マジすか学園舞台オーディションで松村香織が疑問を呈す?その大波乱のオーディションとは?

2015年3月に発表された〝AKB48 春の人事〟において、SKE48チームKⅡへの移籍が発表され大きな話題を呼んだ松村香織。
そんな彼女が、再び〝大人の事情〟に噛み付いた!として今話題になっています。
松村香織といえば、これまで何度もSNS上で爆弾発言を投下してファンを賑わせてきました。
ですが、その内容にはメンバーにもかかわらず〝運営批判〟を含むものが度々見受けられ、ファンの気持ちを代弁しているとして大きな反響を呼んでいます。
正直、ビジュアルやパフォーマンスが決して秀でていると言えない彼女ですが、彼女の発信する言葉にファンは距離感の近さを感じ、いつしか選抜総選挙でもランクインをし続けるまでに人気が伸びていきました。
2ヶ月後に開催される第7回選抜総選挙でももちろん立候補し、上位メンバーの辞退者が続出したことから選抜メンバー入りが最も期待されています。

さて、松村香織が今回噛み付いた〝大人の事情〟とは一体何なのでしょうか?
また、この〝大人の事情〟を巡って48グループ内で物議が醸し出されているということですが…。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

マジすか学園オーディションの合格者に不満!?

今回松村香織がSNSで噛み付いたのは、最近ドラマが終了したばかりの「マジすか学園」の舞台オーディション。
「マジすか学園」と言えば、これまでに4シリーズも制作された人気ドラマ。
最近終了した〝4〟では、HKT48の宮脇咲良が島崎遥香とのW主演に抜擢されたとして話題を呼び、また松村香織自身もライバル校の生徒役を射止めドラマ出演を果たしました。
今回、マジすか学園の舞台が行われるということでAKB48グループ内で出演者オーディションを開催。
このオーディションには107名という多くのメンバーが出演を志願し、かなりの激戦が予想されました。
当然、松村香織の自身のチャンスを掴むためオーディションに参加したのです。
ところが、合格者発表の途端松村香織は愕然としたのです。
なんと、合格者がAKB48のメンバー、そしてSKE48から松井玲奈だけということ。
107名、SKE48・NMB48・HKT48のメンバーも多く挑戦したオーディションですが、合格者がAKB48のメンバー+人気メンバーの松井玲奈。
極端な話、姉妹グループの受験者は全滅だったのです。これは明らかに不自然な結果と言えますね。
松村香織はすかさず反応しました。

マジすかの舞台の
オーディション…

 

わたしも含め
SKEもNMBもHKTの
みんなも受けたんだけどなぁ(゜ロ゜)

 
(゜ロ゜)

 

(゜ロ゜)

 

(゜ロ゜)

 

オーディションの
経験をさせてもらえただけでも
ありがたいと
そう思うことにします

おそらく、松村香織だけではなく合格できなかった姉妹グループの受験者のほとんどが感じた不満だったはず。

これには〝大人の事情〟が絡んでいたようです。
総合プロデューサーの秋元康は、〝スケジュールと稽古場の関係からAKB中心にしたらしい〟と明かし、姉妹グループの受験者が決して秀でていなかったわけではない、人材の宝庫だと発言。
…なら最初からAKB48のメンバーだけでオーディションすればよかったのに!とファンもメンバーも総ツッコミするような発言だったわけですが…。
姉妹グループの受験者で唯一合格者となった松井玲奈は、自分以外のメンバーが全員AKB48ということで動揺している内容のツイートをしました。

松村香織は言いたいことを言えたのか、これ以上の反論はしていませんでした。
多くのファンから同調の声を得ることで彼女の株がまた上がったのです。
(これが作戦…!?)

とはいえ、問題はこれだけに収まることはなかったのです。
マジすか学園のオーディションを巡って、未だネット上では炎上中…どういうことなのでしょうか?

関係者が〝火消し〟をもみ消す?〝オールド〟メンバーも参戦で大波乱!

秋元康が今回のオーディションについて、姉妹グループの受験者も〝人材の宝庫〟だとなだめた一方で、AKB48新聞の記者がさらなる爆弾発言を投下したのです。その内容とは…

  • 今回の舞台は100%ガチで演技できる子を選んだと感じた
  • 合格者は演技経験がある子や即戦力になれる子ばかりだった
  • もしガチでなかったら4グループから選ばないといけないというしがらみにとらわれていたはず
  • もし〝AKBだけの舞台なのかよ〟と不満に思った姉妹グループのメンバーがいたとしたら、それを自分が落ちた言い訳にしたらこの先の進歩はないとアドバイスしたい
  • 建前だけのオーディションなんてする意味はないし、圧倒的な実力があれば受かっていたはずだ

…かなり挑発的な発言も含んでいましたが、これでは秋元康が〝火消し〟したのにさらに炎上騒ぎになってしまうばかりですね。
この発言から、暗に松村香織を批判しているととってもおかしくはないでしょう。
たしかに、口先よりもまず実力を身につけろという意見もわからなくはないですが…。
ネット上では〝出来レースを否定するのに必死か〟〝初めからオーディションを受けさせなければいいのに〟という意見が続出し、未だ議論が交わされています。

ところが、このオーディション問題を巡ってさらなる爆弾発言が!
それは、AKB48の石田晴香。
彼女は自身を〝オールド〟と例え、〝オールドにはオーディション開催の事実さえ知らされなかった〟と衝撃の発言を残したのです!
最近、AKB48グループでは〝ヤングコンサート〟という名の若手メンバーが中心となったコンサートを終えたばかり。
ところが、単に年齢だけでヤングを見極めたわけではないようで、このヤングコンサートに選ばれたメンバーはいずれも期待値の高いメンバーが勢ぞろいでした。
21歳の石田晴香は、この〝ヤングメンバー〟にばかりチャンスが巡っていることで不満を抱いている様子。
そもそも、オーディションの合格者には石田晴香よりも年上の横山由依や松井玲奈がいるため、彼女からしたらいろんな意味で矛盾を感じるのは無理ないでしょう。

若手メンバーと中堅メンバーのチャンスの回数について様々な問題を抱えているのは事実ですが、今回のオーディションは明らかに不自然な結果。
選抜総選挙を控えている今だからこそ、活躍の幅を広げたいメンバーはたくさんいるでしょう。
こうした問題が少しでも減るように祈るしかありません。

今回の問題提起で株が上昇した松村香織、総選挙前のいいアピールとなったのでしょうか…?

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。