加藤玲奈が〝見つかるネタ〟を知っていた?第7回選抜総選挙でファンを沸かせたスピーチとは?

今年も順位の大波乱が巻き起こった第7回選抜総選挙。

多くの若手メンバーがランクインしているなか、総選挙に強いとされるSKE48陣がAKB48陣を抑えてランクイン人数のトップに立つなど見所の多い結果となりました。
そんななか、順位の大幅アップが期待されていたAKB48の10期生•加藤玲奈のスピーチが〝ある意味〟ファンを沸かせたことで話題になっています。

加藤玲奈といえば、最近では選抜メンバーにも呼ばれる機会が増えており、妖怪ウォッチとのコラボユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」にも選ばれており、まさにAKB48グループの次世代を代表するメンバーに成長しました。
昨年の第6回選抜総選挙では初ランクインにして32位という高順位であったことから、当時は加藤玲奈以外のファンも彼女のランクインに大きな喜びを感じていました。

では、今年の総選挙の結果はどうだったのか、そして話題になっているスピーチとは一体何なのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

第7回選抜総選挙の結果とスピーチの内容とは?

最近のシングルで選抜メンバーに呼ばれる機会が増えていた加藤玲奈ですが、これまではいわゆる〝大量選抜〟〝32人選抜〟という大枠で選ばれていた彼女。
やはり、本当の意味で選抜メンバーと呼べる〝16人選抜〟への道は険しいようですが、最新シングルである「僕たちは戦わない」では32人選抜であるものの立ち位置的には〝4•5番目〟という良ポジションでした。
これは、高橋みなみや渡辺麻友、小嶋陽菜や指原莉乃を抑えてのポジションであり、当然ジャケット選抜にも起用され彼女の期待値の高さをうかがい知ることができました。
その分、今回の総選挙では大幅なランクアップが期待されていたのです。

昨年の選抜総選挙では初ランクインにして32位を獲得した加藤玲奈。
今回の選抜総選挙では選抜入りは逃したものの、前年から4位もランクアップし28位という結果に終わりました。
票数も24,569票と、彼女の1つランクが上の大場美奈と100数票しか変わらない僅差。
彼女の人気の高さが改めて証明されたのです。

そして彼女は壇上のスピーチでこのように語りました。

「私は去年32位で上がることができてうれしく思っています。
加藤玲奈って検索したら〝見つかる〟ってネタにされているんですけれど、これからはテレビに出たときにこの子が加藤玲奈ちゃんだねって覚えていただけるように頑張りたいです」

 

このスピーチで、ファンは〝ある意味〟歓喜の声をあげました。
その〝ある意味〟とは?

加藤玲奈が〝見つかるネタ〟を知っていた!

加藤玲奈が壇上のスピーチで語った「〝見つかる〟ってネタにされている」とはどういうことなのでしょうか?

これは、加藤玲奈が選抜で選ばれる機会が増えてテレビ露出も増えた際に、彼女がテレビに映りこむたびに
〝かとれな、見つかった〟
〝今回も見つかってしまった〟
〝加藤玲奈がMステSPで日本全国民に見つかる〟
〝水曜歌謡祭で加藤玲奈が一部に見つかった〟
などとネタにされていることに起因しています。
最近では、〝見つかるネタ〟のタイトルに【定期】という言葉が挿入されるほど、ファンの間では定番化していったのです。

例えば、渡辺麻友や指原莉乃のように知名度の高いメンバーは当然のようにAKB48を代表してテレビ番組に出演する機会が多いのですが、バックに200人300人とメンバーを控えているAKB48において、普段劇場公演や握手会が中心のメンバーがテレビに映ることはファンにとってなによりも嬉しいもの。
これまでも多くのメンバーが〝見つかるネタ〟にされてきました。
ところが、加藤玲奈の場合は容姿も端麗であることからテレビに出演した際にカメラに抜かれる回数が非常に多く、
「ぐうの音も出ないほど可愛かった」
「また見つかってしまったか
次見つかる日が楽しみになってきたぞ」
「うむ、見つかったか」
「何度目だよw確かに可愛いかったけども」
と常に話題にされてきました。

そんな、ファンの間でしか盛り上がっていない〝見つかるネタ〟を、なんと加藤玲奈は知っていたのです!
しかも、総選挙の壇上でネタにしてくれることにファンは気持ちが高ぶったのではないでしょうか。

大所帯のグループだけに、目当てのメンバー(フロントメンバー以外)を探すことは困難に等しいわけですが、こうやって自分の推しメンを探すこともファンにとっては楽しみの一つなのです。

メンバーはネット中毒?

ちなみに加藤玲奈の場合は、自分の名前をネットで検索したときに〝見つかるネタ〟を知ったと話していましたが、実際にメンバーはかなりネットで情報を閲覧しているようです。
もちろん、中にはアンチといわれる誹謗中傷しか書かない人もいるため、メンバーを傷つけてしまう原因にもなってしまうのですが、過去に前田敦子はブログのコメントを一切見ないなどしてメンタルを維持し続けていたようです。
ですが、最近では自分の評価をネットで検索すれば簡単に知り得ることができる時代なので、特に若手メンバーにとっては気になるところなのでしょう。

入山杏奈に代わるビジュアル担当に?

とはいえ、今回の総選挙でもアンダーガールズ入りを果たし人気の高さを見せつけた加藤玲奈。
〝見つかるネタ〟のように、彼女のルックスには定評がありますが、最近では入山杏奈に代わるビジュアルメンバーになるのでは?と考えられます。
入山杏奈は1年前の握手会襲撃事件からリハビリをしながら活動を続けているものの、「僕たちは戦わない」の選抜を辞退したり、今回の総選挙の立候補を見送るなど活動をセーブしています。
もともと、入山杏奈は篠田麻里子に代わるビジュアルメンバーと言われていただけに、その入山杏奈が抜ける穴は大きいのでしょう。
同じくルックスに定評のある小嶋陽菜もいつ卒業を発表するかわからない状態で、今後加藤玲奈が選抜メンバーに起用されることが増えるのではないでしょうか。
ビジュアルメンバーは、グループにとっての〝入り口〟的な役割があるので、ライト層の獲得には欠かせません。
もちろん、パフォーマンスや表現力もあるので、これからの活躍次第でAKB48のフロントメンバーになれる可能性も十分にあります。
彼女の言うように、テレビにつうるたびに〝あれが加藤玲奈ちゃんだね〟と多くの人が彼女を見つけ、認知度を上げていけば来年の総選挙では選抜入りを果たすかもしれませんね!

今、チャンスに恵まれた状況で彼女はチャンスをものにすることができるのでしょうか?
加藤玲奈の今後の活躍に注目が集まるでしょう!


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。