松井玲奈が卒業を意識しだした時期とは?

2015年8月末をもって、SKE48を卒業することになった松井玲奈。
SKE48にとって、グループの看板的存在が卒業するのは結成から7年で初の出来事です。
それは、AKB48から前田敦子が卒業した時と同じようなことなのではないでしょうか。
SKE48を卒業する理由の一つに、後輩の成長が見てみたいと語った松井玲奈。
これまでグループの看板的存在だった彼女が、ここまで後輩を思うようになったきっかけとは何なのでしょうか?
今回は、松井玲奈が卒業を意識しだした時期を中心に検証していきたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

卒業に関しては慎重に話を進めてきた

2013年の選抜総選挙。
当時AKB48の中心メンバーであった1.5期生・篠田麻里子が壇上で突然の卒業宣言をしました。
しかも、この総選挙が行われたのが6月。
卒業時期については翌月の7月を明言したのです。
これに関しては、数ヶ月前から運営スタッフやメンバーと相談しながら決めたことではなく、あまりにも唐突な発表に驚いた人も多かったです。
そして、今回の松井玲奈に関しては卒業について運営スタッフに相談し、1年前から話を進めてきたそうです。
最近まではそれを隠すのに必死だったそうですが、第7回選抜総選挙への参加を辞退したことで、多くのメンバーやファンは感ずいたのかもしれません。
まだ、卒業時期について明言できなかった時期に、同じ1期生である松井珠理奈から“辞めないよね?”と聞かれたそう。
これに“辞めないよ”と答えた松井玲奈の心境は複雑だったようです。

卒業を意識しだした時期について

では、松井玲奈はいつから卒業を意識し始めたのでしょうか?
彼女が卒業直前に出演した「AKB SHOW!」にて語られたのは、3年前ということ。
SKE48の3年前…
それは、グループ初の組閣が行われた年でした。
それまで、彼女は1期生が中心となって結成されたチームSに所属しており、周りのメンバーはほとんどが同期という環境にいました。
ところが、3年前の組閣発表でチームEへの異動とともに、チームのキャプテンに任命されたのです。
周りを見渡せば後輩メンバーばかり。
しかも、これまで経験したことのないキャプテン職に戸惑いがあったようでしたが、
これまでと違う環境や立場を経験することで、後輩メンバーと積極的に関わることができました。

「ちゃんと後輩と接する機会をもらえて、一人一人と接していくうちにグループ全体を見るようになってきて、そういう考えの中から、やっぱり次の子が出てくるためには誰かが出ていかなきゃ いけないんだなっていうのを意識するようになって、その“次の子”を作っていかなきゃいけないんだっていう気持ちが芽生えて、卒業をちゃんと考えながら活動していかなきゃいけないなって思いました」

これまで“ボッチ”と言われてきた彼女からは想像ができないですよね。
そして、篠田麻里子が卒業を決意した動機と似通っている部分があります。
後輩に席を譲る、ということ。
そして、キャプテン職からの卒業発表、というところも。

実はこの時期にスタッフに卒業の意思をなんとなく伝えていたものの、
“まだいてほしい”“まだその時期じゃないと思う”と留意され、3年間を過ごした松井玲奈。
でも、この3年間がとても濃密な時間だったと言います。

なんとなく卒業を意識していた時期に乃木坂46との兼任が決まったのは、本人にとっても大きな転機だったはずです。
実際に2015年の春に乃木坂46との兼任が解かれ、間も無く卒業を発表した彼女はやりきった感でいっぱいだったのでしょう。

卒業後、後輩に対する思い

松井玲奈は自分が卒業する理由を、
役者になりたい・自分がいないSKEを見てみたいなどと語っていますが、
特に最近加入したばかりの7期生に期待を寄せています。
7期生(全員研究生)は、2015年8月現在「partyが始まるよ」公演を行っており、
彼女たちのキラキラした姿に、7年前の自分たちの姿を重ねてしまうんだそう。
松井玲奈が卒業発表を発表してから、
“卒業した後ももっとグループを盛り上げられるように頑張りたい”などという後輩メンバーからの声をたくさん受けており、自分がのちに“辞めなきゃよかったな〜”と思うぐらい、全体が成長してほしいと願っています。

ファンの一部は、松井玲奈が抜けたことでグループの人気が衰退してしまうのではないか?と囁く人もいます。
総選挙にランクインするメンバーは多いものの、所属事務所の関係や仕事量の関係…
もちろん、これはメンバー本人の目にも留まっていることでしょう。
ですが、かつて、AKB48から前田敦子が卒業した時のように、SKE48の本当の第2章はここからスタートするのではないでしょうか。
実際に、松井玲奈が卒業を発表したことで、多くの後輩メンバーたちが“自分たちでなんとかしなきゃ”“頑張っていかなくちゃ”という意識が芽生えています。
松井玲奈に変わる新たなルーキーは誕生するのか?
今後のSKE48に注目していきたいと思います。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。