島崎遥香が同期とスタッフに苦言?世渡り下手の本音トークとは?

昨今のAKB48グループにおいて、メンバーが行っているSNSは5種類前後も存在しています!

昔のアイドルに比べ、プライベートまでもオープンにすることでファンに親近感を持ってもらい、ファンと直接やりとりすることで身近に感じられる存在になりました。
そのビジネスを確立したのが、AKB48グループそのものですよね。

そんなサービス旺盛なAKB48グループのアイドルの中で、〝塩〟と呼ばれる島崎遥香はある意味特殊な存在でもあります。
これまでのアイドルは、自分を作り込むことが当たり前のようになっていた部分がありますが、島崎遥香の場合は素に近い状態でアイドルと行っているといえます。
過去の発言で、アイドルとしてのスイッチはあると話していた島崎遥香ですが、最近ではメディアに出演しても正直な意見を述べることで視聴者やファンからは賛否両論が巻き起こることが多いのです。

そして今回、島崎遥香があるテレビ番組に出演した際、〝メンバーとスタッフの距離感〟について語ったことが一時話題になりました。
それはどういうことなのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

同期だけで出演した旅番組にて…

島崎遥香が〝メンバーとスタッフの距離感〟について発言したのは、2015年5月に放送されたある旅番組での出来事。
この旅番組は、AKB48グループのメンバーが仲良し同士で旅をするという企画で、初回の川栄李奈ら出演時から大きな注目を浴びていました。

そして今回、島崎遥香を含む9期生のメンバー4人がこの旅番組へ出演したのです。
そのメンバーとは、島崎遥香の他に、島田晴香、大場美奈、山内鈴蘭の4名。
この4名が、島田晴香の地元・熱海へ旅をしたのです。
この旅番組の醍醐味は、メンバー同士の本音トークが聞けるという点にあるのですが、この時に島崎遥香はこんな発言をしたのです。

「自分には愛嬌がないから。
愛嬌が良い子とか、スタッフさんと仲良く話しているメンバーとかが羨ましいっていうか、こうやって社会で生きていくんだと学んだ。
でも自分はそういうことができないから絶対にやらないと思ってたから、そういうので生きてく奴は皆辞めろと思ってた」

…こうして文章にしてみるとすこし過激な発言にもとらえてしまうのですが、これは一体どういうことなのでしょうか?

実は、今回この旅番組に参加していた島崎遥香と島田晴香は性格がまったくの逆なタイプであり、お互いに苦手意識を持っていたといいます。
当時を振り返って、本当はどう思っていたのかを山内鈴蘭に振られた島崎遥香は、
「(島田)晴香と8期生の先輩たちと、スタッフみんな辞めろって思ってた」
と発言したのです。

ようは、世渡り上手なメンバーを羨ましいと思う一方で、自分が世渡り下手であることに苛立ちを覚えたという意味のようです。

これについてファンからは…

「どの世界も上司に気に入られなきゃ出世できないんだぜ
同僚と上手くやれない奴は上司に嫌われるだけ」
「社会もそうだけど芸能界なんて挨拶が基本だろ」
「メンバーの事メディアで悪く言う奴ダメだわ」
という否定的な意見から、

「ぱるるは媚びないだけで横柄ではないだろそもそも」
「ぱるるは誰に対しても裏表がなくて本音しか言わない
だから最初は誤解されても打ち解ければ誰より信頼される」
「ぱるるはたかみなの食事取り分けたり
そういうの後輩に教えたりしてるだろ

ある特定の人に(超選抜やスタッフに)だけ愛想良いのを媚びてるって言うんだろう」
という擁護派の意見にわかれていました。

島崎遥香はもともとスタッフとうまくいっていなかった?

島崎遥香は加入当初、同期のメンバーとも溶け込めずにおり、さらにスタッフからの評判もあまりよくなかったと言われています。
彼女は研究生時代から人気があったと思われがちですが、その人気に反して一時期キャンペーンの選抜にも呼ばれなくなるなど〝干され〟を経験していた時期があったのです。
今の人気・推されぶりからは想像できないですよね?

普通に考えて、メンバーは自分を売り込むためにどんな努力も惜しまないはず。
そのためには、スタッフに近づいてアピールするメンバーも多かったのでしょう。
島崎遥香は自己アピールが苦手な上に、やる気がないと思われがちな節があるためスタッフとの距離もあったのではないかと考えられます。

ところが、最近になって総合プロデューサーである秋元康とプライベートで付き合いをもつなどで、特定のスタッフとは深い関わりをもっているようです。
(逆に言えば〝権力のある人物とはプライベートでも付き合うのか… 〟という意見もちらほらあるのですが)

秋元康とは〝渋谷デート〟をした仲と言われ一時期話題になりましたが、これは島崎遥香が見たいと言っていたミュージカルに、その日仕事を終えて時間のあいた秋元康が連れて行ったというだけの話だったようです。
ですが、秋元康は島崎遥香を心底気に入っている事から、まるで島崎遥香が秋元康に媚びを売っていると思われてしまったこともあります。

実際には媚びるという行為は苦手のようです。

スタッフに好かれることが出世の第一歩?

スタッフに媚びたくないという島崎遥香。
冒頭にご紹介した会話の中で、「(島田)晴香や8期生の先輩たちと、スタッフみんな辞めろって思った」というセリフがありましたが、実は〝8期生の先輩たち〟というのが全員〝解雇〟というかたちで実際にやめて行ってしまったのです。
いや、解雇というのは正式発表されたことではありませんが、後日談で〝悪しき習慣は排除する〟というようなスタッフの発言もあったことから、8期生のメンバーの態度や活動に問題があったことは明らかになっています。
島崎遥香の目から見てスタッフと仲良くしているように見えた8期生ですが、実際はスタッフの評価がものすごく悪かったことになりますね。

ですが、これは島崎遥香や元8期生のメンバーが全員研究生であったころの話であり、研究生は正規メンバーに比べて特に生活態度やレッスンの態度を厳しく評価されているのです。

逆転の発想で考えると、スタッフに好かれることが出世につながるという考えはハズレではないようですね。
ファン人気があるからといってからなずしも選抜に呼ばれる…ということはありませんから。

こうして、スタッフに媚びたくないと言っていた島崎遥香は、それに反してこの旅番組のスタッフ全員を虜にするなど人を引き込む力を持っているようです。
最近ではメンバーとスタッフがプライベートで仲良くしているところも時々SNSにアップしていますが、若手メンバーも積極的にスタッフに絡んでみる価値、あるのかもしれませんね。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。