小嶋陽菜の最新写真集が記録を樹立して話題に?過去に噂された〝移籍〟とは…?

AKB48グループの最年長にして未だ人気の衰えない第1期生・小嶋陽菜。
モデルとしても活躍している小嶋陽菜ですが、彼女が出した最新写真集が〝過激すぎる〟ということで今話題になっています。

小嶋陽菜といえば、ランジェリー姿でCMに出演していることもあり、年齢相応の色気を感じさせる個性的なメンバーです。
そのビジュアルから、AKB48のオープニングメンバーオーディションでも〝この子は絶対に逃がすな〟と運営サイドから注目されていたことは有名な話。
またビジュアルを生かした仕事だけではなく、ほんわかした発言、かと思えば毒舌を吐くなどキャラクターとしてすでに完成されており、バラエティー番組においてもその才能を如何なく発揮しています。
最近では、第7回選抜総選挙の出馬を見送ったことも大きな話題となっており、ついに卒業に向けて意識し始めたのでは?と度々囁かれています。
写真集の出版やテレビ番組の出演が絶えない小嶋陽菜なら、そのマルチな才能を生かして卒業後もきっと活躍し続けることでしょう。

それでは、話題の写真集に対するファンの反応はどういったものなのでしょうか?


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

写真集「どうする?」の売り上げで新記録?ファンの反応とは?

2015年3月24日に発売された小嶋陽菜の最新写真集「どうする?」。
この最新写真集の週間売り上げは5.4万部を記録し、オリコン週間「本」ランキングにおいて〝BOOK(総合)部門〟と〝写真集部門〟の2冠に輝きました。
今回の売り上げで、小嶋陽菜は〝ソロ写真集での総合首位獲得作品数〟で歴代単独トップの座に躍り出たと言うのです!
これは嬉しい記録ですね!
小嶋陽菜の前作の写真集「こじはる」が記録した週間売り上げ6.1万部、そして指原莉乃の初のフォトブック「さしこ」が記録した週間売り上げ5.7万部を次ぐ週間売り上げ部数をマークしており、〝女性ソロ写真集の売り上げ部数〟でも歴代3位に輝いたんだとか。
素晴らしい!

この「どうする?」では、小嶋陽菜のセクシーショットがいたるところに散りばめられており、ファンの間でもかなり話題に上っているんです。
衝撃的なのは裏表紙、ハイレグ・網タイツ姿の小嶋陽菜の美尻アップ…!
本屋で手にすることさえ恥ずかしくなってしまいそうなサービスショットが満載らしいです。
ファンは今回の写真集についてこのようにコメントしています。

「初版で5万部以上刷ってたのに品切れしてたのか…」
「予約はネット全部売り切れ、発売後もすぐ品切れ続出だからもっと伸ばせたのにもったいないな」
「AKBの不沈艦こと小嶋陽菜の伝説は続く」
「お尻の写真ばっかりだからお尻好きにはたまらないかも」
「平子理沙に似てる!」
「総選挙の出馬を辞退したぶん、売り上げになにかしらプラスの影響があるのかもしれんな」

売り上げに驚く声や、その衝撃的な中身に大きな反響があるようです。
写真集は全編ロスアンゼルス、東京で撮りおろしたものだそうで、小嶋陽菜の美しさが堪能できる1冊になっているとか。
気になる人はぜひチェックしてみては?

過去にあるグループへの移籍の噂があった?

そんな色気たっぷりな内容の写真集を出版した小嶋陽菜ですが、過去にSDN48への移籍が噂されたことがあります。
SDN48といえば、2009年に結成されたAKB48のお姉さんグループ。
土曜日の夜に公演を行い、そのセクシーな公演内容から当初は入場に年齢制限を設けていたというほど。
たしかに、SDN48のイメージは今の小嶋陽菜にぴったりだと思いますが、そもそも移籍が噂されたきっかけとはなんだったのでしょうか?
それは、小嶋陽菜がSDN48のシングル「MIN・MIN・MIN」のカップリング曲である「おねだりシャンパン」のPVにゲスト出演したことがきっかけなんだそう。
AKB48のPV(アンダーガールズの「偶然の十字路」)には、SDN48の大堀恵が〝カメオ出演〟したことがありますが、AKB48のメンバーがSDN48のPVに出演したのは小嶋陽菜が初めて。
また、コンサートにおいても大島優子、篠田麻里子とともにSDN48の楽曲「誘惑のガーター」を披露しその様になっている姿から〝SDN48へ移籍するのでは?〟という声が当時多くあがったといいます。
SDN48は、もともとAKB48に在籍していたメンバーが5名移籍していることから、当時はAKB48卒業後の救済措置とまで囁かれていました。
またSDN48立ち上げ当時、小嶋陽菜はすでに20歳を超えており、同期で同級生の佐藤由加理がSDN48に在籍していたことから、いつ移籍をしてもおかしくない状況にありました。
とはいえ、小嶋陽菜自身AKB48での人気が爆発的でSDN48へ移籍する理由がなかったのです。
SDN48を強化する意味では、SDN48側にメリットがあると考えられますが…。
結果的に、SDN48は〝全員卒業〟という名目で事実上解散してしまい、小嶋陽菜移籍の噂も立ち消えてしまいました。
AKB48人気に乗っかろうと奮起したSDN48ですが、業界関係者からのスカウトもなく、所属していたメンバーはアルバイトを掛け持っていた者もいたんだとか。
全員卒業の直前には、3期生として小嶋陽菜の同期である戸島花、駒谷仁美が加入したことも話題になりました。
SDN48のメンバーは、気がつけばAKB48の前座や、握手会の〝消毒係〟をやらされるなど不遇の立場に立たされ、これを思うと不憫に感じてしますね。
とはいえ、卒業生の野呂佳代はバラエティー番組に準レギュラー扱いで出演し活躍を続け、同じく卒業生の大堀恵は結婚し子供が生まれ幸せな人生を歩んでいます。
SDN48の復活は絶望的ではありますが、いつか新たに生まれ変わる時が来て、その中に小嶋陽菜がいたら…面白いかもしれませんね!

写真集の売り上げも好調で、今後の芸能活動の基盤をしっかり作ることができた小嶋陽菜。
いつ飛び出すかわからない卒業発言にヒヤヒヤしてしまいますが、おそらく芸能活動から退くことはないと思われるので、もしAKB48を卒業したとしても今後の活躍を応援し続けていきたいと思います。


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。