大和田南那の第7回選挙総選挙結果•要因について

AKB48の若手メンバーの中で最も運営から推されていると過言ではない、15期生の大和田南那。
ドラマの主演やチーム曲のセンターなど、数多くのチャンスに恵まれてきた大和田南那は、デビュー当時からそのビジュアルに注目の集まっていたメンバーでした。
それだけに、毎年行われる選抜総選挙ではかなり高い順位にランクインするのではと囁かれてきました。
前回、第6回の選抜総選挙では残念ながら圏外に終わった彼女ですが、果たして今回、第7回選抜総選挙ではランクインしたのでしょうか?
選挙結果から、その結果の要因について検証していきたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

前回の選抜総選挙について

大和田南那が初めて選抜総選挙に参加したのは2014年の第6回。
この年、渡辺麻友が初の首位を獲得し大きな話題を呼んだ選抜総選挙でした。
このとき、デビューから間もない時期ではありましたが、大和田南那が運営に推され始めていました。
すでに、ドラマの主演やチーム曲のセンターを務めていたんです。
AKB48グループのファンは誰もが認知している彼女の存在、そして活躍ぶりにランクインは期待されていたのです。
ですが、結果は80位以下圏外という結果に。とはいえ、これは〝推され〟の若手メンバーの洗礼でもあるのです。
大和田南那ら15期生のひとつ先輩にあたる14期生には、かつて〝三銃士〟と呼ばれ運営に推されていた小嶋真子、岡田奈々、西野未姫がいましたが、彼女たちもまた総選挙に初めて参加した年はランクインしませんでした。
これはのちに話しますが、総選挙では〝ベテラン勢〟と〝運営非選抜〟のメンバーが多くランクインするため、加入間もない〝推され〟の若手メンバーがランクインするのは厳しいと言われています。
それから1年、大和田南那はランクインを果たしたのでしょうか?

第7回選抜総選挙の結果について

そして2015年に行われた第7回選抜総選挙。
大和田南那ももちろん立候補し、選抜総選挙に臨みました。
毎年恒例の速報順位では67位というスタート。
これには、思ったより低いと感じたファンも多いのでは?と思いましたが、実際には〝妥当〟だという冷静な見方をするファンが多かったように感じました。
とはいえ、67位で安心していられません。
ランクインが有力とされていたメンバーが速報時点でランクインしていないことも大きかったからです。

そして最終結果。
この日も毎年恒例のテレビ中継が行われていましたが、80位から読み上げるアップカミングガールズの選抜で…

「第75位 最終獲得票数13,685票
AKB48 チームA 大和田南那」

最終的に速報から8ランクを落とし76位で名前を呼ばれる結果となりました。
正直、思ったより低いという意外な結果にファンは…

やはり、なんだかんだ言って〝意外に低い〟という感想を持つファンは多いようでした。

76位の要因とは?

では、大和田南那はなぜ今回の選抜総選挙で思うような結果が残せなかったのでしょうか?

まず、少し前にも説明しましたが、選抜総選挙にはある特徴があります。
それは、ベテラン勢と運営非選抜メンバーが強いということです。
特に今回の選抜総選挙では、この特徴が見事に当てはまる結果になったのではないでしょうか。
選抜総選挙の上位には、知名度のあるメンバーが多数ランクインしているものの、正直選抜総選挙で知名度は関係ないと言ってもいいでしょう。
このイベント自体、熱心なファンによってなりたっているからです。
そして、SKE48がAKB48を上回る第1党となりました。
SKE48のメンバーは、AKB48のメンバーよりも仕事量の少なさが目立ち〝不遇〟と言われています。
このため、SKE48のファンの熱量は半端ないのです。

では、大和田南那はベテラン勢と運営非選抜のメンバーに押されたから順位が低かったのでしょうか?
当然ながら、順位が低かった理由はこれだけではないでしょう。

ファンの間で分析されているのが、彼女の塩対応とプロ意識の低さにあります。
握手会、写メ会での大和田南那の塩対応っぷりは有名な話です。
特に、写メ会ではまったく楽しそうな顔をせず、一緒に写るファンとの距離感はかなり開いています。
これは、彼女がもともと男性が苦手ということも絡んでいると思いますが、時間とお金をかけて彼女に会いに行っているファンからすればいい気持ちのしないものです。
また、彼女のプロ意識に関して。
ダンスやパフォーマンスか未熟なのはある程度仕方ないにしても、度々指摘されるのが大和田南那の体型問題です。
あれだけメディア出演も多く、若手メンバーの中で優遇されているにもかかわらず彼女の肥大化は進むばかり。
これに、アイドルとしてプロ意識が低いと指摘する声が多いのです。
年頃なので体型変化が激しいのは理解できても、じゃあ渡辺麻友や前田敦子が大和田南那ぐらいの年にどうだったか?と聞かれたら、スタイルはしっかりキープできています。
もともとのビジュアルはトップクラスと評される大和田南那。
なので、体型がもう少しほっそりすれば人気がさらに上がるのでは?と言われているんです。
そんな大和田南那も、最近ではファン対応が良いと評判ですし、チアシードを取り入れたダイエットも始めているみたいです。
自分なりに課題をみつけて努力している様子を見ると、来年の選抜総選挙ではいい結果が期待できそうですね!
これからますます活躍が期待されている大和田南那。
今後も注目していきたいと思います!


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。