峯岸みなみはネガティヴ?本当の性格とは

2015年に発表された“新組閣”にて、これまでのチーム4から新たにチームKのキャプテンを務めることとなったAKB48第1期生の峯岸みなみ。
AKB48の創世記からグループを支えてきた彼女は、どのメンバーからみても先輩という立場であり、キャプテンを立て続けに努めることから後輩メンバーへの面倒見の良さが伝わってきます。
…ですが、実際に面倒見は良いのでしょうか?
そこで今回は、峯岸みなみがどんな性格なのか徹底的に分析したいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

峯岸みなみはネガティヴ?

“峯岸みなみはネガティヴ”とは、主にメンバーからそう言われています。
峯岸みなみが2013年に起こしたスキャンダルでは、メンバーや家族、スタッフなど誰にも相談せずに頭を丸刈りにし謝罪動画を配信したことが大きな話題になりましたが、研究生へ降格し活動を自粛している最中でも家に引きこもってかなり落ち込んでいたようです。
もちろん、スキャンダルが発覚すると世間の好感度は一気に下がってしまいますから、もともとのネガティヴな性格にさらに拍車をかけたのでしょう。
彼女と同じ1期生のメンバーが、丸刈り姿になった峯岸みなみを励ます様子がSNSでこうかいされていました。
普段はメディアで積極的に発言していた彼女も、もしかしたら自分を売り込むために必死で無理をしていたのかもしれません。

峯岸みなみをテレビで見た一般の視聴者からは、彼女が他のメンバーを何度も弄る様子に「性格が悪い!」という意見も飛び出しましたが、彼女のファンは「他のメンバーがメディアで目立てるように積極的に絡んでいる」とフォロー。
確かに、“自分自分”しているようなメンバーなら、いくら発言が多くても他のメンバーにまで話題を振ることはないのかもしれません。

このように、ラジオや公演中にネガティヴ発言が飛び出すこともあるようですが、峯岸みなみのファンはそこをひっくるめて彼女を魅力的に感じているようです。

峯岸みなみの本音は“悔しい?”

ところが、峯岸みなみの本音を探ってみると、ある疑惑が浮かんだのです。
それは、他のメンバーの活躍を喜んでいない疑惑。
先ほどの“他のメンバーがメディアで目立てるように積極的に絡んでいる”とは程遠いものですよね?
これは、2015年8月に放送された「ギャーテーギャーテー」とう番組に峯岸みなみが出演した時の出来事。
この番組では、お坊さんに自分の気持ちを素直に告白するという内容でしたが、
峯岸みなみの口からこのような発言が飛び出したのです。

「AKBの他メンバーの活躍が喜べない」

実は、峯岸みなみは同僚のメンバーが活躍する様子に素直に喜んでいないというのです。
いわゆる、嫉妬ですよね。
この時、誰のことを指しているのかは明らかにしていませんでしたが、ネット掲示板ではもっぱら“指原莉乃のことではないか?”と囁かれました。
2005年に1期生としてAKB入りした峯岸みなみ、そして2007年に5期生としてAKB入りした指原莉乃。
彼女たちは年齢こそ同じものの、今よりはるかに昔は厳しい上下関係があったようです。
指原莉乃は2010年頃から徐々にブレイクし、冠番組をいくつももつ人気メンバーになりました。
指原莉乃と同じ“バラエティ路線”を狙う峯岸みなみにとっては、ある意味ライバルなのかもしれません。

峯岸みなみがイジメをしていた?

さらに峯岸みなみのブラックな部分も明らかになりました。
それは、同期である高橋みなみへの“イジメ”問題です。
これは2015年7月に出演した「UTAGE!」で明らかになったもの。
峯岸みなみは“高橋みなみとは口聞かないで!”と指原莉乃に指示していたそうなんです。
実は峯岸みなみと高橋みなみ。
今でこそ親友に近い間柄ですが、一時は不仲説があったんです。
そのきっかけとなったのが、高橋みなみが猫を飼い始めたことにあります。(ニャーちゃん)
それまで、峯岸みなみは高橋みなみの自宅に入り浸るほど一緒に過ごしていたそうなのですが、
猫アレルギーの峯岸みなみにとって、猫を飼い始めたことがとても許せなかったそうです。
なんで私が猫アレルギーってわかっているのに猫を飼ったの!?という風に怒りをあらわにした峯岸みなみは、
後輩メンバーである指原莉乃に“高橋みなみと口聞かないで”と指示。
当時、今ほど仲がいいわけではなく上下関係が厳しかった指原莉乃は「はい」としか言えなかったそうです。
峯岸みなみは、指原莉乃のことを“ちょっと弱そう”と見ており、自分の味方につけようとしていたんだとか。

もちろん、こうしてメディアで話せるほどのネタなので本気でいじめていたわけではないようですが、これには一般の視聴者もファンも驚きを隠せませんでした。

「一対一の喧嘩はいいが他人にあの人無視しようはダメ。」
「泊まりに行ってる身でペットに文句、あげくイジメ…w わがままで陰湿で最低やな。
あれだけメンバーがいればそういうやつもたくさんいるだろうけど。
自分が嫌いな相手の事を周囲の人間まで巻き込み、
自分の味方にして口聞くなって、なんて卑劣。」
「こんなもんが日本を代表するアイドルグループ
の一員かと思うと他人事ながら恥ずかしい。
そいやこのやり口アネキが未だにそうだわ。」

このイジメ問題がどこまで本気だったかわかりませんが、うかつにこのことをネタに出した峯岸みなみにはマイナスでしかなかったようですね…。

ということで、峯岸みなみの性格について厳しい目で見るファンも多いですが、本当のところはどうなのでしょうか…?


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。