松井珠理奈と母親に突撃インタビュー?

松井珠理奈が小学6年生という異例の若さでSKEのアイドルに入った時、家族はどう思っていたのでしょうか?
特に、母親はまだまだ子供の松井珠理奈のアイドルにかける夢をどのように見ていたのでしょうか?
ある時、松井珠理奈とその母親にインタビューをしています。
その時に語られた、松井珠理奈と母親の関係はどうだったのでしょうか。
普段語られることのない母親からのコメントで、松井珠理奈の素顔が見えてきました。
松井珠理奈はいったいどんな子供だったのでしょうか?
検証してみましょう。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

松井珠理奈と母親に突撃インタビュー?

松井珠理奈はアイドルとしてのプロ意識が高く、周りのスタッフにも礼儀正しく、しっかり挨拶の出来る人間です。
そんな「業界一礼儀正しいアイドル」の名前を欲しいままにした松井珠理奈の原点を探るため、松井珠理奈と母親にインタビューをしたことがありました。
そこで、二人は親子にしか分からない真実を話しています。
礼儀正しい松井珠理奈をどのように育ててきたのか?と不思議に思った記者は、珠理奈は子供のころどんな子だったか?と質問します。
すると、母親はこう語っています。
「すっごく明るく元気な子で、よく外で遊んでいましたね。家えはマイクを持ちながら、ミニモニ。のまねをしていました。
将来の夢は歌手になりたいと、そのころから言っていました。
そして、保育園のお昼寝タイムでは、仲のいい男の子と一緒に手を繋いで寝てたって先生が言ってました。」
松井珠理奈は保育園のころから歌手になりたいと思っていたようで、その夢を見事にかなえた松井珠理奈はなるべくしてアイドルになったかのようです。
そして、男性ファンは、聞き捨てならないのは、手を繋いで寝ていた男の子の存在です。
しかし、本人は、そのことについては、名前も顔も全く覚えていないらしく、完全に過去の思い出となっているようです。
松井珠理奈は小さい頃から芸能界に興味を持っていたと、母親は語ります。
オーディションの話も、芸能界がどんな世界か分からなかったため、反対したそうですが、あまりにも受けたいと迫ってくるため、その熱意に押されたのと、どうせ受からないと思い、OKを出したそうです。
そのため、受かってしまった時は、びっくりしたそうです。
「10年に一人の逸材」と秋元康に言われている我が子のことを、「本当にこの子でいいのか?」と思っていたそうです。
珠理奈の芸能界入りに対して、母親は自分の父親に相談をしていたそうです。
そうすると、「珠理奈が本当にやりたいのなら応援するよ」と言われ、母親も決心したそうです。
しかし、その母の父親は珠理奈の活躍を見ることなく他界したため、それが唯一の心残りだったそうです。
そして、珠理奈を育てる上で一番大切にしていることは?という質問に母親は、
「もちろん勉強も大切だと思います。でもそれよりも、自分に嫌なことを誰かにされて、それを今度は誰かにやるっていうことはしないようにと。
自分がそういうことをされたらその痛みが分かるから、絶対に人にしないようにって言ってます。
あと、挨拶はもちろんするようにとも言いますね。」
松井珠理奈の性格の良さは、このような母親の教えからきているようです。
また、松井珠理奈の意志を尊重してここまできたそうで、自分が決めたことに対しての責任というのは自然と感じられる子になっていったのでしょう。
そして、珠理奈の弱点をこっそり教えてほしいと聞くと、
「怖がりですね。お化け屋敷は嫌とか言ってますし。あとジェットコースターもダメなんですよ。お店で買い物する方が好きみたい。それと朝はひとりでちゃんと起きてほしい。」
と答えました。
あの明るくて元気な松井珠理奈が、お化け屋敷とジェットコースターが苦手なんていうのは想像もつきませんでした。
母親のインタビューを終えて、松井珠理奈がどうしてここまでしっかりしていて、礼儀正しい人間にそだったのか、わかったような気がします。
母親がしっかり一人の人間として珠理奈と向き合い、教育してきたからこそ、今のしっかりした松井珠理奈がいるような気がします。
そして、一方松井珠理奈はそんな母親に対して要望があるか?という質問にこう答えました。
「ものすごく心配性なんですよ。友達と遊びにいくって話すと、“送ってくる”って言う。
みんな自転車で来るのに逆に車で送られたら、何芸能人ぶってんだて思われるよって言うんですけど…。私は大丈夫なので、プライベートな時間をください!」
母親が心配するのも当然なのかもしれません。
松井珠理奈がアイドルとしてデビューしたのは若干11歳で、それからずっとグループの第一線で頑張ってきました。
そんな珠理奈には沢山のファンもいて、全員がいいファンであれば問題ないのですが、中にはどんなファンがいるか分かりません。
それに、アンチ珠理奈というAKBのファンもいると聞かされれば、心配せざるを得ません。
松井珠理奈は母親の沢山の愛情を受けて、ここまで育ってきたのだなと分かる親子インタビューとなりました。
松井珠理奈は一人っ子で、母親とも仲がよく、大切に、しかし時には厳しく育てられてきたのだなということが分かりました。
珠理奈の原点である母親の存在を知ったことで、珠理奈の魅力も、もっともっと引き出されたような気がします。
これからも沢山のまだ見えていない珠理奈の魅力が引き出されることを期待しましょう。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。