真面目な人ほど得をしない?渡辺麻友の密かな本音とは?

2007年に第3期生としてAKB48に加入し、今やグループの中心的存在である渡辺麻友。

最近では、彼女の〝キャラ変〟に注目が集まっています。
「不人気」「さよなら」というそっけない自虐発言を投下したり、総選挙の結果を受けてあっけらかんとした様子でスピーチを行うなど、彼女の変化に多くのファンがたびたび反応しています。
これまで、アイドルとして完璧なまでにプロ意識を持っていた渡辺麻友ですが、こうした〝正統派アイドル〟よりも、〝バラエティーに対応できるアイドル〟のほうが注目を集めやすいのが今の世の中。
それに、渡辺麻友なりの苦悩があったようです。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

真面目な人ほど損をしてしまう?

選抜総選挙から一週間が経ち、渡辺麻友を密着取材したドキュメンタリー番組が放送されました。(AKB48では3人目)
1日の睡眠時間が3時間しかないという彼女の多忙な日々を取材した内容だったのですが、この番組内で渡辺麻友はこう話したのです。

「AKBは真面目に頑張ったり一生懸命やったりストイックにやったり・・・それが正解じゃないところなんで、AKBは。マジメな子が損をするような世界でもあるので、AKBは。」
「でも私はいつか絶対報われると信じてあきらめないでやってきた」

〝真面目な人ほど損をする〟と言わんばかりの冷静な考えを示したのです。

冒頭で正統派アイドルについて触れましたが、400人前後いるAKB48グループのなかでも渡辺麻友以上に正統派アイドルを貫いているメンバーは全くいないと言っても過言ではないでしょう。
彼女と同じように正統派アイドルを貫いているように見えた柏木由紀でさえ、最近ではスキャンダル発覚により立場が危ぶまれています。
写真週刊誌のカメラマンも、どれだけ張り付いてもネタが撮れないのは渡辺麻友ぐらいと発言したこともあるぐらい、プライベートでもアイドルを貫いてきました。
芸能界のなかでもアイドルは特にイメージを保たないといけないため、渡辺麻友のプロ意識は多くのメンバーが見習わなくてはいけないといったところでしょう。

また、AKB48では『努力は必ず報われる』という高橋みなみの言葉があるように、メンバー全員にその努力が求められています。
頑張れば頑張るだけ、報われるんだ…という思いで真面目に取り組んでいるメンバーが大半を占めるなか、皮肉にもスキャンダルが発覚したことのあるメンバーや異例の抜擢を受けたメンバーばかりにスポットライトが当たるという現実があります。

例えば、指原莉乃は過去の恋愛スキャンダルが発覚した翌年の総選挙で1位を獲得したことがありましたし、渡辺美優紀も同様にスキャンダルをへて人気を取り戻しました。
峯岸みなみもかつてのスキャンダルを経て、16人選抜には漏れるものの未だにグループの中心メンバーとして活躍していたり、その他多くのスキャンダルメンバーがその人気を手にしているのです。

すると、渡辺麻友のようなノースキャンダルでかつプロ意識の高いメンバーは、当然いい気はしないでしょう。
渡辺麻友は指原莉乃が初めて1位に輝いた2013年の第5回選抜総選挙で〝誰よりも自分をAKB48に捧げてきた自信がある〟とスピーチしましたが、この一言がすべての本音を物語っているように感じます。

もちろん、〝全員が努力していないわけではなく、みんながんばっているんだ〟と高橋みなみは選抜総選挙のスピーチでフォローしましたが、ただの理想論では通用しないのがアイドル、芸能界の世界といえるでしょう。

最近の開き直りにまゆゆのイメージが上がった?

選抜総選挙は毎年のように地上波で生放送されているイベントですが、この時の発言により世間からの評価は大きく左右されるといっても過言ではありません。
例えば、スピーチが長かったりグダグダになってしまうと視聴者の反感を買ってしまう原因にもなりますし、スピーチの内容がテンポよくかつ内容のあるものであれば視聴者の好感を得ることができます。
今回のスピーチでは、横山由依や武藤十夢、須田亜香里や松村香織のイメージが下がったように見受けられましたが、逆に渡辺麻友のスピーチでは視聴者の好感を得たようです。
〝まぁ、仕方ない!〟と開き直った渡辺麻友のスピーチに…

「なんかまゆゆ、開き直ってる?」
「本当に清々しい表情で、見てて気持ちがいい」
「壇上で泣きじゃくられるよりも断然こっちのスピーチのほうが好感持てる」
「自分のなかで渡辺麻友のイメージが確実に上がった」
「なんでまゆゆが1位じゃないんだろう?ありえん!」
「最近すっかり自虐キャラが板についてきたね」
「今までのキャラよりも全然いいよ!」

という、渡辺麻友の〝開き直りスピーチ〟に多くの視聴者が好感を抱いた様子がわかります。
例えば、真面目な人ほど損をするといったようなことを涙ながらにスピーチすれば、会場やテレビでは空気が重たくなっていたのかもしれませんが、涙を流すより笑顔を見せたほうが見ている側にとっては気持ちのいいものがあります。

過去にも〝真面目な人ほど損をする〟議論があった?

実は、AKB48グループの総監督・高橋みなみと、新設されるNGT48のキャプテン・北原里英の二人が、過去のテレビ番組で〝真面目な人ほど損をする〟ことについて語っていたことがありました。
AKB48グループの中心メンバーであり、キャプテンという立場でメンバーを引っ張る二人だからこそ〝真面目な人ほど報われない〟という考えもあるようです。

「真面目さゆえに・・・、なんかAKBはすごく難しくてさ・・・
ちょっと話はそれるんだけど、”努力は必ず報われる”って何で言ったかというと真面目に生きる人って得しないんだよ、正直。得しないからこそ、でもやったら認められんだよっていうのを自分の中のプライドとしてブレたくないところもあるじゃん。なんか」

これは高橋みなみの発言によるものなのですが、真面目に生きる人は得をしないとわかっていながらも〝誰かはきっと見ていてくれる〟という考えをもってメンバーに背中を見せているといいます。
これを、彼女たちのような人気メンバーが言ってしまうことで皮肉に捉えるファンもいるようですが、アイドルに夢を持つ人が多いなかで渡辺麻友らの存在は大きいものがあるのではないでしょうか。
今や、恋愛禁止のルールもあるのかないのかメンバーにさえわからない現状ですが、渡辺麻友が来年の総選挙あたりで1位を奪還できた時には、努力を重ねてきたメンバーにとって大きな希望に変わるのかもしれませんね。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。