなのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

松井珠理奈の第1回選抜総選挙の順位は?

松井珠理奈は現在、SKEのセンターを務め、さらにAKB48の次世代エース候補として注目をされている人気メンバーの一人です。
現在沢山のファンを持つ松井珠理奈ですが、過去の選抜総選挙の順位はどうだったのでしょうか?
松井珠理奈はSKE48のオーディションに合格し、まだ右も左も分からない状態で、いきないAKBのシングルCDのセンターに抜擢されます。
その時のことを秋元康はこう語っています。
「松井珠理奈は10年に一度の逸材だと思います。
本来なら、AKBとSKEは別物ですけどね。そのことを忘れるくらい珠理奈をセンターに持ってきて、前田とツートップで行こう!と思いました。
それほど、松井珠理奈を見た時の衝撃は相当でした。」
秋元康は、松井珠理奈をダイヤの原石であると位置づけ、センターに抜擢したようです。
そんな華々しいデビューを飾った珠理奈の総選挙での順位は当然注目されました。
珠理奈の第1回選抜総選挙の順位は第19位となりました。
SKEのメンバーで19位というのは最高順位で、珠理奈のみが唯一選抜メンバー入りを果たしました。
これはものすごい快挙となりました。
まだ中学生だった松井珠理奈は「スーパー中学生」と言われ、一気に注目を集める存在となりました。
松井珠理奈について南海キャンディーズの山里は、こんな裏エピソードがあったことを明かしました。
「スーパーエースの松井珠理奈って子がいるんです。中学生になったばっかりなんです。これまでステージではセンターに立っていたんですよ。
それが、人気投票で一気に落ちてしまった…。聞いた話だと、楽屋に入った瞬間、泣き崩れたというんですよ。悔しくて。」
松井珠理奈はセンターに立っていたという自信と、責任感から、もっと上の順位を狙っていたようです。
しかし自分の思った順位ではなかったため、相当悔しい思いもしたようです。
松井珠理奈が順位を思うように上げられなかった原因として、「アンチ珠理奈」の存在があったのではないかと言われています。
「アンチ珠理奈」とは、デビューする前からSKEのメンバーでありながら、大人の事情でいきなり前田敦子とWセンターを務めることとなった珠理奈を前田ファンやAKBファンはよく思ってなかった人もいたようです。
第一期生から地道に頑張ってきた前田や他のメンバーを抑えて、誰もがセンターをやりたいと思っている中、いきなり新人がセンターを務めてしまうことに、怒りすら覚えたのでしょう。
しかし、このセンターを務めることになったのは、松井珠理奈のせいではありません。
だんだん売れてきて緩い空気になってしまったAKBに刺激を与えてくれるのではないか?という秋元康の策略だったのです。
しかし、それが逆に松井珠理奈の敵を作ってしまいました。
「SKEなのになぜAKBのセンターなのだ?」とファンに言われてから秋元はやっとその相違に気づいたそうです。
後から、「珠理奈ヒューチヤリング」などの名前をつけておけばよかったと語っています。
しかし、珠理奈のセンター起用はすべてが「アンチ珠理奈」を作ったわけではありませんでした。
第19位というのは、珠理奈本人にとっては低い順位だったかもしれませんが、AKBグループ全体で見ると、とてつもない快挙なのです。
そして、その19位という順位に立てているのは、確実に珠理奈に投票してくれたファンがいるということです。
ひたむきに頑張る幼い珠理奈を応援しているファンがいるということも本人は十分分かっていたようです。
この時、松井珠理奈はこのようなコメントを残しています。
「私は、緊張しても、あまりお腹にくるほうではないんですけど、でも今日は本当に本番直前になってお腹が痛くなってしまうくらい緊張していました。
でもこうやって選抜に入ることができて、本当にみなさんのおかげだと思っています。ありがとうございます。」
まだ中学生になったばかりのあどけなさが残る松井珠理奈のスピーチに、誰もが今後もっと順位を上げる存在になるだろうと確信をしました。
松井珠理奈は記念すべき第1回選抜総選挙で、見事選抜メンバー入りを果たしました。
しかし、本人は19位という順位に満足はいっていなかったようです。
この時、珠理奈は先輩メンバーの人気の強さ、高い壁があることを改めて知ったようです。
それでも今後AKBを引っ張っていくことになる存在、そして珠理奈に期待するファンの気持ちも噛みしめた総選挙となったようです。

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。