北原里英がNGT48に完全移籍!移籍の理由と囁かれた卒業説とは?

2015年3月26日ー
埼玉県さいたま市で行われたAKB48のコンサート内にて衝撃の〝春の人事〟が発表されました。

  • 2グループを掛け持っていたメンバーのほとんどが兼任を解除。
  • 新たな兼任メンバーの誕生。
  • AKB48内の4度目となる組閣。
  • キャプテン入れ替え。

そして、ファンや関係者を大いに賑わせた人事…
川栄李奈のグループ卒業、そして北原里英のNGT48完全移籍。

AKB48グループでは現在第二回ドラフト会議に向けようやく候補生が絞り出されたところ、SKE48においては第7期生となる研究生が誕生したこともあり、今回のような〝組閣〟は全くの予想外だったと思います。(高橋みなみも言っていました…)
それゆえ、今回の人事発表に会場のファンからは大きなどよめきがおこったそうです。

まず、川栄李奈の卒業。
直近の生誕祭では、握手会には今後も参加しない意向を示し、別の形でファンに恩返ししていきたいと語ったばかりでした。
卒業理由は、やはり握手会に参加できないことにあるようです。
昨年5月の握手会襲撃事件から間もなく1年が経ちます。直接的被害にあった川栄李奈は徐々にメディア露出を増やしていますが、もう一人の入山杏奈は現在も週3回リハビリに通っており、心身ともに負った傷に今も苦しんでいることがわかります…。
周りは気にしなくてもいいよ、と言ってくれるけど、やっぱり自分は握手会に参加できないことを気にしてしまう。
これが卒業を決意した大きな理由だそうです。
今後も役者として一からスタートすると述べており、芸能界を引退することはないようなのでファンにとっては安堵したことでしょう。今後の活躍に期待したいです。

そして、北原里英のNGT48完全移籍。
今回の記事では北原里英を中心に、現在の彼女の立場やなぜ移籍が言い渡されたのか、いろんな角度から迫ってみたいと思います。


AKB48紅白歌合戦!

AKB48 紅白対抗歌合戦 [ AKB48 ]
価格:4609円(税込、送料無料)

卒業を意識していた時期だった?NGT48への完全移籍は〝栄転〟?

北原里英といえば、AKB48がブレイクする前からグループを支えてきた中心メンバーの一人です。

彼女が加入した2007年はAKB48が初めて紅白歌合戦に出場した年でもありますが、当時の扱いは〝アキバ枠〟。中川翔子、リアディゾンと合体して1枠とカウントされていた不遇の時代でした。
AKB48がブレイクし始めたころからシングルの選抜メンバーに起用され続け、近年では通常シングルの選抜には入るか入らないかのボーダーに位置しています。

とはいえ、常に安定した人気を保っている北原里英。最近では卒業の噂が度々囁かれていたんです。

卒業が噂された大きな理由に、2014年11月に発売されたシングル・希望的リフレインに選抜漏れしてしまったことが挙げられます。
選抜漏れ自体はこのシングル以前にも経験があったものの、希望的リフレインの場合は〝32人選抜〟という大量選抜。
北原里英と同じように選抜から外れつつあった宮澤佐江らが選ばれる中で、彼女は選ばれなかった。
これを機に、北原里英は卒業を意識しだすのではないだろうか…?そう予測するファンが増えたのです。
このころ、北原本人が有吉AKB共和国に出演した際も、卒業を匂わす発言を残しました。

  • 私は今回の新曲に入っていない。
  • 長いことここにいて、落ち目。
  • あとは卒業するだけ。

もちろん、多少の自虐は入っていたと思いますが、自分の元に相談に来ない後輩メンバーの話を聞いて

「卒業しかないですね。必要とされてないし、(誰にも相談しないなどAKBメンバーを)必要としてないし、もういる意味ないわ、本当に」

と自虐発言を連発していました。
バラエティ番組での発言なので間に受ける必要もないのですが、少なくとも〝あとは卒業を待つだけ〟という状態だったことに変わりはなかったのでしょう。

いつ発表か?ネット上でも卒業発表を予想する声が増えつつあった北原里英ですが、このタイミングで新設グループの〝キャプテン〟として移籍…。
これは果たして、北原里英にとっての〝栄転〟となるのでしょうか?

移籍発表を受けた北原里英の心境は?NGT48が北原里英を欲する理由とは?

実は、今回の移籍発表以前にも北原里英本人には通達がされていたようです。
高橋みなみから、北原にとってすごい覚悟だったはずと話を向けられた彼女は次のように心境を打ち明けました。

「こんなに大きな計画に一から参加させてもらうって、人生でなかなかないと思ったので、もう23歳だしAKBも8年目だけど、まだ新しいことができるんだよって、皆さんにお見せしたかったので、決断させていただきました」

移籍決断の理由をこのように明かした北原里英。
ネット上では一般のユーザーから激励の声が多数挙がりました。
そもそも、なぜNGT48へ移籍が決まったのでしょうか?

まず、AKB48自体の人気が衰退していることは事実。
例えばAKB48に新設されたチーム8は特に所属メンバーの突出した人気が出ることなく、特定のメンバー以外は活動自体もあやふやになってきている状態。
これまで、NMB48・HKT48と新グループを作っても、AKB48人気に乗って一躍人気グループになりました。
ですが、この人気が衰退している状況で、素人ばかりが集まった地方の新グループを立ち上げるとなると認知度をあげるどころか一瞬の話題で終わってしまう可能性が出てきます。
少しでも認知度のあるメンバーを投入しなければならなかったのでしょう。
この点においては、北原里英の他に柏木由紀が兼任される意味が通じるのではないかと考えます。

また、北原里英自身の人間性やこれまでの経験。これが評価されたのではないでしょうか?
北原里英が誰よりも仲間意識の強いメンバーということはファンの間では有名な話。
何年も前、あるラジオ番組で北原は〝団結という言葉をバカにしないでください〟と発言しました。
現在はチームの副キャプテン、プライベートでは同期の指原莉乃らとともに〝地方組〟なるグループを作っているほど仲間意識の高さが伺えます。
新設グループにおいて、メンバー同士の団結は一番必要とされますから、北原里英の人間性が買われたことも予想できますよね。

そして、地方での経験。北原里英は3ヶ月程度という短い期間でありながら、SKE48を兼任した経験があります。
SKE48では彼女の存在を認めないファンからは相当なバッシングを受け戦ってきました。
この兼任期間で培った経験が、今回の地方グループ新設のために必要とされたのかもしれませんね。

なんにしても、様々な角度から見ても北原里英に適任な人事だったといえるでしょう。
NGT48は今年の10月1日に地元・新潟に劇場をオープンさせます。
これからの北原里英の活躍にますます期待がかかりますね!

 

 


AKB48グループ東京ドームコンサート 〜するなよ?するなよ? 絶対卒業発表するなよ?〜


コメントは受け付けていません。