市川美織と島田晴香がバラエティー枠を奪い合う?市川美織が芸人に愛される理由とは?

2014年にAKB48からNMB48へ完全移籍し、東京と大阪を行ったり来たりで活動の幅が広がっているメンバー・市川美織。
昨年は〝広島レモン大使〟に就任し、これまで腐らずに続けてきたレモンキャラが世間で認められました。
「レモンの上にも3年」という市川美織の座右の銘のとおり、研究生時代から貫いたレモンキャラとしてのこだわりが身を結び、密かにブレイクしているのです!
最近ではバラエティー番組でも呼ばれる回数が多くなった市川美織ですが、ファンの間ではこれまでバラエティー番組に呼ばれていた島田晴香と比較され話題になっています!

以前、あるテレビ番組で市川美織のプライベートを公開する企画が行われたのですが、私服もレモンのアクセサリーを着用しキャラを徹底、ロリータファッションになぜかランドセルを背負うという突っ込みどころ満載の私服でスタジオの出演者を沸かせました。
また公開されたオーディションの映像ではレモンに関する発言は一切していないことから〝ビジネスレモンだ〟と矢継ぎ早に突っ込まれ、レモンキャラは演技であることを指摘されていました。
いずれにせよ、市川美織のタレント性は高いような気がしてなりません!

市川美織がバラエティー番組で成功する理由とは何なのでしょうか?
冒頭の島田晴香との比較を交えながら検証していきたいとおもいます。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

ロンハーに呼ばれるようになった市川美織、呼ばれなくなった島田晴香?

今回ファンの間で話題になっているのが、バラエティー番組・ロンドンハーツに呼ばれるようになった市川美織と、まったく呼ばれなくなった島田晴香との比較についてです。
確かに、最近ロンドンハーツに呼ばれることの多い市川美織。
この番組ではもともとキャラの濃い女性芸能人が数多く出演しており、スキャンダルで話題になっている、いかにも際どい出演者もいることから市川美織のキャラが埋もれてしまうのではと心配になってしまいますが…。
市川美織がロンドンハーツに初めて出演したのが2013年11月放送の回で、島田晴香と当時劇場支配人を務めていた戸賀崎智信氏と3人で出演しました。
「これをAKBと言っていいのか?」という有吉弘行の発言に猛反発する市川と島田。
進路相談を隠し撮りした場面で、〝今後どうしていきたい?〟と戸賀崎氏に問われた市川美織は「レモンになりたい」を連発し、戸賀崎氏は「OK!」と答え…スタジオは大爆笑でした。
もともと有吉AKB共和国で市川美織となんども共演してきた有吉弘行は、市川美織のことがかなりお気に入りの様子で
「こいつ超おもしろいんですよ」
「目標が明確なんですよ」
と彼女のことを大絶賛!
この番組の反響は予想をはるかに上回るほど大きかったもので、ネットの掲示板でも〝ロンハーで学ぶ市川美織のプロ意識〟というスレッドが立ち上がり大盛り上がりするほどでした。
一方の島田晴香は〝体を張れるNGのないアイドルになりたい〟と打ち明けるも、有吉弘行からは「島田はタレント性がない」とバッサリ切り捨てる始末!
AKB内にないポジションを模索した結果、逆によくある個性のないタレントになっていると説明し、〝AKBの外ではAKBは忘れて。いちタレントとして勝負しないと〟と問題点を指摘しました。
この時、島田晴香は思い切って自身の体重(しかも当時MAX)を公表するなどまさに体を張って頑張ったのですが、時期がたってから公表した体重はさらに増えていました…!

AKB48でぽっちゃりを売りにするメンバーは島田晴香の他にも過去に存在していました。
それは、同じくロンドンハーツで準レギュラー扱いとなっている野呂佳代。
ある意味、キャラが被っている島田晴香と野呂佳代ですが、それでも今なおロンドンハーツに呼ばれるのは野呂佳代のほうなんです。

市川美織がロンドンハーツで成功して、島田晴香が伸び悩んでいる理由とは一体何なのでしょうか?

芸人から愛されるかどうか?市川美織がバラエティー番組で重宝される理由について

もともと島田晴香もAKB48では屈指のバラエティー班でした。
市川美織よりも早い段階でそうだったと言えるでしょう。
ところが、その島田晴香を追い抜いた市川美織にはなにが備わっているのでしょうか?
大きな違いは、芸人に愛されるかどうかだと考えられています。
市川美織の場合は、彼女自身が突っ込みどころ満載なので芸人からすると弄りがいがあっておもしろい。
そして、周りの芸人が面白発言を連発する流れのきっかけになるタイプが、芸人から好かれやすいと言われています。
市川美織はそれに近い存在なのではないでしょうか?
それと比較すると、島田晴香は自分から人に突っ込んでしまうタイプなので芸人と被ってしまいますし、喋れることをアピールしたり騒がしい印象があることから芸人に好かれないと考えられています。

では、島田晴香よりも野呂佳代がロンドンハーツで重宝される理由は何なのでしょうか?
その理由の一つに所属事務所の規模があげられます。
野呂佳代は、前田敦子や大島優子、有吉弘行らが所属する太田プロダクションに所属しています。
AKB48を卒業しても長く芸能活動が続けられるのは、芸能事務所の力が関係しているといっても間違いではないでしょう。
もともと、島田晴香と野呂佳代は自他共に認めるほどお互いに似ている存在です。
キャラクターや体を張るところ(ほかに体型とか…)が被っている二人ですが、AKB48の活動においても〝完璧主義者で煮詰まっちゃうタイプ〟であることが共通点…ということを指摘されたことがありました。
野呂佳代は、研究生時代の島田晴香のことを当時一番可愛がっていたというので、何か通じるものがあったのでしょう。
島田晴香も自分のオリジナリティを大切にして、市川美織とは別の形で活躍できることを期待します。

とはいえ、〝レモンになりたい〟〝レモンになって紅茶の上に浮かびたい〟という目標が明確になっている…そんな市川美織がバラエティー番組で重宝される理由が最近になってよくわかるようになってきました。
共演者との相性も非常に大事ということです!
AKB48グループの中でも飛び抜けて個性派キャラを貫いている彼女が、グループ以外でもその存在感を見せつけることができるのか、今後の活躍に注目です!

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。