市川美織の不思議キャラに〝元祖不思議キャラ〟が斬りこむ!?

デビュー当時から一貫して

「フレッシュレモンになりたいの〜!」
と不思議キャラを突き通し、今ではバライティー番組に引っ張りだことなったNMB48メンバーの市川美織。
彼女の座右の銘〝レモンの上にも3年〟という、一瞬首を傾げてしまいそうな言葉はまさに彼女の生き様を物語っており、レモンキャラのブレイクまでにたくさんの困難を乗り越えてきました。

今では、市川美織のレモンキャラのように、〝不思議キャラ〟はアイドルに多数存在します。
アイドルは今や量産型であり、それぞれの個性を生かすための〝キャラ作り〟はアイドル業界では当たり前になっています。

そして、そんな不思議キャラの先駆けとも言えるのが元グラビアアイドルの小倉優子。
今回、小倉優子と市川美織が番組で共演し、その不思議キャラをテーマに展開したトークがファンや視聴者の中で話題になっているのです。

元祖不思議キャラと現不思議キャラ、二人は番組内でどのように絡んで行ったのでしょうか?
市川美織のレモンキャラは封印されてしまうのでしょうか…?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

小倉優子が市川美織を「楽にさせてあげる」?

彼女たちが共演したのは、先日放送されたテレビ朝日系「しくじり先生」。
この番組では過去に前園真聖や織田信成といった元アスリートや、オリエンタルラジオやダイヤモンド☆ユカイ、新垣隆が出演し、自分の過去の失敗(しくじり)を披露することで「俺みたいになるな!」と、生徒役の共演者に訴えかける人気のバラエティー番組。

今回は、かつて〝コリン星キャラ〟で一世を風靡した小倉優子が、自分みたいにキャラ付けをすることで失敗してほしくないと訴えるためにこの番組に出演していました。
教壇に立つ小倉優子の真ん前には、セーラー服姿の市川美織の姿が。
今や不思議キャラの代名詞となった市川美織に対し、小倉優子は常に「心配していた」と語りました。

共演者から、市川美織のレモンキャラについて突っ込まれると、市川美織は
「今はまだレモンじゃない。フレッシュレモンになりたいだけ」
「レモンになって紅茶に浮かびたい」
「履き違えないでほしい」
と必死に弁明していました。

小倉優子は自身の〝しくじり〟エピソードを披露する前に、市川美織に「楽にさせてあげる!」と発言。
市川美織もにこやかながら、不安とも取れる表情を浮かべていました。

小倉優子がこりん星キャラで失敗?市川美織が涙

市川美織に「楽にさせあげる!」という言葉を投げかけ、スタートした小倉優子のしくじりエピソード。

小倉優子が〝こりん星からきたお姫様〟という設定の不思議系キャラでブレイクするも、その裏では相当なストレスに押しつぶされたエピソードを披露。
〝アルコールに走って毎晩のように朝まで飲み歩いていた〟
〝収録中に眠っていた〟
〝嘘をつき通すことに罪悪感を感じていた〟
〝誰にも信用されなくなった〟
という壮絶な生き地獄を10年間も味わったという小倉優子。

そして、小倉優子が〝女友達がいなくなった〟と話すと、市川美織は堪えていた涙を抑えきれなくなったのです。
特に、女集団の中で活動する市川美織にとっては、〝女友達がいなくなった〟という言葉が一番堪えていたのでしょう。

「番組とかであまりしゃべれなかったのに、全部うそだからベラベラ喋れるようになった」という一方、その嘘つきキャラを拭えずに苦労したことを明かし、次第に不思議キャラに限界を感じるようになったと話す小倉優子。

不思議キャラを卒業するきっかけを得て、今ではママタレの一人として活躍する小倉優子ですが、市川美織に対して
〝一度ついたキャラは一生取れない〟
という教訓を語りました。

市川美織はしくじらない?

この番組の放送終了後、市川美織は小倉優子とのツーショット写真をツイッターで公開しました。
そしてこのようにコメントしたのです。

「ゆうこりん先生の授業は本当に勉強になりました」
「でもフレッシュレモンになるゆめはあきらめません」
「みおりんはしくじらないように努力するのみです」

このように、レモンキャラの続行を表明しました。
これまで何年もレモンキャラを押し通して、なかなか脱却できないのも無理はないでしょう。
(実際に小倉優子は10年間も不思議キャラを演じていたわけですから…)

中途半端な不思議キャラは受けない?

でも振り返れば、小倉優子がここまで人気になったのも不思議キャラがあってこそだったと思いますし、事務所の戦略は間違っていなかったと言えるのではないでしょうか。

ネット上のあるコメントでは
「もうちょっと突き通してほしかったな。デーモン小暮閣下を見習ってほしい」
というものまであり、思わずクスッとしてしまいました。笑

このほかにも、毒舌キャラでブレイクした道重さゆみや、ぶりっ子キャラでブレイクした嗣永桃子、おばかキャラでブレイクした川栄李奈や賑やか(うるさい?)キャラでブレイクした鈴木奈々を見ていると、キャラ付けの設定は重要であることが見て取れます。
実際に川栄李奈のおばかキャラはある意味キャラ作りの一環で、本人の習得している知識は浅いものの学習能力は高いことがわかっています。

中途半端なキャラ作りよりも、一度決めたキャラを徹底してつき通すぐらいの覚悟がなければここまでブレイクすることはないでしょう。

とはいえ、芸能界が不思議キャラだらけになるのも困るんですけどね。

市川美織のバラエティに富んだファンサービスである人気キャラから感謝の言葉が?

市川美織といえば、レモンキャラのほかにも握手会などで披露するコスプレに定評があります。
先日はふなっしー風のパーカーに、ふなっしーのぬいぐるみを抱えた状態で握手会に挑み、人気キャラのふなっしーからは
「れもっしーありがとうなっしー♪感謝感激梨汁ブシャー」と感謝のコメントが寄せられました。
市川美織曰く、自身をれもっしーと称し、ふなっしーの妹になりたいと志願。
ふなっしーの喋り方が、語尾に〝なっしー〟がつくのに対し、れもっしーの喋り方は語尾に〝もっしー〟をつけるようで、非公認キャラの非公認キャラを演じるというちょっぴり面白い仕掛けを展開していました。

市川美織の不思議キャラや、ファンサービスはファンを楽しませてくれます。
不祥事やスキャンダルの多発しているAKB48グループの中でも、ファンが〝安心して推せる〟要素があるからこそ、根強い人気を誇っているのではないでしょうか?


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。