木崎ゆりあが新チームBのキャプテンを任されたことでどんなことが期待されている?

2014年にSKE48からAKB48へ完全移籍してから1年が経過し、今やすっかりAKB48の選抜常連組へと名を連ねる人気メンバーへ成長した木崎ゆりあ。
その勢いは衰えることを知らず、2015年3月に発表されたチーム再編では、新チームBのキャプテンに任命され注目を浴びています。
昨年、AKB48チーム4へ移籍した時には副キャプテンというポジションにいた木崎ゆりあ。
キャプテンの峯岸みなみを支える立場にいたのですが、チーム4は若手メンバーがメインのチームであるため、AKB48としてのキャリアは短いものの48グループのキャリアとしては上から数えたほうが断然早い存在でした。
そんな木崎ゆりあがキャプテンを任される理由やその適正能力、これからの目標についてどう考えているのでしょうか…?
証言をもとにキャプテン・木崎ゆりあの魅力に迫っていきたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

キャプテン採用の理由は正義感だった?その正義感に秋元康も太鼓判?

2015年3月に発表された〝AKB48 春の人事〟において、新チームBのキャプテンに任命された木崎ゆりあ。
その日の夜、メンバーと秋元康らで食事会が開かれたそうですが、この時秋元康は木崎ゆりあに何と声をかけたのでしょうか?
それは、やはりキャプテンに任命されたことに関する話題でした。
木崎ゆりあは、キャプテンを任されて自信がない、ということを秋元康に告げると、「正義感でやっていけばいい」とアドバイスを受けたということです。
キャプテン選出については秋元康が独断で行っているわけではないようで、あくまでも現場スタッフの意見をもとに決めていることはこれまでも明らかになっている事実ですが、どうやらキャプテン任命の裏側では木崎ゆりあの〝正義感〟が買われていたようです。

木崎ゆりあの正義感といえば、やはりスキャンダルに対する厳しい姿勢が思い浮かびます。
2014年末に放送されためちゃイケのAKB48ドッキリ企画。
この企画で、高橋みなみに彼氏ができたことをでっち上げ、その時のメンバーの反応を見るドッキリの内容。
スキャンダルが告げられたときの木崎ゆりあの反応は、ほかのどのメンバーよりも厳しいものがありました。
「別にいいじゃん」というメンバーもいる中で、「スキャンダルは大嫌い!」と話す木崎ゆりあ。
他の番組でも、過去にスキャンダルを起こしたことのあるメンバー・峯岸みなみを目の前にして「(恋愛は)我慢しろよと思います」と強気の発言が飛び出し、メンバーやファンを感心させました。
彼女のプロ意識は相当なものであることがわかります。

AKB48も、初期にはプリクラが流出しただけでグループを解雇する厳しい姿勢を貫いていましたが、いまでは〝恋愛禁止なんてあってないようなもの〟扱いになっています。
相次ぐスキャンダルに、ファンは度々ため息を漏らしているのです。
そこで、秩序を改めて正していくためにも木崎ゆりあのように正義感の強いメンバーがキャプテンに適しているのではないか…そう考えてしまいます。

そんな木崎ゆりあの正義感の強さ、ルーツを辿ると彼女の家庭環境が影響しているようです。
厳格な父親を持ち、昔から箱入り娘として育てられてきたからこそ、ルールを守らないものに対して厳しい目線になるのでは…と言われています。
SKE48在籍時代も、先輩メンバーである中西優香から〝ゆりあはルールに厳しい〟ことを指摘されているほど。
SKE48に加入して選抜メンバーに選ばれ続け…SNSも滞ることなく発信し続ける彼女の姿勢に、努力家・プロ意識の高さを見せつけられたメンバーも多いようでした。

とはいえ、3期生の柏木由紀や渡辺麻友を従えてキャプテンを務める彼女、自信のほどは…?

キャプテンに任命されたことは使命でもある?その意気込みとは

今回のチーム再編で、新たにキャプテンが決定しました。
チームA=横山由依
チームK=峯岸みなみ
チームB=木崎ゆりあ
チーム4=高橋朱里
横山由依、峯岸みなみはキャプテンとしてのキャリアは十分にありますが、木崎ゆりあ、高橋朱里に関しては初めてのキャプテン業です。
〝自分と高橋朱里は 頑張らなくちゃいけない組 なんです〟と語る彼女は、今回のキャプテン任命について、〝課題を与えられた〟と捉えているようでした。
とはいえ、前項でも触れた通り新チームBには柏木由紀や渡辺麻友のベテランメンバーも所属しています。
握手会でも、この二人のことを引っ張っていけるのかファンに聞かれたようですが、木崎ゆりあが考えるキャプテン業は〝引っ張るだけがキャプテンじゃない〟という思いがあるそうなんです。
柏木由紀、渡辺麻友は自分以上にチームBのことをわかっているから、引っ張る必要はないと思う、と木崎ゆりあは明かしたのです。
ぐちゃぐちゃになったときだけ、それを整えるキャプテンでありたいと考える木崎ゆりあ。
これまでにない新しいタイプのキャプテンが誕生しますね!

木崎ゆりあのキャプテン就任にファンの反応は?

今回の木崎ゆりあキャプテン選出について、ファンはこのように反応しています。

「ゆりあは副キャプテンも務めてたし、高橋朱里は若手のリーダー的存在ですから二人とも適任だと思いますよ。
ただ、やっぱり昔と違うなぁとも感じました」
「能力的には問題ないが、公演出演回数の少なさが気になる」
「ゆりあは頑張り屋さんだし、真面目だからチームのことを考えて頑張ると思う」
「それなりの経験があるのだから、何とかなる」
「頼りない感じもあるけど、それ以上に副キャプテンの大島涼花がカバーしてくれることを期待しよう」

…といった感じで、概ねキャプテン就任には賛成のようでした。
自分に厳しいからこそ、人が付いてくる。
きっと、木崎ゆりあはそんなキャプテンになるのではないかと考えます。
背中を見せるだけでも十分すぎるくらい、彼女の影響力は計り知れないものと思いますので、キャプテン就任後はチームBをどこまで伸ばすことができるのか注目です!
きっと、木崎ゆりあなら成功するでしょう。
彼女の活躍にこれからも期待が高まります。

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。