チームKⅡへ昇格!松村香織はこれからが正念場?

2015年3月、AKB48の単独コンサートで衝撃的な人事が発表されました。

AKB48が4度目となる組閣。チーム内のメンバーがリフレッシュし、さらにキャプテンも交代となりました。
横山由依、峯岸みなみのキャプテン職継続の他に、木崎ゆりあや高橋朱里の若手メンバーがキャプテン職に任命されるということで、世代交代を感じさせる一面も。
さらに、北原里英のNGT48完全移籍。事前に打診はあったそうで、何度も悩んだそうです。
そして川栄李奈のAKB48卒業。これにはメンバーもファンも悲痛な叫びをあげたことでしょう。

AKB48の春の人事、AKB48メンバーだけではなく姉妹グループのメンバーをも巻き込みました。
まず、1年前に発表され多くのメンバーが関わってきた〝グループ間兼任〟。この兼任メンバーのほとんどが、兼任を解除されることに。
もともと兼任制度は期間限定ですので、1年という期間はちょうど良い長さだったのではないでしょうか。
そして…SKE48終身名誉研究生・松村香織のチームKⅡ昇格!
松村香織は一生昇格できない立場だと思っていたので衝撃的でした。
今回はこの松村香織昇格に焦点を当てて、ファンからの反応や彼女の今後の活動、課題について考察してきたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

昇格の予感は当たった?松村香織昇格の背景には何が?

実は今回の松村香織の昇格、これまでにその兆候があったのです。
それは、AKB48とNMB48の全研究生が正規メンバーへ昇格したこと。
AKB48の一番若い世代は、大和田南那や向井地美音ら15期生。NMB48の一番若い世代は、城恵理子や明石奈津子ら5期生です。両グループは現在までに新たな研究生を募集しておらず、研究生自体が不在の状況となっています。
HKT48の研究生は現存していますが、おそらく今後新設されるチームTの中心メンバーになるのでは?と予想されます。
松村香織が所属しているSKE48は、つい先日7期生の合格者が発表されたばかりですが、研究生期間が5年半もある松村香織とはキャリアが断然違います。
このことから、松村香織の昇格は時間の問題なのかもしれない…そう予感していたのです。
実は、今回松村香織だけではなく、7期生以外の研究生全員が昇格しました。この流れは、AKB48・NMB48と全く同じですよね。
松村香織だけが研究生に居残り続けるわけにはいかなかったのでしょう。
チームKⅡに昇格が発表された松村香織ですが、この人事発表には二日間異議申し立てができる権利がありました。
松村香織は自身の昇格発表に〝考えさせてください〟とし、もしかしたら昇格を辞退する動きがあるのでは…?と不安もありました。
ですが、最終的には昇格を受諾。こうして、松村香織は〝終身名誉研究生〟のタスキを外すことになったのです。

ファンの間では昇格に賛成派、反対派がいた?

松村香織が昇格発表され、それを受諾するかしないかで話題になった時。
ファンの間では、今回の松村香織の昇格を良しとするもの、またそうでない者に分かれて議論していました。
あるファンサイトでは、松村香織の昇格について賛成か反対かをアンケート調査。その結果、半数以上のファンが昇格を賛成するものの、4割近くのファンが昇格には反対の姿勢を見せました。
その反対派の意見をまとめると、松村香織が昇格するのにメリットがない、そう考える意見が多く見受けられたのです。
松村香織は研究生という立場でありながら、SKE48の冠番組でMCを務めたり看板コーナーを設けられるほどの待遇を受けています。
インディーズではありますが、ソロデビューも果たしていますし、カップリング曲では須田亜香里や谷真理佳と組んで曲が制作されるほど、正規メンバー・研究生の枠を超えてその活躍ぶりを見せていました。
最新シングル「コケティッシュ渋滞中」では選抜メンバーにも選ばれ、もはや他の正規メンバー以上に恵まれたポジションに位置していたのです。
とはいえ、松村香織が昇格することはそんなにメリットがないということなのでしょうか?いえ、そんなことはありません。
正規メンバー、研究生との一番の違いは劇場公演にあります。
研究生が劇場公演に出られるのは、基本的に正規メンバーが休演したときの代役(アンダー)出演。
つまり、休演する正規メンバーがいなければ劇場公演に出ることができない。これまでに研究生公演というものも存在していましたが、最盛期と違って正規メンバーの仕事もそのほとんどが劇場公演のみ。
研究生の枠は減りつつあるのです。
正規メンバーに選ばれるということで、自身のポジションを確立させることができます。
通常公演以外にも出張公演やリバイバル公演など幅もグンと広がるので、松村香織にとっては十分すぎるメリットが生まれたものと考えられます。

昇格後の課題!?肩を叩かれたという意見も?

とはいえ、松村香織の昇格をそう喜んでばかりいるわけにもいかないようです。
まず、松村香織のダンス。これはファンの意見をまとめると「やる気がない」などの不評の連続でした。
特にSKE48はダンサブルなイメージがあります。
なので、ダンスにやる気が見られなければいくら十数名のなかに埋もれていても悪目立ちしてしまうんです。
〝これまでは運営に噛み付いて文句ばかり言うことで、ファンから近しい存在だと思われ人気を博してきたが、正規メンバーになるとそうもいかなくなるし、むしろダンスがアレじゃあ…〟
こういう意見も見られました。

また、松村香織が正規メンバーへ昇格することで〝肩を叩かれた〟という意見も。
〝終身名誉研究生〟という名がつけばいつまでもそれにすがってグループに居続けることが出来るかもしれないけど、今回正規メンバーへ昇格することでいつか終わりがやってくる。
松村香織は今年で26歳、いつまでもアイドルでいるわけにはいかないのです。
正規メンバー昇格は、運営サイドからの〝そろそろ卒業を考えて欲しい〟という思惑があってのことなのでしょうか…?
気になりますね。

松村香織が正規メンバーへ昇格したことは非常に喜ばしいことです。
ダンス面での課題をクリアして、〝お騒がせ〟というイメージを払拭し実力でファンを認めさせることは出来るのでしょうか?
今後の彼女の活躍に注目が集まります。

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。